金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

お雛さま、ごめんね

  1. 2017/02/26(日) 16:34:34_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
雛祭りが近い。
女の子のいない我が家でも、お雛さまを飾った。
亡き母から、贈られたものだ。
もう30年近く前だろうか、母は当時はやっていた木目込み人形製作を習い、
何体か作っていた。そのなかの一つだ。

DSC_0904.jpg
(写真、へたやなー。本物はもっとかわいいです)

わたしが子どものころ実家にあった雛人形は、
とてもとても、痛かった。
ガラスのケースに入った小さな小さな親王飾りと三人官女のみ、
いや、それはいいのだ。小さくても、ささやかでも(というか、小さいほうが好き)。
でも、このお雛さまたちは、子どもの目にも安物ということがバレバレだった。
顔も髪も衣裳までも、絵具をべったりと塗りこんだものだった。
おそらく、乏しい家計をやりくりして買ったものなのだろう。
母は、この小さなケースだけでは寂しいからと、
わたしたち姉妹のぬいぐるみも並べて飾った。
うす汚れたぬいぐるみに囲まれたお雛さまは、よけいに痛々しかった。

わたしたちが喜ばないのを、母は察したのか、
小学校3年生くらいのころには、もう飾られることはなかった。

そんなこともあって、母は木目込み人形製作を習ったのかもしれない。

実家はすでにない。
20年ほど前、家を売り渡すとき、引っ越しを手伝った。
あのお雛さまが出てきたら、どうしようかとどきどきしていた。
処分するしかないが、供養のためにお寺や神社に持っていく時間はない。
だが、わたしが目を泳がせているうちに、
当のお雛さまのガラスケースは不要品の山のどこかに紛れたらしい。
目にすることはなかった。

あの貧弱なお雛さまたちの末路が、今も心に淀んでいる。
ごめんね、愛してあげられなくて。

これはわたしが数年前に買ったお雛さま。ケースの大きさ2センチ。
手前は、ゼムクリップ。

         DSC_0896.jpg

お雛さまの本といえば、これ。
『もりのひなまつり』こいでやすこ 作 福音館書店 2000年
             51MDA0E1VKL__AC_US218_.jpg
 のねずみたちのひなまつりに招かれたおひなさまたちが、
森へでかけ、楽しいひとときを過ごしますが、帰り道で雪がふってきて――。
お雛さまたちの美しさに、ためいき。
読み語りのとき、騒いでいる男の子たちも、見とれるほどです。

『ひいな』いとうみく 作 小学館 2017年

          51FUwpb5E4L__AC_US218_.jpg

由良は祖父母の町で過ごすうちに、お雛さまの声が聞こえることに気づきます。
母と祖父の不仲の原因を知った由良は、
お雛さまを通じて家族の修復を願いますが――。
お雛さまたちのユーモラスな会話も魅力。
いつの時代も、お雛さまは女の子の味方です。

それにしても、いとうみくさんって、いったいどこまで進んでいかれるのでしょうね。
スポンサーサイト

『本当にあった? 世にも不思議なお話』新刊でーす

  1. 2017/02/23(木) 18:16:03_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
新刊、出ます!
『本当にあった? 世にも不思議なお話』
編・たからしげる イラストsimano、PHP研究所刊。

61cmVXGY_FL__AC_US218_.jpg

10名の作家によるオムニバスです。
執筆者は、山本省三さん、高橋うららさん、深山さくらさん、
みおちづるさん、後藤みわこさん、名木田恵子さん、石崎洋司さん、
山下明生さん、天沼春樹さん、そしてカナジ。
ひゃー、なんという豪華メンバー! (カナジ、混じっててすみません)

物語は、すべてほんとうにあったことを元に書かれています。
わたしは、10数年前に知り合いから聞いた体験談を元に物語にしました。
その方は、都内の小・中学校の夜間警備員さん。
夜中の見回りで、ちょっと不思議なことがあり――。
恐い話ではありません。
とっても心に残るお話だったので、いつか物語にしたいと思っていました。
機会を与えてくださり、編者のたからさん、PHPさん、ありがとうございました。

この本は三冊シリーズで、3月初めに同時発売です。

『本当にあった? 世にも奇妙なお話」
  たからしげるさん 松原秀行さん 宮下恵茉さん 楠章子さん 
  越水利江子さん 横山充男さん 芝田勝茂さん 村山早紀さん 
  牧野節子さん 三田村信行さん

61KQY4jGA9L__AC_US218_.jpg


『本当にあった? 世にも不可解なお話』
  小森香折さん 森川成美さん 石井睦美さん 光丘真理さん
  加藤純子さん 池田美代子さん 山口理さん 最上一平さん 
  那須正幹さん 工藤純子さん

    61ojJJM8RsL__AC_US218_.jpg


ほんまにすごい執筆陣です。イラストもおしゃれ。
ため息のでそうな競作、よかったらお子さんに勧めてくださいね!


冬の秩父のお目当て

  1. 2017/02/19(日) 17:07:36_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
冬の秩父が好きで、
寒さがつのるとほぼ毎冬出かけていく。
目指すは、奥秩父・大滝にある「三十槌(みそつち)の氷柱」だ。

まず、皆野町の「よしはし食堂」で腹ごしらえ。
ここは、いかにも町の食堂という感じの、手打ちうどんやカレーや定食類の店だが、
ヤマメや岩魚、山菜料理、そしてジビエ料理もあるのだあ!
いのしし丼とか、しか秩父煮とか……!
  
       DSC_0859.jpg

 
実はわたし、猪や鹿や馬が大好き。
居酒屋で馬刺しがあるとソッコーでオーダー、
一人食いしてしまう。

この食堂では、たいていのしし鍋を食べる。熊鍋を食べたこともある。
猪鍋、これで二人前、3200円。安い! 秩父産の野菜がいっぱい。甘い!

 DSC_0860.jpg

 猪肉は柔らかく煮えていて、臭みはなく、
健やかに血肉になりそうな、鉄分を感じる濃い味わいだ。

 DSC_0861.jpg

 シメのうどんも平らげて、満足満足。

鹿の自家製スモーク。塩気のきいた、淡泊ながらしっかりした肉の味。

   DSC_0863.jpg

ここから一路、奥秩父へ。山がどんどん深くなる。
山梨、長野の国境が近い。

これが「三十槌の氷柱」。荒川の上流のがけから伸びてくる、天然のつららだ。
今年の出来は、気温は低くても雨が少ないカラカラ天気のためか、
例年の8割くらいだろうか。
それでも、じっと目を凝らすと、
つららの向こうがわに無言で居座る冬の魔神の気配を、
はっきりと感じる(かもしれない)。

       DSC_0864.jpg

少し先には、人工のつららがある。
こちらは水道水をちょろちょろ流して作っているので、
天然ものよりも大きい。
 
         DSC_0871.jpg

でもなあ。人工のつららを見ても、感動はないんですが。

人工つららよ、お前の立ち位置はなんだ?
人の手による芸術作品というわけでもなく、
自然が織りなす造形の美、でもなく。
ただ大きく育って背伸びしちゃって。
必死でキラキラ美しく輝いてみせて。

しまった、人工つららなんて要らんわ、というつもりだったのに、
書いているうちに、情がわいてきちゃった。

まあ、「どっちも奇麗!」でいいじゃんね。

帰りは秩父市街のカフェで一息。

       DSC_0880.jpg

冬は楽し。


2万年前の芸術

  1. 2017/02/12(日) 16:04:03_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
大好きな国立科学博物館へ、一人遠足。
「ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」、
あの有名な2万年前の壁画を見にいった。

DSC_0850.jpg

限りなく本物に近づけたレプリカを、
洞窟内の暗さを再現した空間に展示してある。
もちろん、実物大。
現在ラスコー洞窟は壁画の保全のため、研究者さえ立ち入り禁止だとか。
レプリカであっても、貴重な機会だ。

おお、これは迫力! 思っていたよりもずっと大きい。動物の姿が美しい!

壁画レプリカは、撮影可でした。
褐色のバイソン
DSC_0837.jpg

黒い牝ウシ
DSC_0838.jpg

泳ぐシカ
DSC_0840.jpg

壁画最大の謎といわれる、トリの頭をした人間と、
ヤリで突かれたバイソン。この絵だけ、なぜか落書き風。
DSC_0846.jpg

わたし、恥ずかしながらカンチガイしていました。
居住していた洞窟の壁に描かれた絵だと思っていた。

洞窟は居住用ではなく、絵を描き残すための特別な空間だったらしい。
真っ暗の洞窟内にランプを持ち込み、少なくとも二人一組で、
時にははしごに登って描いたそうだ。
その姿と情熱は、イタリア各地の大聖堂の大壁画や天井画を描く
ルネサンス期の画家さんを彷彿とさせる(見たことないけどね)。
これは、紛れもない芸術だ。

壁画の目的は、はっきりとわかっていないが、
シャーマンのような役割の人が描いていたらしい。
やはり、豊穣祈願の祭祀用なのかな。

壁画を発見したのは、この洞窟の近所の子どもたち(1940年)。
遊んでいるうちに細長い洞窟を見つけ、入ってみたら・・・「すげ~~!」
「どうする? とうちゃんに話してみる?」
「やめとこうぜ。洞窟なんて危ないところに入ったのか!とチョー怒られそう」
「でもさー、すごい発見かもしんないよ。
あの動物の絵・・・なんかゾクっときたね、オレ」
な~んて会話があったかもしれないね。
少年たち、ちゃんと大人に告げたんだ。うんうん、えらいよ!
 
2万年前の芸術家たちの情熱と、
1940年の少年たちの、驚きにきらきら輝く瞳が重なった。

会場入ってすぐには、クロマニョン人の母子が出張していました。
おかあさん、おっしゃれー。今に通用するファッションです。

DSC_0836.jpg


冬の亀とアロエとセロリ

  1. 2017/02/05(日) 15:45:50_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
節分を過ぎ、ちょっと日が長くなってきました。
うちの亀たちは、冬眠させていないので、
水槽のなかで、じ~っと春を待っています。
日が長くなると、寒くてもゴトゴト動きまわるようになります。
気温よりも日照時間により体内時計が働くのかもしれません。

せまい水槽にあきあきするようで、
こんなカッコしたり。

          DSC_0826.jpg

立ったままのミニラくん。

ベランダには、一月初めにアロエの花が咲き、
もう一か月以上、鮮やかな朱色を保っています。
息が長いのねー。

 DSC_0827.jpg

一つ一つの小さな花が、百合のように口を開いていきます。

           DSC_0832.jpg

元は、伊豆半島を訪れたときに、お土産屋さんで
紙コップで売られていた一片のアロエの葉っぱでした。
生命力強し! ほったらかしなのに、大きくなってくれました。

冬の楽しみのひとつが、セロリ。
セロリは夏のイメージですが、実は冬が旬でおいしいんです。
繊維がやわらかく、ショリショリ具合が絶妙。
牛肉と炒めたり、スープの具になったり、もちろんサラダにも。

友人の水月さえちゃんが、
エッセイ・ブログ「はりねずみが眠るとき」で紹介している
「千切りのセロリとささみの和え物」もすごくおいしそう。
でも、自分で作ると、セロリの千切りが雑すぎて(チョー不器用なうえ、根性ナシ)
歯ざわりがイマイチ。

そこで、どっさり作ったのが、セロリだけの和え物。
ななめ薄切りにしてさっとゆがいたセロリに
ニンニクのみじん切りをちょこっとだけ加え、
味付けは塩と酢だけ。
最後にお玉で熱したごま油をジュジューッとかけて混ぜます。

          DSC_0828.jpg

旨し。セロリとゴマ油って、なんでこんなに合うんだろ。
冬の間に滞った良くないものが、浄化される感じです。

亀に笑って、アロエを愛でて、セロリをどっさり食べて、
冬を楽んでいます。
今年はまだ、まとまった雪がふらないのが残念。
フレー!ふれー、ゆーき!



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR