金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

カーテンとワンピース

  1. 2017/10/22(日) 18:18:28_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
身の回りに、華がない。
小学校3年生からこのかた、
「少年マガジン」で育ってしまったからかな。
特に、生活のなかに花がない。
生け花もアレンジフラワーも無縁だし、花柄の服やインテリアもほとんどない。
女子力の低さは十分わきまえている。

ところが! ふと気づくと家の中にでーんと大きな花柄があった。
ピンクのチューリップ。リビングのカーテンだ。
この生地を選んだのはたしかにわたしなのだが、なぜこの生地が気に入ったのか?

   DSC_1651.jpg


あらためてつくづくとカーテンをながめていたら、
記憶の底からぽわんと浮かび上がってきたものがあった。
子どものころ着ていた、母のお手製の夏のワンピースだ。
濃いピンクの大きなチューリップもようで、白い大きなラウンドカラーがついていた。
かわいいとほめられ、自分でも何度も鏡に映してみた。似合っている、と思った。
服の似合う、似合わないを初めて意識したのは、
このワンピが初めてだったような気がする。

けれども、着ることができたのは幼稚園から一年生の二夏だけだったようだ。
「ああ、もう無理だね、小さくなった」
 二年生の夏、母がそのワンピースを広げ、近所の子にあげるために
またたたむのを、しょんぼりながめていたっけ。
まだきれいなのに。かわいいのに。大好きなのに。
よそいきだったから、あんまり着ていないのに。

大きくなるのはうれしい。
でも、サヨナラしなくてはならないものがあるんだ・・・。
そんな喪失感に気がついたのも、あのときが初めてだったかもしれない。
 
モノを選ぶ。
なぜこれが好きか、理由を深く考えたりしないけれど、
思い出の底から、ひょこっと顔を出すものもある。
なつかしかったり、寂しかったりする。 

スポンサーサイト

ありがとう、「新語」

  1. 2017/10/08(日) 21:02:38_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このところ、ずっと家の中を片づけている。
わたしが最も苦手とする分野だ。
家の中をきちんと整えるのダメだし、きれいに飾るセンスもない。
だが、片づけはまず捨てることから、ということくらいは心得ている。
とにかく、モノが多すぎる。

こんな古いものは捨てよう。もう使わないよね? 
いやいや、使うかも? とっておく? もったいないもんねえ。

いかーん! 100均の破れザルで迷ってどうする。
すでに人生後半戦もいいところ。
使うかも、なんてヌルイこといってはいかんぞ。
素敵に便利な言葉があるじゃないか。

そう、断捨離だ。
「もったいない」さんには悪いが、「断捨離」氏に出張ってもらいます。

もともと、根の張る持ち物は、ないに等しい。
服も靴もアクセサリー、食器類も安物ばかりだ。

 大好きなピンブローチ、一個数百円のものばかり。

   DSC_1730.jpg
     
問題は、増えすぎた本の山だ。古い古い文庫本を、思い切って処分した。
基準は三つ。
★「目」が拒否しないか? 
読む気を奮い立たせなくてはならないくらいに字が細かいものは、×。
★図書館にあるか? 
 図書館に必ずある本は、×。
徒歩5分という好立地だもの、図書館を我が家の書庫にすればいいのだ。
 これで、40年も昔の「赤毛のアン」や「グリム童話集」が一気に引退となる。
 
同じく、ぬいぐるみたちも処分。こちらも40年以上前のものもある。
どうしても残ってほしいいくつかだけ選び、洗った。 きれいになったねー。

DSC_1732.jpg

猫氏は35年くらい前のものかな。

サヨナラするものは、写真に残した。
一番つらいのは、本とぬいぐるみたちとの別れだろうから、
これさえ乗り切れば、先が見えてくる。

「断捨離」氏、今日もがんばってます。
新しい言葉は新しい概念を生むし、行動の後押しにもなるんだなあ。

セクハラをはじめとする、パワハラ、マタハラ、などの言葉もそう。
いやがらせを受け傷ついたとしても、
もしや自分が悪かったの?みたいな感覚が一掃され、声を上げやすくなった。
ブラック企業という言葉によって、自分の努力不足などではない、
社会問題なのだと認識しやすくなった。

それにしても、廃棄物の山のなかで個数が多いのは、100均の収納グッズ。

       DSC_1727.jpg

気軽に買って気軽に捨てるループになってしまっている。
ほとんどのものが不燃ゴミ、圧縮して埋めるしかないシロモノだ。ああ、罪悪感。

ゴメンナサイ、今だけ。今だけ不燃ゴミを多量に出させてください~~~。
そのあとは、できるだけゴミを出さない生活にしますから~~。
・・・と、地球サマにお許しを乞う日々、まだしばらく続きます。


アイヌ文化にどっぷり浸ってきたよ

  1. 2017/10/01(日) 14:39:40_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
前回、北海道に旅した帰路の、二度とできない旅を書きましたが、
今回は旅の中身について。
目的は、オトナの修学旅行、
PARC(パルク)自由学校主催の講座「アイヌの言葉と文化を学ぶ」の、
三日間の研修旅行でした。

日高地方の平取・二風谷の民宿に泊まり、
二風谷(にぶたに)アイヌ文化博物館や白老(しらおい)アイヌ民族博物館をたっぷり見学し、
アイヌ語の演習を受けたりする企画。
民宿では、鹿肉のオハウ(汁物)や、キトビロ(アイヌネギ・ギョウジャニンニク)のお浸しなど、楽しみました。

 二風谷アイヌ文化博物館 

        DSC_1658.jpg

 シマフクロウのカムイの像がお出迎え。
   DSC_1675.jpg


昨年、『知里幸恵物語 アイヌの「物語」を命がけで伝えた人』(PHP研究所)を
出版させていただきました。

      9784569785646.jpg
 
執筆にあたって、北海道のアイヌ関連の博物館をいくつか見て回りましたが、
二風谷は時間がなくて訪問できなかったので、心に残っていたのです。

博物館では、ユカラやカムイユカラ、ウエペケレなどの口承文芸を聞いたり、
ちょうどいいタイミングで開催されていた二風谷のお祭りで、古式舞踊を見学したり。

 展示品のタマサイ(首飾り) おしゃれでしょー?
  DSC_1666.jpg

チセ(家) こういう家、好き。住みたいです。ヤワに見えるけれど、厳寒の北海道でもあったかく住めるそうです。
 DSC_1677.jpg

チセのなかでユカラを聞く。いいねー、囲炉裏。
DSC_1655.jpg

わたし、こんな講座を受けていても、アイヌ語はほんの数語の単語を知っている程度で、
せっかくの「生ユカラ」も、意味はわからず(日本語の解説がたより)。
でも、ユカラは、語るというより歌に近いの。使っている音は、ミ・ソ・ラ・シが主流で、
メロディは、「あんたがたどこさ」や「通りゃんせ」みたいな日本のわらべ歌そっくり! 
すごく耳になじんで心地いいですよ。 

博物員さんによると、アイヌ語の学習グループは北海道にいくつもあるけれど
受講生が10数人という感じだそうです。
アイヌの人が今も多く住む平取に限れば、
小学校でアイヌ語の授業がありますが、年間10時間だけだそうです。
言語を習得できる時間じゃないですね。無いよりはましだけれど。
このままでは、アイヌ語を話せる人(高齢者)がなくなっていくスピードに追いつきません。

アイヌ民族は、2008年に正式に日本の先住民族と認められました。
それならば、日本人全体でもっと関心を持ち学ぶべき、と思うんだけどな。
「世界的に見て、日本人の、自国の先住民族への関心度合いはたいへん低いです。
ニュージランドなど、先住民族についてきちっと学ぶカリキュラムが
整備されている国はたくさんあるんですがね」と、博物員さん。
 
なぜ関心が低いのかな。

アイヌの民は、和人(ざっくりいうと日本語を母語とする人々)から何世紀に渡り、
差別や迫害を受けてきました。
差別は今も残り、悲しく悔しい思いをするアイヌの人々も多いのが実情です。
 
漆塗りのお椀が一個(二風谷アイヌ文化博物館・蔵)。
これは、昭和15年ころ亡くなったアイヌの男性が持っていたもの。
 
        DSC_1669.jpg
 
若いときに厚岸(アッケシ)の漁場で働かされ、
一年後にようやく故郷に帰れたけれど、
その報酬はこのお椀一個だった、とのこと。

つまり、奴隷とほとんど同じですよ。それでも生きて帰れただけよかったそうです。

そういう自国の汚点を直視したくない気持ちが働いて、
アイヌの歴史文化から目をそらすのかな。
といっても、迫害の事実すら、あんまり知られていないのだけれど・・・。

アイヌの文化は、縄文文化を色濃く残しているそうです。
ということは、一地方の問題ではなく、
日本全土の文化のルーツと思うんだけどね。
それに、血筋をたどれば、そうとうの人々がどっかで
アイヌとつながっているのでは。
 
異なる文化、民族がいっしょに住むのって、ちっとも特別のことじゃない、
それが当たり前の国だってたくさんあります。
スイスは公用語が四つもある国もあるし、アイルランドの第一公用語は、ケルト民族の「ゲール語」です。

国際交流や異文化交流の第一歩は、自国の先住民族の文化を知ることじゃないかな?
違う文化が共存するって、素敵なこと。
違う尺度の価値基準を認めるって、難しいだろうけれど、
それこそが人類のキャパを広げるんじゃないかな。

それにねー、今年大流行の「忖度」とか、「空気を読む」やら「根回し」やら、
子どもから大人まで支配している強大な「同調圧力」やら、
和人が人口のほとんどを占めるこの国ならではの、珍現象かもしれないぞ。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR