FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

晴れの日は、やっぱりにぎやかがいい

  1. 2018/04/15(日) 15:10:38_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
初孫の‘えむちゃん’のお宮参りがありました。
お宮参りって、実は初めて。自分の息子たちのときは、
親戚が遠かったこともあり、スルーしちゃったの。
パパ方のおばーちゃん(つまりわたし)が、赤ちゃんを抱っこしてお参りするとか、
「紐銭」というものをくくりつけるとか、知らないことだらけ。
紐銭は、一生お金に困らないように、との願いが込められているそうで。
おもちゃなども下げていいらしい。

紐銭

親戚10人が、えむちゃんの健やかで幸せな人生を願って
神社に集まりました。

参拝


鳥居の前で、全員で記念写真を撮ろうとしたら、
駐車場のあたりにいた女の人がわざわざ走ってきて、
「写真撮りましょうか?」
ええ、ご厚意に甘えました。
本殿に参拝し、もう一回全員で写真を撮ろうとしたら、
さきほどの女性が、またまたかけつけて、撮ってくださったの!
ありがたいですね~。

えむちゃんは、こんなふうに、だれからも愛され親切にしてもらえる子に育つことでしょう。
そして、見ず知らずの人のためにも、ささっと動ける人になってくれることでしょう。
きっと、ここの神さまが、そうはからってくれるよ。

       20180415150212254.jpg

神社といえば、自分の七五三のことをよく覚えている。
慣れない草履で、30分以上かかる遠い神社まで歩き、
(もちろん自家用車などなく、タクシーに乗るなんて贅沢は考えられなかった)
ようやくたどり着いたら、ふつうにお賽銭入れて、パンパンして、
また30分以上歩いて家に帰ってきた。それだけだった。ヘトヘトになった。
「シチゴサン」て、もっと特別なイベントかと思ったのに。
朝からあんなに大騒ぎして、
美容院でヘアセットとメイクと着付けをしてもらったのに・・・。

それ以上にもの悲しかったのは、
母と二人きりだったこと。
なぜか父も姉もいなかった。
予定の日に熱を出して、一週間遅れでやったせいかな?

うちは核家族で、親戚はみな遠い。
そのうえ、わたしは祖父母を知らない。
全員、あの世にいってしまっていた。
でも、それについては、なんとも思っていなかった。
よその子が「おじいちゃんちに遊びに行ってきたよ」なんてしゃべるのを、
「うちはおじいちゃんがいなくてよかった~」と思っていたくらい。
というのは、わたしはものすごく人見知りで、
家族でもよその人でもない、ビミョーな立場の大人に、
どうふるまったらいいのか、想像するだけで不安だったのだ。
そんな超ネガティブな子だった。
(しかし、親戚が近くにいたら、人見知り度が減っていたかもしれないなあ)

でも、この七五三のときばかりは、寂しかった。
「大きくなったね」
「着物、良く似合うね、かわいいね」
とほめてくれる人がいない。
「草履、いたいよー」と泣きべそかいたとき
「よしよし、もうちょっとよ」と足をさすってくれたり
「おんぶしてやろうか」と甘やかしてくれる人がいない。
11月下旬の神社は、ひと気がなく枯れ葉が舞っていた。
着物の襟元が寒かった。

えむちゃんのために、新しい命のために、親戚が集まる。
それだけで、なんて美しい一日でしたでしょう。
えむちゃん。大きくなったら、この日の写真を見てね。
パパママ、ひいばあば、じいじ、ばあば、おじちゃんおばちゃん、
みんな、あなたのことが大好きだよ。
どんなときでも、親衛隊だよ。

スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR