金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

南の島のファンタジー

  1. 2015/09/27(日) 17:33:43_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋本番前に、夏の思い出の整理にようやく手をつけました(遅いわ!)

この夏は、友人と3人で、奄美諸島へ旅しました。
(写真は、いっしょに旅した友人が撮影したものです。
カナジ、写真はドヘタなもので)

奄美といえば、青い空、碧い空と海、白く砕ける波! 
南国キターッとなるはずでしたが・・・
飛行機を乗りついてやってきた奄美大島、なんと、雨。
宿泊は、フェリーで一時間弱の加計呂間島の民宿です。
せめてこちらは、晴れてほしいもの。
ところが、雨。
雨がやんだすきに撮った画像。少しは南国気分かな。
     
DSC07632竭竭「竭」_convert_20150927171334


でもね、それがよかったのです。
晴天ならマリンスポーツに興じる人が
歓声を上げているでしょうが、
曇天下、加計呂間島はひっそりと眠っているみたい。
島内、ほとんど人の気配がありません。

小雨のなか、レンタカーで島内一周してみました。
加計呂間島は複雑な海岸線が入り組んでいる島です。
呑之浦という、静かな静かな入り江、まるで北欧のフィヨルドのよう。
     
          DSC07702竭「竭」_convert_20150927170542

ボラがたくさんいて、それを食べるために
イカがやってきます。イカが泳ぐのをナマで見たのも、初めて。
そして、チヌ――黒鯛がゆうゆうとやってきます。

入り江の一番奥は干潟になっていて、点々と白いものが散らばっています。

DSC07718①③ (640x387)
           
なんだろ、ちらちら動いているような? と目をこすっていると、
偶然出会ったガイドボランティアの方が
教えてくれました。
シオマネキでした。その数、数千匹。
生まれて初めて見ました。
シオマネキたちは体長2センチくらいでしょうか。
どれも、片方の大きなハサミを、
のこっ のこっ と、ふりあげています。
求愛行動だそうです。
数千匹の、のこっ のこっ。
目をこらしていると、催眠術にかかりそう。

一回り大きい、赤いハサミのベニシオマネキもいます。

        DSC07721竭竭「_convert_20150927170800
  
       ガジュマルの大木。
                     DSC07791竭「竭」_convert_20150927170948

奄美には、ケンムンという妖精というか妖怪が住んでいて、
ガジュマルを住みかにしています。
たしかに、何か居ついているみたい。

小さな港では、海亀の姿が。人懐っこいコです。逃げません。
わたしを竜宮へ連れてって! 
             DSC07868竭「竭」_convert_20150927170851


この小さな島には、ファンタジーがたっぷり。
マリンスポーツ苦手でよかった。雨でよかった。
こんなにおもしろい景色や生き物に出会えたのですから。

そして、この加計呂間島は「神さまの島」。そんな印象を持ちました。
ここでは相撲がさかんに行われているそうで、
あちらこちらに、土俵があります。
それは、スポーツとしてというより、
神に奉納するためのお相撲です。
集落ごとに、めずらしいお祭もあります。
マリンスポーツ目当ての観光客を受け入れながら、
精神はしっかり神さまと共にあるのでしょう。


スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2015 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR