金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

映像化しちゃダメ

  1. 2015/08/31(月) 16:20:23_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ドラマ「ど根性ガエル」のCG、すごいなあ。
ピョン吉の動きが、リアルではじけてる! 声の満島ひかりもぴったり。
マンガ原作のアニメ、実写は多々あるが、
ここまでクオリティの高い実写だと、ピョン吉を見ているだけでも楽しい。

という前フリとは真逆な本をご紹介。
マンガ化・アニメ化・実写化、すべてNGの本だ。

まず、いわずと知れた古典名作絵本、「てぶくろ」。
エウゲーニー・M・ラチョフ著・福音館
 
             無題

ウクライナ民話の絵本化だ。
もともと、昔話を絵本などの視覚化するのはむずかしいが、
この絵本はいいよね。ロングセラーもうなずける。
「わたしも いれて」とつぎつぎにやってきては、
てぶくろに入りたがる動物たち。
ページをめくるたびに、小さなてぶくろが「キャパ」を増やし、
ドアがついたり窓がついたりし、大きなけものまで受け入れていく。
これは、めくるたびに次の場面という、
絵本というカタチがあればこその楽しさだ。

「フイッシュ」 L.S.マシューズ 鈴木出版

 41P5Q6xAfKL__SX298_BO1,204,203,200_

  干上がっていく水たまりで、きれいな魚を見つけた主人公、タイガー。
  内戦に巻き込まれの避難の旅で、魚を守ろうとするが、その魚はふしぎなことに――。

同じ作者の 「嵐にいななく」 小学館

    フイっしゅ

大洪水のあと、新しい土地へと引っ越したジャックは、
処分されることになった一頭のみすぼらしい馬と出会い、
隣人のマイケルの力を借りて助けてやることに。
最後、そのマイケルは・・・。

L.S.マシューズは、オーソドックスに希望や家族愛、
友情をうたうかに見せかけて、
読者にトラップをしかけてくる。
この2作、実は時代も国もあきらかにしていないし(近未来らしい)、
「フィッシュ」にいたっては、タイガーの性別すら、明かしていない。
最後まで読むと、「こうきたか! やられた~」となる。
まったく、ずるいよ、こんな書き方。
トラップがバレバレになり想像力をそがれるので、この2作は映像化NGだ。

「夜の国のクーパー」 伊坂幸太郎 創元推理文庫

 51vTw994o0L__SX354_BO1,204,203,200_


 目をさますと、しばられてどこかの海岸に打ち上げられていた。
 胸の上に、猫がいて、話しかけてくる。
「僕の住む国では、ばたばたといろんなことが起きた。戦争が終わったんだ」と。
猫が語るのは、その国の不思議な秘密。

これも、映像化したら、即ネタバレで物語が成り立たなくなる。

絵本でしか楽しめない1冊と、
文字でしか味わえない三冊。
だまされたい人はどうぞ。
ハイ、わたしは、だまされるのは大好きです。

スポンサーサイト

亀の鬱憤

  1. 2015/08/23(日) 17:53:55_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 うちの三匹の亀、ほんまに仲悪い。
 水槽に仕切りを作って個室にしてあるのだが、
 水替え&掃除のときは、仕切り板を持ち上げるので、
 このときだけは、他家に訪問できる。
たまには、顔を合わせてもいいかと思ってのことなのだが。

 それぞれが、他亀を見つけること3秒。駆け寄ること2秒。
 オスのガメラやミニラが、メスのキメラに言い寄ること、1秒。
 キメラに振られたオス同士が、ケンカを始めるまでに3秒。
 だれだ、亀がノロいって決め付けたのは?

 先日の水替えのときのバトルはひどかった。
ガメラが、ミニラの首すじに喰らいついたのだ。
ふつうは首をひっこめるから、
こんなにがっつり喰いつかれることはないのだが、
ガメラのスピードが勝っていたようだ。

あわてて、二匹を左右の手でつかみ、引き離そうとしたが、
がちがちに喰いこんでいて、離れない。ガメラよ、おまえスッポンだったのか!
無理にひっぱると、ミニラの首の皮に穴があきそうだ。
ホースの水をビューッとぶっかけたら、ようやく離れてくれた。
まるで猫のケンカだわ。

仕切り板を戻し、三匹を個室へ入れて、やれやれ。
と思ったら、おもしろいものを見た。
ミニラが、ガバッと口を開けては、
水槽に入れてある小石の角に、何度も食いついている!
よっぽど悔しかったのだろう、石で鬱憤をはらそうとしているらしい。
その姿は、中途半端なケンカのあとに
壁や塀をドカドカ蹴っ飛ばす人間そっくり。

DSCF5901_convert_20150823174731.jpg
「くそーーーッ、次は負けへんで」


今日は、キメラの甲羅の抜け殻を見つけた。
古い甲羅が、見事にきれいな形で、すっぽり脱ぎ捨ててある。

な~んて、ウソ。それじゃ、マンガだわ。
亀の脱皮は、甲羅の表面の古くなった角質だけが、
一区画?ごとにパランと薄く剥がれ落ちる。

            DSCF6784+(640x480)_convert_20150823174611.jpg
単3乾電池は、大きさ比較用。

縁起モノです。長寿のお守りです(これもウソ)。
端がちょっと欠けてます。もともとはもうちょっと大きいです。



お盆だったので、こんな物語を。

  1. 2015/08/17(月) 18:07:25_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ご先祖さまのハレの日、お盆が過ぎた。
わたしは核家族育ちで現在も核家族、
お盆の迎え火送り火をやったことがない。
小さいころは、ご近所の玄関先に灯るろうそくの灯りを見て
なんと恐ろしいイベントかと、まじでびびっていたっけ。
だって、あれって、降霊術でしょー?

しかし、自分自身、あの世が近づいてきたせいか、
今では、日本人の死生観が込められた、情緒のある祭礼だなと思う。
茄子の牛や胡瓜の馬もかわいらしい。霊になって乗ってみたい。

子どものころ、笑われるほど恐がりだったのに、
今やすっかり幽霊物語好きだ。

「真夜中の電話」「遠い日の呼び声」ロバート・ウェストール著 徳間書店

逵溷、應クュ縺ョ髮サ隧ア_convert_20150817175425

驕縺・律_convert_20150817213905

それぞれ9編の短編がおさめられ、
「浜辺にて」「真夜中の電話」「墓守の夜」「家に棲むもの」など、
いくつかが幽霊・不思議系だ。
ウェストール描く幽霊は、陰湿ではなく、
生前の人生がくっきりと浮かび上がってきて、存在感が圧倒的。

例えば「墓守の夜」。
ある墓地の墓守のもとへ、毎夜、墓から抜け出した死者が、
話しかけてくる。生前の人生の悩みを語るかのように。
ある夜、比類ないほど邪悪な男が埋葬されると、
この墓の死者たちは団結し――。
さわやかな読後感の恐さだ。

恐くない物語も、すごくおもしろい。「吹雪の夜」など、オススメだ。

「ブラッカムの爆撃機」岩波書店 
                      繝悶Λ繝・き繝_convert_20150817175615


同じウェストールの作品、これも大好きだ。
戦争への悲哀が、恐怖に包まれてせまってきて、心臓バクバク。
 
これらの表紙は宮崎駿監督の絵。とってもいいでしょ。
さすが、児童書大好き、ウェストール大好きの宮崎駿監督だ。
アニメとは違う、詩情のある絵がぴったり。

「モンタギューおじさんの怖い話」「船乗りサッカレーの怖い話」
「トンネルに消えた女の怖い話」  クリス・プリーストリー著、理論社

トンネルに消えた

あえて古典的な書き方がされている三部作だ。
「トンネルに消えた女の怖い話」の舞台は、19世紀のイギリス。
ロバートは初めて一人、列車でロンドンへ。
ふと目を覚ますと、列車は止まっていて、動く気配がない。
ロバートの前にいた白いドレスの若い女性が語るのは、
なぜか子どもたちが酷い目に合う話ばかり――。

一番ヘンテコ感がありグロいのは、「船乗りサッカレーの怖い話」かな。
船乗りというだけで、十分非日常だから、不可思議さ倍増だ。

夏の一日、恐い本を読んでゆっくりゾクゾクしたいけれど、
迫り来る締め切りが、一番の恐怖であります。


愛しの夏野菜たち

  1. 2015/08/08(土) 20:55:00_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 暑いと野菜がうまい。
胡瓜、トマト、茄子という夏の三大野菜が
たっぷり冷蔵庫にあるだけで、夏を乗り切れそうな気がする。
信州の友人が、畑の野菜をどっさり送ってくれた。
三大野菜に、かぼちゃ、ピーマン、枝豆、とうもろこし、
ズッキーニなどなど。
ありがとう、Tマリさん!

これはもう、ラタトュイユの出番でしょう。

                 DSCF6719+(640x480)_convert_20150808204248.jpg

          ラタトゥイユ、大好き。フライパン一杯、一人でも食べられる。
          昼に作って、夕飯用に冷やしておいたので、色があせたのが残念。
 
左は胡瓜の中華風和え物。熱したごま油を、
ジャジャジャーッと冷たい胡瓜にぶっかける。
その音もご馳走のうちだ。

さて、野菜が主役の児童書で、大好きなのは、
まず「トマトさん」田中清代 作・絵 福音館
 
            繝医・繝・convert_20150808204118

          大顔面のトマトさん、迫力たっぷり。

夏の読み語りの定番だ。
暑さで「ぴかぴかのほっぺがいたいくらいになった」トマトさんが、
川に「じゃっぷーん!」
トマトさんも、読んでいるわたしも、
聞いている子どもたちも、
一気にクールダウン。「なんて きもちいいんだろ」

お昼寝前にぴったりです。

「きゅうりの王さまやっつけろ」ネストリンガー作 岩波書店
    
     きゅうり

出版は1987年、もはや古典名作といえるだろう。
きゅうりの王さまが、悪い家来に追放された?
でも、悪いのはどっち? このクーデターは民主化なのか?
社会的な芽と父親との確執、少年の成長を、こんなにユーモラスに、
おしつけがましくない、おもしろい物語にできるんだ! と、
初めて読んだときにカルチャーショックを受けたっけ。

ところで、ズッキーニも王冠かぶってるよね。

ズッキーニの王冠 DSCF6716+(640x480)_convert_20150808204207.jpg
カッパさんではありませぬ。



熱帯サイタマ国の夏の作戦

  1. 2015/08/01(土) 19:22:08_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今や、日本有数、いや世界有数の猛暑地となった埼玉県。
今日も38度越えか。
例年、熱さで脳が溶けるにまかせていたのだが、
今年はいくつか作戦を練った。

作戦1 篭城。
日中は窓もカーテンも締め切る。
それだけで室温の上昇は30度で止まる。
窓を開けていると33,4度になってしまい、
コンクリの箱の我が家は、夜中になってもいっこうに下がらなかった。
昨年までは、「午前三時で33度か・・・」
という夜が珍しくなかったのだよ!

作戦2 扇風機
新しいのを買いました。

           DSCF6712+(480x640)_convert_20150801191352.jpg

普通の扇風機は苦手。
長時間風にあたると、
オバサンの干物ができあがる。
でも、この扇風機「カモメファン」の風は、
とんでもなくキモチいい!
外からの風とまちがえるくらいだ。
カモメの羽の形状に似せて作られた羽が、
わずかなエネルギーで心地よい風を送ってくれる。
この風なら、一晩中かけていても、干物になりませんわ。
電気代もめっちゃ安い。

作戦3 クールカーテン
わたしのパソコン回りは、西日が強く、クーラーかけていても
ジリジリと暑かった。
そこでこの「クールカーテン」を購入。

           DSCF6707+(640x480)_convert_20150801191255.jpg

日射熱を70%、紫外線も92.1%カットしてくれるというもの。
使ってみると、ほんま、トースト焼けそうだった窓が、熱くない!

作戦4 グリーンカーテン
四年目となった「ごうや君」の緑のカーテン、
今年もみっしりと育ってくれました。

        DSCF6713+(480x640)_convert_20150801191635.jpg


作戦5 冷や汁
 宮崎の郷土食だ。
本式には、焼いた鯵をほぐし、いりこダシの味噌汁にいれ、
豆腐や胡瓜、ゴマ、大葉、茗荷などを加えて冷やし、
ごはんにぶっかけるものだそうだ。
わたしは略式に、ノンオイルのツナ缶やサバ水煮缶を使う。
時には納豆を入れたり、余っていたカニカマや漬物をきざんで入れたり。

         DSCF6703+(640x480)_convert_20150801191115.jpg

これをザバザバかっこむと、なんだかハイになってくる。
「よっしゃ! 洗濯だ、亀の水槽の水替えだ!」

さて、猛暑はあと1か月続くかな。
乗り切ろう、日本の夏を。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2015 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR