金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

パラ水泳大会を観戦してきました。

  1. 2016/07/24(日) 14:46:34_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
17日、横浜市で開催された、ジャパンパラ水泳競技大会を観戦してきました。
日本で一番大きな大会で、二日間かけての熱戦です。

筋肉も身体能力も限りなくゼロに近いカナジ、
アスリートというのは雲の上の存在です。
決勝戦開始前のプールを目にしただけで、ドキドキ・・・。

           DSC_0460_convert_20160724143624.jpg


パラ水泳は、選手の身体の状況により、細かくグループ分けがなされています。
見た目にはパラ選手とわからないくらいの方もいれば、
車椅子でスタート台にやってくる選手もいます。

視覚障がいの選手は、プール壁が見えず、ターンやゴールのタイミングがつかめません。
そこで、「タッピング」という合図が認められています。
選手がプール壁に届く直前に、
コーチが棒の先につけた丸い球で選手の頭にふれて知らせるのです。
このタイミングが0.2秒遅いと、
ターンやゴールのときに選手は壁に激突してしまい、
ターンでは0.2秒速いと壁に足が届かないそうです。
すごい世界です! 
このタイミングを合わせるために、コーチと二人三脚でどれほどの練習を積んでいることか。

スタート台から飛び込む選手もいれば、
介助者二人がかりで車椅子から水中に運ばれ、水の中からスタートする選手もいます。
水中でのスタートの場合、
腕でプール壁につかまれる人は、つかまった状態で、
つかまれない人は、介助者に足をつかんでもらってスタート音を待ちます。

いざ泳ぎだすと速いこと速いこと。 
力強く美しいフォームに、目は釘づけ。
その陰にあるアスリートたちの厳しいトレーニングを思うと、
胸がじんじんしてきます。

次々に更新される、大会新記録や日本新記録。

                 DSC_0462_convert_20160724143805.jpg


今回の大会には、リオデジャネイロ・パラリンピックの代表選手が全員出場しています。
試合終了後に、壮行会が開かれました。
 
              DSC_0475_convert_20160724143855.jpg


リオ・パラがめっちゃ楽しみです。

10年前20年前よりも、パラスポーツの注目度は確実に上がっています。
十数年前は、大会をネット配信すると、
「障がい者をさらし者にするなんて」という声もあったそう。
今回の大会はテレビ放送されるそうで、
テレビクルーがず~~っとプールサイドを行ったり来たりしていました。

とはいっても、オリンピックへの熱と比べるとまだまだです。
パラスポーツ、応援しましょう!


スポンサーサイト

もうすぐ夏本番

  1. 2016/07/17(日) 09:55:28_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
どしゃぶりのなか、秘密兵器を装着して買い物に出た。
へへへ、なんのことはない、新しい長靴をはいただけ。
古カエル色の長靴だ(モスグリーンともいう)

                      DSC_0450_convert_20160717094817.jpg

水たまりをずんずんびちゃびちゃ、歩いた。
たぶん、顔が笑っていたと思う。
わたしは雪の上や霜柱の上を歩くのが大好きなのだが、
そうそう、思い出した、子どものころから
水たまりに入るのも大好きだったんだよ。
ずんずんびちゃびちゃ。
長靴のおかげで、雨の日の楽しみが一つ増えました。
でっかい雨雲、またやってこい!

スーパーの入り口には、傘用のポリ袋がある。
わたしはここでいつも、小さなエコを実践。
だれかさんが使い終わって捨てたのを拾い上げて使うことにしている。

                               DSC_0447_convert_20160717094632.jpg


帰宅して、おやつタイム。
これは、埼玉人ならみんな知ってる(はずの)「菓匠花見」の「白鷺宝」、かくしもっていたので一人ティタイム。
(画像は同店HPからお借りしました)
 ph_hakuroho.jpg
           
ph_chacha.jpg

                
「白鷺宝」は、白あんの上品な甘さとシンプルな形、美しい包みで有名な銘菓なのに、↑
こ、これは・・・。↓

   DSC_0451_convert_20160717094931.jpg    DSC_0452_convert_20160717094858.jpg



夏限定バージョン、「スイカ」。
アリなんだろうか? キワモノっぽいぞ。
メーカーさん、チロルチョコみたなことしなくていいのに~。
味は、スイカというよりメロンっぽかった。

もうすぐ梅雨明け。今日は地元の夏祭りでした。

DSC_0458_convert_20160717095024.jpg



デビューおめでとうございます!

  1. 2016/07/10(日) 10:49:08_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
おめでとうございます! デビュー作の二冊をご紹介。

こりゃまた、ユニークな絵物語が登場したもんだ!
この世界の広がりと空気感、タダモノではないぞ。
『せなかのともだち』作・萩原弓佳 絵・洞野志保 PHP研究所

     519ramxYsgL__SX348_BO1,204,203,200_


な~んて、初めて読んだようなことを書きましたが、
実は児童文芸家協会主催の、
2014年「創作コンクールつばさ賞」童話部門の優秀賞受賞作。
同年の雑誌「児童文芸」10、11月号に発表されています。
いやー、おもろい物語が受賞したなあ、さすが「つばさ賞」。
出版化されたらいいなあと願っていたのですが、
ついに出ました! 

うっかりヒツジの背中に転落したハリネズミ、
わが身のハリとヒツジのフワフワの毛がからまって、
どうしても離れられなくなります。けれどもこの二匹、実は性格が悪くて・・・。

ね、すごい設定でしょ。
絵も日本風の愛らしさではないちょっとふしぎなリアルさ、
スロバキア在住の画家さんだそう、なるほどなるほど。
主人公二ひきの目つきといったら、なんてカワイクナイこと。
でも、物語の世界にぴったりはまっています。

『モツ焼きウォーズ ~立花屋の逆襲~』
作・ささきかつお 絵・イシヤマアズサ ポプラ社

                  6133K8gDNBL__SX351_BO1,204,203,200_


「さすがやなあ、この安定感があり、
かつテンポのいいおもしろさは!」とうなってしまいました。
作者のささきかつおさんは、編集者を経て、ライター、書評家をされている方。
しかも、「第五回ポプラズッコケ文学新人賞受賞作」ですから、
おもしろくないわけがありません。
商店街の存続をかけて、モツ焼き屋の立花屋が
再開発推進派に戦いを挑みます。
タケルはその立花屋の四代目。物語は、立花家のルーツにまで遡り・・・

商店街って、いいよね!
たとえ巨大ショッピングモールがあったとしても、
商店街のない街とは、なんと寂しいものでしょう。
おっちゃんおばちゃんの威勢のいい掛け声は、日本のお宝。
 登下校の見守り役をさりげなくこなし、街の治安にも貢献してくれます。

がんばれ、タケル! さて、商店街は、立花屋の運命は? 
この戦いに勝ち目はあるのか? 

ジャンルも作風もまるで違う二冊のデビュー作、
どっちもたっぷり堪能させていただきました。
萩原さん、ささきさん、おめでとうございます!
ちなみに、ささきさんのお連れ合いは児童書作家のささきありさん。
めおと作家の誕生です。


ちょっとおしゃれな絵本のイベントです

  1. 2016/07/03(日) 20:50:29_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日本児童文芸家協会のイベントをご紹介します。

7月の暑い盛りですが、横浜の海風に吹かれて、絵本の世界で
いい一日を過ごしてみては。

会場は、歴史ある西洋館、ベーリックホール。
ちょっとおしゃれな夏休みをどうぞ!
________________________________________
●「横浜山手西洋館 絵本フェスティバル」
________________________________________
毎年夏に開催される「横浜山手西洋館 絵本フェスティバル」に今年も参加します。
■日時:2016年7月29日(金)〜31日(日) 
■会場:横浜山手西洋館 べーリックホール

7dd5ee5e742b00d995d3cff7f05204f2c3adae14-thumb-480xauto-5293_convert_20160702143205.jpg

■イベント内容:
◎童話・絵本作家による読み語り(絵本・大型絵本・紙芝居)
◎作家自身の読み語りとおしゃべり
 「へびのかんごふさん と ざぼんじいさんの部屋へようこそ。」
◎みんな、あつまれ! キッズブックらいぶ
 作家による人形劇「ライオンのオーレ」 読み語り、えかきうた等
◎ワークショップ「かんたん、びっくり とびだす絵本をつくろう!」
◎詩のお部屋:詩集の展示 言葉をつなげてみんなで詩を作ろう
◎絵本・大型絵本 紙芝居 童話の展示(300冊)
◎フラワーコーディネート「えほんとこども」

イベントの日時など、くわしくはこちらをご覧ください



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2016 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR