FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ハモン・セラーノの因縁

  1. 2019/02/16(土) 18:43:44_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
我が家はブッフェ料理、バイキングというものが大好きだ。
わたしはたいして大食ではないものの、
いろいろな料理をちょびちょび食べるのが好きなので、
ブッフェ店への出撃率は高い。
この日は、埼玉県人が愛する浦和ロイヤルパインズホテルのブッフェレストランへ。

本日は生ハム狙い。
わたしは、生ハムに目がなく、飲み会なんかで生ハムが出てきた日にゃ、
皿を抱え込みたくなる。
しかもこの日は、スペイン産のハモン・セラーノのカッティングサービスがある!

DSC_0607.jpg


ハモン・セラーノという名は、中学生くらいのころに知った。
家にあった料理雑誌の、
スペインを旅した男性の小説家(お名前は失念)のエッセイに出てきたのだ。
彼は、列車のコンパートメントで
怪しげな二人組の男と居合わせる。
その二人組は、大きな袋に骨つきのハムを何本も詰め込んでいて、
中の一本をひょいと取りだし、ナイフで薄く切ってふるまってくれた。
「こりゃすごい。ハモン・セラーノじゃないか?」
「セニョール、よくわかったな。今、盗んできたところだ。
こいつを売りさばいたら、大金が転がり込むぜ!」
そのハムは最高級品だ、日本円で総額100万以上はするだろう――
そんな話だった。

これを読んだ当時は、生ハムなんて見たこともなく、
食卓に並ぶのは、まん丸にスライスされたプレスハムばかり。
ハモン・セラーノという名前は、憧れと共に胃袋と頭に刻み込まれた。

その後、生ハムは近所のスーパーにも並ぶようになったが、
ハモン・セラーノにお目にかかったことはなかった。
しかし、出会いは思わぬところにあった。
となり町にチーズ専門店ができ(なんとこんな埼玉の片田舎に!)、
知人の家を訪問する手土産にしようと買いにいくと、
店の奥にどーんと横たわるのは、大きな骨付きのハム様!
「ハモン・セラーノ」と書いてある。
え~~~!
わたしはチーズの予算をけずり、
ハモン・セラーノを100グラムだけスライスしてもらうことにした。

ナイフをふるうのは、なぜか和服に割烹着をつけた、かなり高齢の女性。
だいじょうぶかな? 
もや~っと不安がよぎったが、任せるしかない。
切ってもらっている間、向かいの店へたい焼きを買いに行く。
戻ったら、ハムとチーズはきれいに包まれていた。

友人宅で、わたしは得意げに包みを出した。
「骨付きのハモン・セラーノを切ってもらったの~~」
しかし、包装紙を開いて、目を疑った。
ぶ厚い! 生姜焼き用にスライスされた豚肉ほどの厚みがある!
その分、枚数は4枚しかない。よ・ん・ま・い・・・。
幸い、人数は四人ではあるけれど、これじゃ寂しすぎる。
わたしは包丁を借りて、一枚を三つくらいの細切れにして、
レタスの上に載せた。
口に入れると・・・固い。ぐにぐにして、噛みきれない。
しかも、しょっぱい。厚みがある分、塩気を強く感じてしまうらしい。
ぶ厚い生ハムが、こんなに食べにくいものとは思わなかった。
せっかくのハモン・セラーノなのに。骨付きなのに。
わたしの憧れを返して!

・・・という、因縁の骨付きハモン・セラーノであったのだ。
今日は存分に食べてやろうじゃないかい!

うすーくひらひらにスライスされた生ハムは、
極上の味だった。
ソフトな塩気が、肉の甘味とほのかなスモークの香を連れてくる。
わたしは何度もおかわりして、そのたびに幸せをかみしめた。

ここのブッフェは、おいしくてリーズナブル。
脂身ごってりのローストビーフや、バサバサの蟹を大皿でごそっと出す、
みたいな雑な料理は皆無。

DSC_0571.jpg
DSC_0570.jpg

この日は、パエリアやガスパチョもおいしかったな。
スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR