金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

希望と願いの輝き

  1. 2016/03/28(月) 11:13:09_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
埼玉の女子中学生が、二年ぶりに保護された。
誘拐され、二年間監禁されたすえ、
自力で脱出、保護を求めたという。

この娘さんの家は同じ県内であり、近所の公共施設に
安否情報を求めるポスターが貼られていたので、
目にするたびにご両親の苦しみを思い、無事を願っていた。

ああ、助かってほんとうによかった。
二年間の監禁のあいだに、希望を失わず、
「家に帰るんだ」という意志を保っていくことは、
想像以上に強い精神の力が必要だったことだろう。

こんな絶対に許せない事件を引き合いにして絵本を紹介することを、
お許しいただきたい。
かたや凶悪犯罪の被害者、絵本のストーリーはどちらかというと、偶発的な事故だ。
けれども、ためらいながらも書くことにしよう。
幼児向けの絵本であっても、人生の悲哀と希望を語ることにおいては、
一般文学となんら変りはないのだから。

古典名作絵本、「ロバのシルベスターとまほうの小石」
ウィリアム・スタイグ 文・絵 評論社

     51BQCGXRYAL__SX376_BO1,204,203,200__convert_20160328110824


ロバのシルベスターは、山の中で魔法の小石を見つけ、
その力でうっかり岩になってしまう。
家に帰れず、元の自分に戻る望みもないまま月日が過ぎて・・・
翌年の春、両親が、シルベスターと知らずに岩のところにやってくる。
シルベスターは願う。
「ああ、もとのぼくになりたい。ああ、ほんとのぼくに もどりたい!」
そして、願いが通じ、大団円。

シルベスターの悲痛な思い、両親の嘆き、その両方が心にずしずし迫ってきて、
何回子どもたちの前で読み語っても、涙が出そうになる。

埼玉のこの娘さんも、強く願ったのだろう。
「ほんとうのわたし、両親の元で学校に通う、
中学生のわたしに戻りたい!」と。

希望。願い。ありきたりのことばであるが、
失わずに保つことの大きさと輝きを感じさせてくれた。

この娘さんの心の傷ができるだけ癒えますように。

シルベスターのぬいぐるみ、持ってます。手にしているのが、まほうの小石。

        DSC_0269_convert_20160328110632.jpg


岩になった姿。ロバのおなかにファスナーがあり、
しまってある布を引っ張り出してかぶせると、岩に。

              DSC_0270_convert_20160328110730.jpg

スポンサーサイト

道なき道を

  1. 2016/03/20(日) 10:39:25_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
道なき道を進むのが好き。
な~んてカッコいいこと書いたが、
なんのことはない、道路ではない場所を通るのが好きなだけだ。

空き地、駐車場、ガードレールのすきま。
こんなトコを抜けたり、

DSC_0242_convert_20160319183334.jpg

今や希少となった「原っぱ」を歩いたり。

DSC_0244_convert_20160319183905.jpg

たぶん、実生活では冒険のできないタイプだからだろう。

昨秋に鳥取砂丘へ行った。
想像以上に「異空間」「違う星」だった。
もっと茫漠とした寂しい風景かと思っていたが、
砂の色が明るいせいもあり、
わーいわーい、よその惑星に瞬間移動、と妙にハイになった。

観光客が目指すのは、「馬の背」という砂の丘だ。
登り口が決められているわけではないが、
みな右はしのちょっとなだらかなところを登っていく。
無数の足で踏み固められ、歩きやすそうだ。

DSC_0054+(640x360)_convert_20160319183535.jpg

その左は、勾配が少しきつい。登る人はいない。
だが、いくつかの足あとが点々と残ってはいる。

筋肉も身体能力も謙遜なしでゼロに近いオバサンでありながら、
わたしは勾配のきついところを登ってみたくなった。
なーに、滑り落ちたって、砂まみれになるだけだ。

わたしは一人、決然と登り始めた(なんて大げさなもんではないのだが)
息が切れ、汗が吹き出たあたりで、頂上についた。
やった! ほんとうのところ、たいしてきつくはなかったな。

さて降りようと、下を見ると、やや! さっきまで
だれもここを登っていなかったのに、
ぞろぞろぞろぞろ、えらい大人数がやってくる。

あんなオバサンが登れるのだから、だいじょうぶなのだろう、
そうふんだ人たちが、いっせいに登り始めたらしい。
えへへ。えっへん。
ちょっといい気分。
先導したぞ。

「馬の背」の向こうは海。

DSC_0056+(640x360)_convert_20160319183444.jpg



偉人伝、変人伝

  1. 2016/03/13(日) 11:52:02_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
伝記の本が出版になった。
国松俊英先生の編・著による、「みんなに贈りたい伝記」PHP研究所。
本編30名、巻末コラム30名の「世界を変えた人々」が登場している。

        61BbjMJcPUL__SX408_BO1,204,203,200__convert_20160313114956


わたしが担当したのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ、モーツァルト、
マリー・キュリー、二宮金次郎。
どの人物についても、調べていくと、へえ~~!という驚きが見つかる。

レオナルドって、古今東西から天才と認められているのに、
残した絵画はたった十五作!
モーツァルトって、天から音楽が降りてきたのを
らくらくと書き留めるようなイメージ、でも実はものすごい勉強家!
二宮金次郎って薪を背負って山道を歩きながら
本を読んでいたわけではない!
(ときどき本を取り出して目を走らせ、そらんじていた程度か?)
マリー・キュリーって地味~で研究ひとすじの人、でもスポーツ好きで車の運転もしていた!

このなかで、太鼓判の「いい人」は、二宮金次郎とマリー・キュリーだ。
どちらも驕ることのない努力家。
レオナルドはイケメンで、オタク気質ながらチャラ男の部分があったかも。
そして、モーツァルトは変人だ。
彼のセリフには、ちょこちょこ「あはは~」とかいれて、ちょいアホっぽい雰囲気を出してみた。
変人を書くのって、あはは~、楽しいな~。

りっぱな人の「偉人伝」もいいけれど、
「変人伝」っていうのも、いいんでない? 


亀の春、ベランダの春

  1. 2016/03/06(日) 15:33:30_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
啓蟄のころは、亀の季節のスタートです。

うちの三匹の亀さんは、冬眠させないで、
暖かなへやのなかで冬を越します。
11月から3月上旬まで、エサはいっさい食べません。
よく生きているなあ、だいじょうぶかい?

桃の節句のころになると、わたしが水槽に近づくと、
ゴトゴト寄ってくるようになります。

「おや、おなかすいてきた? ゴハンいる?」
「いる!」・・・とはいわないけれど、物言いたげな顔をします。
それが春のサインです。

エサを「あーん」とさしだすと、「あーん」。
おお、食べた。この冬も無事に越せました。

                  00050001_convert_20160306152514.jpg


ベランダでは、大好きなムスカリが顔を出しました。

               DSC_0233_convert_20160306152038.jpg

数年前、土を入れたまま放置していた植木鉢から、
ある日突然顔を出した乙女です。
もともとは小鳥の落し物でしょうか。
飾りっ気ゼロでまるっきりかわいくない我が家に、
ひと時、可憐な鮮やかさをそっと差し出してくれます。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2016 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR