金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ビブリオバトルがやってきた

  1. 2016/09/25(日) 16:46:03_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 地元図書館のオープンスペースで、
 ビブリオバトルが開催されました。
 わたしはすみっこで見学。

 この日は、京都で行われる全国決戦のための予選会です。 
 バトラーは、上智大学、明治大学、聖学院大学など、
東京、埼玉の大学生五名。
 ルールは、バトラーがおもしろいと思った本を、順に一人5分間で紹介、
その後、その場にいる参加者全員で質疑応答。
バトラー全員の発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を
参加者の挙手により決定。一番票を集めたものが『チャンプ本』で、
次の大会に進出できます。

この日登場した本は、
『世界で一番美しい分子図鑑』セオドア グレイ(創元社)2015

51NaN1HAEZL__AC_US160_.jpg

おお! こんな理系の本もアリなんですね。ほんまにきれいです。

『八王子七色面妖館密室不可能殺人』倉阪鬼一郎 (講談社)2016

51nn9DiAq_L__AC_US160_.jpg

この本は、「バカミステリ」などとカテゴライズされるそうです。
「バカミス」は、ばかばかしいほどの労力をかけ、意外性や娯楽性を追求している本ということで、カナジは初めて知りました。
わ、読んでみたい。

『七十歳死亡法案、可決』垣谷 美雨 (幻冬舎)2015

61awsZldDEL__AC_US160_.jpg

『サクリファイス』近藤史恵(新潮社)2010

41877inPyOL__AC_US160_.jpg

『明日の子供たち』有川浩(幻冬舎)2014

41Ac8ciRuHL__AC_US160_.jpg

学生さんたち、弁舌さわやかに本の魅力をアピールいていました。
それにしても、ネタバレしないように紹介するって、たいへんです。
また、参加者の多くがすでに読んでしまったようなメジャーな本を持ってくると、
「読んでみたい」の票を集められません。
 参加者の年齢層や地域性も考えて、紹介する本を決めるという、
かなりハイレベルな戦略が必要でしょう。

この日は、「明日の子どもたち」がチャンプ本として選ばれました。
バトラーの聖学院大学の学生さん、おめでとうございます。

バトルとは似合わないと思われていた文学の世界ですが、
このところ、こういったイベントが増えてきました。
俳句甲子園や、テレビの「プレバト‼」の俳句の査定バトルなどなど。
文字で、文章で遊ぶのって、楽しいですよね。


スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2016 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR