金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

クリスマス&年末に読み返したくなって

  1. 2016/12/24(土) 17:29:07_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
クリスマスで心ウキウキというタイプではありません(ハイ、ひねくれもんです)
でも,どことなく厳かな気分となり、
フォーレのレクイエムやグレゴリオ聖歌を聞きながら、
いい物語に浸りたくなります。

今年読んだ本のなかから、この時期にしっくりくるものを
選んでみました。内容はリスマスとは関係ないですがね。 

『4年2組がやってきた』2016年
 野村一秋・作 ささきみお・絵 くもん出版

512Xclm1TwL__SX344_BO1,204,203,200__convert_20161224172350
       
五年生のマーくんは、脳性まひ。
しゃべれず、歩けず、手もうまく動かせません。
学校では、ただ一人の「にじ組」です。
その「にじ組」に、4年2組が「交流」しにくることになり・・・。

物語は、マーくんの一人称の語りで進みます。
読むうちに、マーくんが見聞きし感じている世界が、
すごく広く深いことに驚かされます。
しゃべれないから、動けないから、なにもできず
なにも考えていない? いえいえ、とんでもない!
そう、彼の頭のなかはいつもいろいろな思いでいっぱい。
それを表現できないだけ。

だいぶ前のこと。知り合いの視覚障がい者の方が、
道ばたで立ち止まって、なにか困っているようすでした。
聞けば、本屋さんに行く途中なのですが、場所がわからなくなったとのこと。
「あ、通り過ぎています。引き返しましょう」
すぐ近くの本屋さんに案内して、わたしは大失態。
レジの人に「こちらの方をご案内しましたので、よろしくお願いします」と
声をかけてしまったのです。
そんな余計なこと、いわなくてよかったのです。
必要なことは、ご本人がちゃんとお店の方に伝えるでしょうから。
なんだか、「保護者」のような気になっていたのでしょうね。
その自分の浅はかさを、この本を読んで、ちくりと思い出しました。

『ナゲキバト』2006年
ラリー・バークダル・作 片岡しのぶ・訳 あすなろ書房

       無題

この本は、すでに古典かもしれません。
9歳のとき両親を亡くし、祖父にひきとられたハニバル。
ある日、ナゲキバトを遊び心で撃ってしまい・・・。
祖父との生活により、ハニバルは静かに深く、
生きる意味を感じとっていきます。

背景と思っていた逸話が、
実は物語の背骨であったという構造に驚かされます。
善とは? 悪とは? 悪に染まってしまった人生を、
昇華させるには?
それらが、やさしくしみじみとした文章に、
美しい紋様のように織り込まれています。

『ひまなこなべ』2016年 萱野茂・文 どいかや・絵 あすなろ書房

       無題1

アイヌの昔話です。
アイヌには神さまが主人公の物語がたくさんありますが、
伝え方が難しいように思います。
神さまの一人称で語られているので、
初めてふれる人は、ちょっと入りづらいのです。
でもこの本ならだいじょうぶ! 
クマの神さまに導かれ、
万物に神が宿るというアイヌの世界に
無理なく入ることができます。
この不思議なタイトルも、最後に意味がわかるしくみです。
躍動感ある、愛らしくもりりしい絵が魅力的。何度見てもうっとりです。

今年も残すところあと一週間。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

濁りのない寄せ鍋

  1. 2016/12/18(日) 13:18:54_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このあいだ、「光会」の忘年会があった。
「光会」は、わたしが会社員だったころの上司や先輩、同僚の同窓会だ。
(なぜ光会というかは、ナイショです)
年に1,2回、当時の課長サンの呼びかけで、5,6人が集まってくる。
この日は、元課長サンの行きつけの、練馬駅近くの和食店「甲州」に
50代から70代の5人が集った。

店名は「甲州」だけど、お魚料理の店だ。
前菜のあん肝、鮟鱇の煮凝り、ハヤトウリと海老のゆず酢

            DSC_0694.jpg

うまい!
刺し盛りの量と鮮度には、おったまげた! これで5人前。

           DSC_0695.jpg

鮪や鯛などのほか、キビナゴや鰆のたたきなど、10種類ほどもあったろうか。
(反対側から写真撮ったので、頭が右になってしまった)
鮭の西京焼きに鮟鱇のから揚げ。
お魚が胃袋から脳まで、回遊した。

話は、近況や昔話や家族のこと、実にたわいのないものばかり。
しかし、考えてみたらすごいことだ。
このメンバーで働いていたのは、なんと35年ほども前のこと。
歳月を経て、こうして集っておいしいものを食べていることが、
奇跡のようにうれしい。

最後に運ばれてきたのは、寄せ鍋だった。
「火は通ってますので、温まったらすぐ召し上がれます」と、女将。
湯気が立ったのでふたを開けてみたら、
鱈、鮭、海老、帆立、鶏肉、野菜、豆腐などの定番の寄せ鍋、
これがやけにうまい。
アクや生臭みのまったく出ていない、澄んだ出汁の味。
しっとりとした魚介たちは、一かけらも煮崩れていない。
鶏肉を口にして、合点がいった。香ばしい。あらかじめ炭火で焼いてあるのだ。
焼かれて適度に水分が抜けたところに、出汁がしみこんでいる。
魚類も、丁寧に下処理したあと、それぞれをたぶん酒蒸ししたのだろう。
うまみをしっかりとかかえている。

生の具材を、いっしょにぐつぐつ煮るのもいいだろう。
しかし、それだとうまみといっしょにアクや臭みも出てしまう。
火を通した具材が出汁と出会い、温められてうまみがふくらみ、
まろやかで洗練されたおいしさとなっていた。

なんや、今日のわたしたちのようだな~。
それぞれ懸命に働いて、家庭を持ち親を看取り、楽しんだり悲しんだりしてきた。
若くして連れ合いをなくした人もいる。
いろいろなことを乗り越えて、今がある。

若いうちは、いっしょに過ごすうちにアクや臭みを飛ばしあうこともあるだろう。
今、人生の後半を過ぎ、地に足をつけて生きてきた歳月を経て、
それぞれが‟火の通った”うまみとなり、酒席という鍋をおいしくしてくれている・・・。

な~んて、ちょっとかっこいいことを考えてしまった。

年を重ねるって、悪くない、悪くない。



民族の知恵を手抜き料理の味方につけて

  1. 2016/12/11(日) 15:05:25_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
三週間前に足を痛めた。今はそろそろと歩いてはいるが、えらく疲れる。
家事はずいぶん手を抜いた(あ、元からか)。
でも、夕食くらいは、まともなものを作りたい。というか、自分が食べたい。
ご飯やスーパーのお惣菜でおなかいっぱいになったとしても、
野菜をちゃんと食べないと、味覚的に飢餓状態になるし。

そういうときは、タジン鍋の出番だ。
タジン鍋は、北アフリカの、水の乏しい地域で使われている鍋だそうで、
ドーム型の重たいフタの形状により、水分を逃がさずに材料を蒸すことができる。

DSC_0686.jpg

これで調理すると、ものすごくおいしい。
(このカタチ、かわいいよね。目を描き入れたくなるね)
野菜も肉も、短時間で柔らかく甘ーくなる。
ゆで卵だって、ほくほくしておいしいんだよ~!

買い物に行けないので、家にあった野菜と
冷凍の豚バラ肉の蒸し物。
水は加えず、野菜の水分だけでOK。
レモン醤油たれでさっぱりと。

DSC_0667.jpg

ある日、ビーフシチューが食べたくなった。
しかし、玉葱を飴色に炒めたり、牛肉に小麦粉をはたいてバターで焼き色をつけたり、
具材の野菜を炒めたりしていたら、足が悲鳴をあげそうだ。
でも、食べたーい!

待てよ、シチューって、もともとそんなに手をかけるものではないよね。
お百姓が野良仕事に行く前に、
暖炉の大鍋に固い肉とあり合わせの野菜を放り込み、畑へ行って帰ってきたら
できあがっている、という料理だよねえ。
日本だったら囲炉裏につりさげた鍋で作るごった煮か。

よし、ごった煮なら行けそうだ。
牛スネ肉に蜂蜜少々とオリーブオイルをまぶし、
玉葱のざく切りをどばっと乗せて、バターをちぎって落とす。
料理用の赤ワインをどぼどぼ注ぎ、野菜ジュースとトマト缶を入れ、
さて、ここで加えるのは、八丁味噌だ。
そう、八丁味噌。これが我が家の味なんです。
缶詰のデミグラスソースよりも、おいしい(のはわたしだけか?)
火にかけて、クッキングヒーターで加熱、待つこと二時間。
人参と蕪とじゃがいも、椎茸を加え、さらに20分。
オーガニックの野菜スープの素と、固形ブイヨンを入れ、
味をみたら、おお、ちゃんとしたビーフシチューだ!
醤油をちょっとたらして、できあがり。
そう、醤油です。文句ある?

百均で買った一人用の土鍋に入れ、
ヨーグルトと、レンチンの青菜を乗せたら、
手抜きシチューとは思えない出来。
今まで手をかけて作っていたのが、あほらしくなるくらい。

DSC_0672.jpg

タジン鍋、そして味噌・醤油という発酵食品。
受け継がれてきた民族の知恵は、ありたいね!



二日間の温泉効果

  1. 2016/12/04(日) 17:21:01_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
二日の金曜日は、いいでした。
「知里幸恵物語」(PHP研究所)を第二回児童ペン大賞に選んでいただき、
その贈呈式でした。
主催の日本児童ペンクラブのみなさま、ありがとうございました。

pc021377_.jpg


いっしょに大賞を受賞した堀米薫さん(『あきらめないことにしたの』・新日本出版社)や、
絵本賞・かさいまりさん(『クレヨンがおれたとき』くもん出版)、
詩集賞・こやま峰子さん(『未来への伝言』未知谷)、
童話企画賞・創作ユニットKH0DSのみなさん(『いただっき―!』銀の鈴社)、
児童ペン新人賞・ふくだのりこさん(『黄色いかさ』)、
山﨑類範さん(『にじいろの手紙』)も、
みーんなお友だちだったり仲良しの大先輩だったり。
共通の書き手仲間さんもたーくさん来てくださって、ほかほか幸せな一夜でした。
ご来場のみなさま、ありがとうございました。
PHP研究所の山口編集長さんが、
「児童書の世界は、仲良くていいですね」としみじみと。
そうなんです、ほんとうにいい仲間です。
キホン、お人よしが多いんです~~。

この大事な日だってのに、わたしってば二週間ほど前にすっころんで
足の甲の骨に小さなヒビを入れてしまい、松葉杖姿での受賞式でした。とほほ。

翌日は、児童文芸家協会主催の「児童文芸講座・創作ないしょ話」の日。
開催責任者なので、またしても松葉杖姿で協会事務局へ。

naisyo1.jpg


講師は、矢部美智代理事長。
なんせ、「矢部美智代先生にこっそり聞いちゃう」というサブタイトルの講座ですから、
そりゃもう、創作のひけつや出版秘話がてんこもり。
熱気と、この協会らしい和やかな空気がほっかり。

このほかほか感、「手ぬるいぞ」と言わば言え。
日々作品と格闘している我々にとって、
温泉効果があるんですよ。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2016 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR