金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

お雛さま、ごめんね

  1. 2017/02/26(日) 16:34:34_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
雛祭りが近い。
女の子のいない我が家でも、お雛さまを飾った。
亡き母から、贈られたものだ。
もう30年近く前だろうか、母は当時はやっていた木目込み人形製作を習い、
何体か作っていた。そのなかの一つだ。

DSC_0904.jpg
(写真、へたやなー。本物はもっとかわいいです)

わたしが子どものころ実家にあった雛人形は、
とてもとても、痛かった。
ガラスのケースに入った小さな小さな親王飾りと三人官女のみ、
いや、それはいいのだ。小さくても、ささやかでも(というか、小さいほうが好き)。
でも、このお雛さまたちは、子どもの目にも安物ということがバレバレだった。
顔も髪も衣裳までも、絵具をべったりと塗りこんだものだった。
おそらく、乏しい家計をやりくりして買ったものなのだろう。
母は、この小さなケースだけでは寂しいからと、
わたしたち姉妹のぬいぐるみも並べて飾った。
うす汚れたぬいぐるみに囲まれたお雛さまは、よけいに痛々しかった。

わたしたちが喜ばないのを、母は察したのか、
小学校3年生くらいのころには、もう飾られることはなかった。

そんなこともあって、母は木目込み人形製作を習ったのかもしれない。

実家はすでにない。
20年ほど前、家を売り渡すとき、引っ越しを手伝った。
あのお雛さまが出てきたら、どうしようかとどきどきしていた。
処分するしかないが、供養のためにお寺や神社に持っていく時間はない。
だが、わたしが目を泳がせているうちに、
当のお雛さまのガラスケースは不要品の山のどこかに紛れたらしい。
目にすることはなかった。

あの貧弱なお雛さまたちの末路が、今も心に淀んでいる。
ごめんね、愛してあげられなくて。

これはわたしが数年前に買ったお雛さま。ケースの大きさ2センチ。
手前は、ゼムクリップ。

         DSC_0896.jpg

お雛さまの本といえば、これ。
『もりのひなまつり』こいでやすこ 作 福音館書店 2000年
             51MDA0E1VKL__AC_US218_.jpg
 のねずみたちのひなまつりに招かれたおひなさまたちが、
森へでかけ、楽しいひとときを過ごしますが、帰り道で雪がふってきて――。
お雛さまたちの美しさに、ためいき。
読み語りのとき、騒いでいる男の子たちも、見とれるほどです。

『ひいな』いとうみく 作 小学館 2017年

          51FUwpb5E4L__AC_US218_.jpg

由良は祖父母の町で過ごすうちに、お雛さまの声が聞こえることに気づきます。
母と祖父の不仲の原因を知った由良は、
お雛さまを通じて家族の修復を願いますが――。
お雛さまたちのユーモラスな会話も魅力。
いつの時代も、お雛さまは女の子の味方です。

それにしても、いとうみくさんって、いったいどこまで進んでいかれるのでしょうね。
スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR