金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

2万年前の芸術

  1. 2017/02/12(日) 16:04:03_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
大好きな国立科学博物館へ、一人遠足。
「ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」、
あの有名な2万年前の壁画を見にいった。

DSC_0850.jpg

限りなく本物に近づけたレプリカを、
洞窟内の暗さを再現した空間に展示してある。
もちろん、実物大。
現在ラスコー洞窟は壁画の保全のため、研究者さえ立ち入り禁止だとか。
レプリカであっても、貴重な機会だ。

おお、これは迫力! 思っていたよりもずっと大きい。動物の姿が美しい!

壁画レプリカは、撮影可でした。
褐色のバイソン
DSC_0837.jpg

黒い牝ウシ
DSC_0838.jpg

泳ぐシカ
DSC_0840.jpg

壁画最大の謎といわれる、トリの頭をした人間と、
ヤリで突かれたバイソン。この絵だけ、なぜか落書き風。
DSC_0846.jpg

わたし、恥ずかしながらカンチガイしていました。
居住していた洞窟の壁に描かれた絵だと思っていた。

洞窟は居住用ではなく、絵を描き残すための特別な空間だったらしい。
真っ暗の洞窟内にランプを持ち込み、少なくとも二人一組で、
時にははしごに登って描いたそうだ。
その姿と情熱は、イタリア各地の大聖堂の大壁画や天井画を描く
ルネサンス期の画家さんを彷彿とさせる(見たことないけどね)。
これは、紛れもない芸術だ。

壁画の目的は、はっきりとわかっていないが、
シャーマンのような役割の人が描いていたらしい。
やはり、豊穣祈願の祭祀用なのかな。

壁画を発見したのは、この洞窟の近所の子どもたち(1940年)。
遊んでいるうちに細長い洞窟を見つけ、入ってみたら・・・「すげ~~!」
「どうする? とうちゃんに話してみる?」
「やめとこうぜ。洞窟なんて危ないところに入ったのか!とチョー怒られそう」
「でもさー、すごい発見かもしんないよ。
あの動物の絵・・・なんかゾクっときたね、オレ」
な~んて会話があったかもしれないね。
少年たち、ちゃんと大人に告げたんだ。うんうん、えらいよ!
 
2万年前の芸術家たちの情熱と、
1940年の少年たちの、驚きにきらきら輝く瞳が重なった。

会場入ってすぐには、クロマニョン人の母子が出張していました。
おかあさん、おっしゃれー。今に通用するファッションです。

DSC_0836.jpg

スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR