FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

障がいを克服するって? 

  1. 2018/05/27(日) 17:44:38_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
5月24日(木)は、一年で一番忙しい日。
日本児童文芸家協会の総会、協会賞・新人賞・功労賞の贈呈式・懇親会が
都内で開かれた。
今年の新人賞は、「僕は上手にしゃべれない」椎野直弥・著 ポプラ社。

ぼくは

吃音に悩む中一の悠太、その葛藤と成長を描く物語だ。
悠太が吃音を克服すべく選んだ部活は、なんと放送部。
そこで出会う新入女子部員や先輩、姉たちに助けられ・・・。
悠太の、うまくしゃべれないもどかしさと悔しさ、嘆きが
ぐいぐい胸のうちに迫ってくる。
それでいて、リズム感のある文章のおかげか、決して暗くはない。

ただ、腹が立ってくるのだ、この物語は。
悠太クンは、周囲の無理解やら嘲笑やらという、
出口のない闇を歩いている、いや歩かされている。
それってもちろん、本人が悪いわけではない、100%周囲の問題。
ならば、「成長」すべきは、本人ではなく、学校であり、社会じゃん?
なのに、なんでこんな苦労を、彼自身が背負わなくてはならないの?
ただでさえ、うまく回らない口と舌をどう動かすかに疲労困憊しているのに?
と、ムカついてしまう。
そう思わせることが、作者の狙いなのかな?

わたしは、「障がいを乗り越えて」という表現が嫌いだ。
(吃音は障がいと認められていないそうだが)
乗り越えて成長すべきは、本人ではないもの。
わたし自身、パラアスリートの物語を二冊、オムニバスでも一作書かせてもらったが、
そういう視点では描かなかった。

『ワンダー』R.J.パラシオ・著 ほるぷ出版

ワンダー


この物語は、全世界で300万部売れたという感動作だ。
映画化されて、まもなく封切りになる。
オーガストは生まれつき顔に障がいがあり、10歳ではじめて学校に通うことに。
生徒たちはオーガストの顔に驚き、悲鳴をあげるが・・・。
しかし、オーガストをめぐる男子たちのなかで起こったあるいじめをきっかけに、
生徒たちは変わっていく。
そう、これは「障がいを克服する」物語ではなく、
回りが偏見を克服する物語だ。

方向は違うけれど、どちらも素晴らしい物語。
「僕は・・・」も、あっというまに版を重ね、すでに6刷りだそうだ。
これらの物語が多くの人に受け入れられているって、素敵だね。




スポンサーサイト

「好き」から見える。

  1. 2018/05/20(日) 16:36:28_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
我が家が引っ越ししたのが10月初め。
いくら、そのころめちゃ忙しかったとはいえ、
引っ越し荷物が片付いたのが、先週だったなんて、ひどすぎないか?

その最後の荷物というのが、わたしのお宝。フィギュアのコレクションだった。
(自分のオモチャが最後になるというのが、主婦の良心なのさ)
引っ越し時に、100均で買った小袋に一セットずつ詰めたのを、
取り出して、プラケースにピンセット収めていく。
レイアウトがヘンで、やり直す。手が当たって、落っことす。
ティセットの、シュガーポットのフタ(3ミリ)が、うまくはまらない。  
スベスベマンジュウガニが捕食中の魚のカケラはどこ?

笑えるくらいに不器用なわたし(しかもすでに老眼)にとっては、
好きなモノとはいえ難行苦行だ。
3日かかって、100個あまりのフィギュアを、なんとか飾り終えました!
まったく、アホちゃうか。

わたしはオタク気質ではあるが、コレクターではない。
一つのシリーズをコンプリートしようとかは、無い。
その時々に、オモシロいと思ったものを買ってきた。
それでも、傾向ははっきりしている。
とにかく、食べもの系が多い。

    DSC_0024.jpg
 
  レストランのサンプル風のものと、世界の料理、それに上段はお弁当。
 
フィギュア②

 昭和の給食

それから、動物。ただし、可愛いモフモフではなく、
深海のキテレツな生き物とか、亀、カエルの類。

    ⑤
   こんなのもあります。カラスとゴミ袋、リアルでしょ。

⑥

どうぶつじゃないけど~バルタン星人と科学特捜隊。凝ったアングルのつくりでお気に入り。         
                                       
集める気ではなく、集まってきたもの(いや、買ったのはわたしだけどさ)。
だれに見せるでもなく、何の役に立つでもない、
ただただ、「好き」というモノたち。
だからこそ、素の自分が見えてくる気がする。
そうだ、作家のレイ・ブラッドベリがこんなことを書いていたっけ。
「世界で一番ほしいものはなにか。なにを愛するのか。
それをメモしていくうちに、本当の私が見えてくる」

つまり、本当のわたしとは、「食いしんぼで、ヘンな生き物にシンパシイを感じる」ヤツ。

やっぱ、そうだったか。
 
 こんなのもある。「大阪のおばちゃん」あめちゃん、食べやー!

  フィギュア③


ヲタおばさんはうなずきながら、
新しくゲットした岡本太郎シリーズを飾るのでありました。

DSC_0028.jpg

 なんていい出来! 海洋堂さん、ありがとう。




『となりの猫又ジュリ』 重版出来!

  1. 2018/05/13(日) 15:00:19_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
『となりの猫又ジュリ』 国土社  重版出来です!

       無題
 絵とタイトル文字は、ともにはしもとえつよさん。もんのすごく魅力的でしょ
 
 第47回長崎県読書感想文課題図書に選定していただきました。 
 さらに、「灯台」6月号に、漆原智良先生が紹介してくださいました。

       ジュリ2
 
 ありがとうございます! 
 暖かなコメントに、思わずウルウル・・・。

物語のなかに、飼い主にかまってもらえず、
恨みをためたまま死んでいく犬が出てきます。
このコは、わたしが小学生のころ、近所の家にいた犬がモデルになっています。
あるかなしかの小さな庭、というか、家と塀とのすきまにぼろぼろの犬小屋があり、
短すぎるひもにつながれ、いつもうずくまっていた、やせて汚れた犬。
どう見ても、放っておかれている犬でした。
動物好きの母はよく、「ポッキ!」と声をかけてやっていました。
「ポッキ」という文字が犬小屋の破れ壁にペンキで書いてあったのです。
お菓子の「ポッキー」が発売されてしばらくたったころでした。
「ポッキ」は、呼ばれるとのそのそ顔をあげ、
だるそうにしっぽを揺らしました。
母が持ってきたパンなどを投げてやると、
特別ガツガツするふうでもなく、パクリと飲み込んでいました。
たいしておなかがすいていないのかと思いましたが、
でもたしかに「ポッキ」はガリガリで、おなかの皮膚がだらんと垂れさがっていました。
「かまってもらってないから、まるで元気がないんだよ。かわいそうにねえ。
散歩もぜんぜんさせてもらっていないんじゃないかな」と
母はためいきをつきました。
しばらくして「ポッキ」の姿は見えなくなりました。
死んだのでしょう。
その魂がいつまでもあの汚い犬小屋に
うずくまっているような気がして、わたしはそこを通るのが怖くなりました。

そんなことから、この物語の登場キャラクターとなりました。
あのときは、なにもしてやれなくてごめんね、「ポッキ」。
君の魂が、これで少しは救われた、と思いたいなあ。



テレビが町にやってきた

  1. 2018/05/06(日) 16:23:46_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先週、『出張! なんでも鑑定団』の収録が、わが町の市民ホールで行われた。
ここは東京通勤圏ではあるが、けっこう田舎、しかも住民はかなり地味め。
お宝を持っている人なんているかしら。
観覧券求めて、往復はがきを三通出したら、一通が当たった。
勇んで会場へ。

   鑑定団

ACさんの手引きで拍手や歓声の練習をして(手のひらが真っ赤で、ヒリヒリに!)、
いよいよ収録。
そこそこのお宝が登場し、まずはほっとした。OOOの直筆の書、とかね。
収録時間は110分くらいかな。
一時間番組とはいっても、実際はCMなどがあるから、45分くらいなもの、
だから実際の放映の2倍以上の長さを収録し、
あちこち切り貼りして編集し、規定に時間に収めるわけだ。
この収録時間、長いのか短いのかよくよわからないが、
公開録画の場合、こんなものなのかな?
もちろん映画などよりも格段に短いわけだが。

物語の創作はどうだろう。
「もっと刈り込んでください」と、
以前に編集者さんから言われたことがあったな。
推敲して、無駄な語句を消せ、ということらしい。
刈り込む、という表現がオモシロく、なるほど、と思った。
で、全身を目にして脳にしてじっくり読み直すと、
うん、ちゃーんとよけいな枝葉が見えてくる。
ここだ!と「刈り込む」と、すかっと清々しく、中身がクリアに見えてくる。

たらたらした文章だと「つまんねえの」とすぐに本を閉じちゃう
正直なお子ちゃまたちとの真剣勝負なのだから、
キレのいいハサミで刈り込まなくちゃね。

といっても、俳句には負けますね。
17音で創り出す世界、一字たりとも無駄にはできぬ。
「プレバト」はほんまに勉強になるなあ。

さて、「鑑定団」の放映は、二か月以上先。
どこがどうカットされたのか確認するという、楽しみが加わる。
自分が映っているかも、探さなくちゃならないし~!

スズラン

家の前では鈴蘭が満開。ご近所さんが丹精してくださっているもよう。
これは刈り込む必要ナシ!




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR