FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

三月のおはなし会から

  1. 2019/03/31(日) 15:00:00_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
桜が三分咲きとなった。
でも、椿はだいぶ前から満開。えらいぞ、椿。

tubaki.jpg


椿の咲くころになると、『いってかえって星から星へ』を手に取る。
(佐藤さとる・文 田中清代・絵  ビリケン出版)

無題

先日、三月の放課後児童クラブでのおはなし会で読み語った。

ある星の宇宙船が、地球に接近! 乗組員が降りたったのは・・・。
この絵本は、最後のページまで行くと、上下ひっくり返してページを逆もどりしながら読み、
最初の絵に戻っていくという、おもしろい作りになっている。
つまり宇宙船の地球への往路と、復路の絵が共通なのだ。
でも、上下逆だから、ついさっき見た絵であることは、すぐにはピンと来ない。
そのくらい、ひっくり返していてもちゃんと成立する巧みな絵ということかな。
椿は、登場する地球の景色に(ニホンの、何の変哲もない児童公園)描かれている。
美しい宇宙船、美しい地球に、見惚れてください。

ほかに、よく三月に読むのは、
『ロバのシルベスターとまほうのこいし』ウィリアム・スタイグ 作・絵 評論社

51BQCGXRYAL__SX376_BO1,204,203,200_

一年のしめくくりに、じっくり読みます。
自分を大切にすることや、
パパとママがどんなに我が子を愛しているかを知ってほしくて。

『ひつじのメイ パパとママ』穂高 順也・作 沢田 としき・絵 キッズメイト

51S0FR180QL__SX334_BO1,204,203,200_

 パパとママは、なぜけっこんしたのかな?
そんな疑問をいだいたひつじのメイ。
自分が生まれてきた意味を問うお話ではあるのだが、
まあそこはあまり難しく考えないで、
次々に出てくる
もしパパがブタだったら? とかママがゾウだったら? などの展開を
子どもたちといっしょに楽んでいます。
わたしは、いろいろな動物とヒツジとのハイバイブリットとなったメイの、
「ブヒーメェェェ」とか「パオーメェェェ」とかの鳴き声を、
高らかに読むだけで、テンション上がるわ。 

さて、四月からまた、放課後児童クラブで新一年生と会える。
一年間、いっしょに絵本やおはなしの世界を旅しようね。

スポンサーサイト

海無人、海の上に眠る

  1. 2019/03/24(日) 17:06:57_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
海無人(うみなしんちゅ)は、海無し県に住む人、特に埼玉県人をディスる語。
な~んて、今わたしが造った言葉だが。

その海無人であるわたし、海の上で眠りたい欲にかられ、
「太平洋ワンナイトクルーズと函館・小樽・札幌・登別 二泊三日」のツアーへと
繰り出した。
初日は仙台まで新幹線で行き、仙台港から
フェリー「ニューきたかみ」に夕刻乗船、翌日昼ごろに北海道の苫小牧へ着く。
時速約40キロで15時間の船旅だ。
この船は1月に就航が始まったばかりの新しい船で、まだぴっかぴか。
船内は宇宙船をイメージしてデザインされたそうで、
確かにこれまでの無味乾燥なフェリーのイメージとぜんぜん違う。
展望ロビーはプロジェクションマッピングで彩られ(写真撮るの忘れた!)
ラウンジにはグランドピアノもある(自動演奏はないみたい)
 
        1船

                    2船
               キッズスペース

船室はツイン、シングル、四人用、ペット同伴用まである。
大きな船室に雑魚寝という昭和のイメージは遠い。

六時ごろ乗船し、ビュッフェレストランで食事をしているうちに、出航。
暗い港にときめくなあ。曇っていて星が見えないのが残念。

食事を終えてロビーに出ると、乗船前に買い込んだお弁当や、カップ麺を食べている人も。
こういうのも旅っぽくていいな。

トイレの入口に珍しいものを発見。

   3船

気分が悪くなったときに使うものだ。初めて見た。
切羽つまっていると、トイレの個室にたどりつくのがたいへんだもんね。

あちこち見て回るうちに、ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん と船がゆれだした。
むむむ・・・そこはかとなく気分があやしい。
船酔い? まいったな。とりあえず持参の薬を飲んでおく。
本格的に気分が悪くなる前にお風呂に入ろうと、展望大浴場へ。
ささっとあったまって、早々に部屋にもどり、ベッドに丸まる。
ゆあーん ゆよーん。
この状態で朝までガマンするのかな? これじゃ朝食も食えないぞ・・・。
そのうちに、なんとなく体が慣れてきた。
揺れるたびに、うわー、ヤダー、止まれーとかいちいち過敏になってはダメなんだ。
ゆあーん、こっちーだよーん、ゆよーん、あっちだよーん、という感じで、
揺れを受け入れるといいらしい。
そのうちに、うとうと眠れた。夜半には揺れはおさまっていた。

翌朝は快晴。大浴場か甲板から朝日を見るつもりだったか、
寝坊して間に合わず部屋の窓から。
     4船

そこそこ眠って気分は良く、朝食もちゃんと食べられた。よかった。
でも、なぜか何時になっても、とろんとろんと眠く、だるい。
プールに浸かったあとみたい。
なんでやろ? 船旅初心者はみんなこうなのかな? 

やがて、苫小牧港に到着。
海無人は、「海の上で寝るのはおもしろかったぜい!」と強がりをいいながら
ツアーバスに乗り替え、
慣れ親しんだエンジンの振動に身を任せたのでありました。

自分へのおみやげは、小樽のガラス製品やさんを巡って見つけた
《もやし》、実物大! このツヤとひげ根はどうよ? うっかりラーメンに放り込んじゃいそう。

          9小樽

三日目は、函館新北斗から新幹線に。
駅前のポストに、妖怪っぽいものを発見!
「ずーしーほっきー」、北海道北斗市のゆるキャラだそうだ。

      16新函館北斗ずーしーほっきー
                            17.jpg
                                                ふむふむ、後ろ姿はたしかにホッキ貝。

北斗市の特産品ホッキ貝を使った、握り寿司のキャラクターだそうだ。
おなかのシャリがなんや内蔵っぽいし、
うつろな目の笑顔がかなりビミョーだが、
そのヘンさがウリ、らしい。
こういうキャラを産む北斗市民って・・・なんてすてき。


「翔んで埼玉」観て、埼玉人について考えた。

  1. 2019/03/16(土) 11:53:19_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
(局地的に)話題の映画を観てきた。
『翔んで埼玉』だ。
a03ad3c87458728f.jpg

埼玉県民をディスる物語で、「邦画史上最大の茶番劇」と銘打っているが、
まさにそのとおり。
バカバカしくド派手、造り込み方にいちいち笑えた。
ちなみにわたしは、埼玉県民歴は半世紀を超える。

ダサイタマ・クサイタマの埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受けていて、
都内に入るには通行手形が必要、密入したら強制送還!
「埼玉県人にはそのへんの草でもくわしとけ!」
「サイタマラリアに感染した~~」という具合。
埼玉県民は悲願の通行手形撤廃に向けて、戦いが始まるが、
立ちはだかるのは宿敵・千葉県民だ。
その千葉もかなりの辺境扱いされていて、群馬などはもはやジャングル。

埼玉の酷い扱いとビンボーくささに、笑い転げる埼玉県民。
クレームって、ぜんぜん来てないらしいし、埼玉県民って実に自虐的だ。
そもそも、お国自慢をしない。
だって、埼玉県民の口ぐせって、「なーんにもないところだよー」。
最近も行田市民さんから聞いたなあ、「なーんにもない」って。
ところが、行田には埼玉古墳群という、ワンダホーな古墳があり、
DSC_0709.jpg

「稲荷山古墳出土鉄剣」という、
なんと雄略天皇(五世紀)ゆかりの剣が出土されていたりする。

それだけではなく、あの「のぼうの城」の忍城はあるし、
DSC_0716.jpg

石田三成がこの城攻めのときに築いた「石田堤」は残っているし、
県境の利根川では、鮭の遡上が見られたりするのだ。
なのに、「なーんにもない」。

鴻巣市民さんも同様だ。
鴻巣には、ギネス記録認定の世界一大きな花火を上げる花火大会があったり、
東日本最大級の花市場があったり、江戸時代から続く人形の町だったり、
いろいろスゴイのに、やっぱり「なーんにもない」。

この謙虚さ、奥ゆかしさって、もしかして埼玉県民がもっとも誇れるものじゃないか?

映画については、「出身地差別という理不尽な意識をあぶり出す」的なことも
言えば言えるが、
まあ、この「謙虚で自虐な埼玉県民性」をとくと感じながら、
ゲハゲハ笑えばよろしいかと。

夕刻、笑い疲れて脱力したアタマで、
埼玉県民ならみんな知っている「十万石饅頭」の例のCMや
リバイバルヒットしつつあるという「なぜか埼玉」の歌をリフレインしながら、帰路についた。

え? 埼玉のどういう町に住んでいるのって?
「なーんにもないとこだよー」



わすれない。あの日。

  1. 2019/03/10(日) 18:56:36_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
8年目。「あの日」から時が止まったままの方は、まだ何千人何万人もおられるのではないか。
運よく大震災をまぬがれたわたしにできることは、
風化させないことに尽きるだろう。

「あの日をわすれないで 作家4人が書いたそれぞれの3・11」に行ってきた。
四人の仲良し作家さんの絵本とノンフィクション児童書、その原画と写真展だ。

a401342c80a7ee0c70cfac19d17a0f59-1024x692.jpg
 
作家は、ささきありさん、すとうあさえさん、堀米薫さん、光丘真理さんという
実力者ぞろい。
3,11への悲しみ、嘆き、未来への希望と願いが、
どの本のどのページを開いても、溢れ出して来る。

本日1時からの「読み語りトーク」イベントに参加してきた。
四人の作家さんプラス『タンポポ』の絵の山本省三さんが、
絵本の読み語りと、ノンフィクション物語の執筆時の思いなど、
15分くらいずつ語ってくださった。

宮城県在住の堀米さんの「牛を置いて避難できない」という言葉、
DSC_0671.jpg

 
たまたま現地を訪れて被災した光丘さんの、「3,11直後、被災の方々がいたわりあう姿」、
      DSC_0676.jpg

山本さんの「自分が絵を描いていいのだろうか」という迷い、
 DSC_0678.jpg

ささきさんの「『街づくりに自分たちを使って』という子どもたちの熱い思い」などなど、
胸打たれる貴重なエピソードばかり。
 DSC_0682.jpg

被災の方々は「忘れたいのに忘れられない」という辛さを抱え、
そして被災していない人々は「忘れてはいけないのに忘れてしまう」。

本はいいね。
すとうさん、「『映像は消えてしまうけれど、本は残る』と、
「デーデ」の絵本出版を喜んでくださったのは、テレビ局の方」とのこと。
          DSC_0666.jpg

そう、忘れないよ。
心に刻むよ。
そして、本に明日を託そう。


2000体のおひなさまへのお願い

  1. 2019/03/03(日) 15:25:49_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先週は、かわいいかわいいえむちゃんの初節句のもようを書いたけれど、
心にひっかかるものがあり、それがなかなか抜けない。
虐待され死んでしまった子どもたちのことだ。
このところ、胸がびりびりするような事件が続いている。
酷くて、新聞を正視できない。
かたや、立った歩いた笑ったと、愛のシャワーを浴びている幼子がいるというのに・・・。
なんや後ろめたいような気さえしてくる。

そんなときに、遅ればせながら「万引き家族」を観てきた。
是枝監督がじっとりと差し出してくるこの“家族”が、悲しくていとしくて、
今もどこかで泣いているかもしれない子どもたちのことを、
どうしても考えてしまう。

映画を見たのは、鴻巣。
鴻巣といえば、江戸時代から続く人形の町だ。
帰りがけに駅直結のショッピングモールをのぞいたら、
名物の「鴻巣びっくりひな祭り」が開催されていた。
“ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇”(31段高さ7m)というものだ。


DSC_0649.jpg

全国から寄せられたおひなさまが、2000体近く飾られている。

上からみると、こんな感じ。

DSC_0662.jpg


ひな人形は、厄災を引き受け、川に流される流しびなが起源だそうなので、
だれかに譲るのはよくない、と人形業界さんは提唱しているとか。
一人ワンセットずつ持ちなさい=買ってください、ってことかいな?
今のおひなさまは、流すことを前提に創られているわけではないんだから、
母から娘へ受け継がれていくのがNGって、おかしいよねえ。

おひなさまには願いと祈りがこめられている。
娘や孫娘に、すくすくと育ち幸せになってほしい。
そして、美しいものを美しいと感じてほしいという、
親やじいちゃんばあちゃんやたくさんの大人たちの思いが、
おひなさまの白い顔を内側から照らしている。
母から娘へ、また縁あるだれかにと受け継がれ、
長く愛されたらそれだけ、
願いと祈りは大きなエネルギーとなっていく、と思う。

たくさんのたくさんのおひなさまたちよ、
たくわえたそのエネルギーで、
世界じゅうの子どもたちをお守りください。

そう祈りながら、緋毛氈のピラミッドを見上げていた、早春の一日。

DSC_0652.jpg

わたしは小さいころから、お人形よりもお道具類のほうが好きだったな。
あ、フィギュア好きはそのころからだったのか。


我が家のおひなさま、2センチサイズ。一番小さいクリップよりも小さいだよ。

DSC_0599 - コピー



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR