金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

キメラの一大事

  1. 2015/06/27(土) 18:18:30_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
愛亀キメラ嬢の具合が悪い。
産婦人科系の体調不良だ。

キメラは毎年、5月末から6月いっぱいぐらいにかけて、
2,3回、5、6個ずつ卵を産む(無精卵)。
それが今年は一個も産んでいない。
まあ、23歳という高齢だから卵は打ち止めか――と様子を見ていたが、
食欲もない。
食欲がないなら、やっぱり産卵前なのかな。
毎年、甲羅内が卵でいっぱいになって
1か月くらい食べられなくなるのは通常のことだ。
しかし、今年は「産まない、食べない」がもう二か月近く続いている。
さすがに心配になり、「卵詰まり」かと思い当たる。
キメラの左右の後足の付け根をさぐってみると、
あるある! はっきりと卵とわかるふくらみにふれる。

卵詰まりといえば、最高傑作ファンタジー「獣の奏者」(上橋菜穂子・著)だ。
主人公・エリンの母が飼育係を務めていた「闘蛇」が、
卵詰まりで死んでしまう。その咎を負い、母は……。
(これ以上書くとネタバレ)

                   エリン



えらいこっちゃ! 電車を乗り継いで、
爬虫類を見てくれる都内の動物病院へ。
レントゲンを撮ってもらうと、なんと13個もの卵がびっしり、
甲羅の内側にパンパンに詰まっていた。
「子宮収縮剤を注射しましょう」
人間でいえば、陣痛促進剤だな。

注射してもらって3時間、卵が出た。
さすが、医学の進歩はすごい。
しかし、出たのは12個。残り1個が出てこない。
再びレントゲンを見ると、未成熟で通常の半分もない卵だ。
小さいからといって、放っておけるものでもなく、
やはり出してやらないといけない。
そうしないと体内で腐ってしまうこともあるそうだ。

数時間後に出てくることもある、というので、
ひとまず家に連れ帰る。
「一個残っているとはいえ、さっぱりしたでしょー?
もうごはん、食べられるよね?」
例年だと、卵を産んだあとは、狂ったようにバカ喰いするのだ。

ところが、食べてくれない!
それから5日。
卵はまだ出てこないうえ、食欲もない。2口3口しか食べないの。
「困ったねえ、もう一回、お医者さん行かなくちゃね」
キメラは、力なくうなずいた(と見えた)。

           DSCF6693+(640x480)_convert_20150627180808.jpg


さて、20センチを越えた亀を箱に入れての電車旅、
まだまだ続きそうです。

動物病院の診察券って、なんかかわいい。

    DSCF6687+(640x480)_convert_20150627180631.jpg





スポンサーサイト

児童文芸家協会のイベント、ぞくぞくと

  1. 2015/06/24(水) 22:41:06_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

日本児童文芸家協会のイベントが、ぞくぞくと始まります!
童話展は東京・渋谷、童話塾IN東北は仙台、童話塾IN関西は京都にて。

書きおろし童話展
童話展3

生まれたての童話と、おしゃれかわいい挿絵がいっぱい。6月29日~7月6日まで。

童話塾IN東北
あなたの物語を書こう! 今こそ東北から児童文芸を!
  ただいま受付中です。お急ぎくださいな。

童話塾IN関西
5枚童話で羽ばたこう! 作家による講演及びワークショップと作品合評の分科会
7月10日締め切りです。



チクチク・クラス会

  1. 2015/06/21(日) 13:14:35_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は、小学校のクラス会だった。
幹事のKちゃん、Yちゃん、お骨折りありがとうね。
担任の先生のお変りないお姿と、
今も毎日、教育相談や絵本読み語りに奔走されるに姿勢に感激。
いいおっさんおばちゃんになった、
かつての同級生たちが、キラキラ美しい。

実はわたしは、小・中学校の同窓会出席は、
ハードルが高い。
というのは、小・中学校時代の自分が嫌いだからだ。
うわ~~~っと叫んで地中に穴掘って
地球の反対側に逃亡したいような思い出ばかりだ。

今回も、かなり迷った。
背中を押してくれたのは、変らぬお付き合いをしてくれる同窓生Tちゃんと、
「毎日かあさん」(西原理恵子著・毎日新聞社刊)の1話。

無題


作者の出身地・土佐で30年ぶりのクラス会。
わがままで有名だった子が思いやりのこもったスピーチしたり、
ヒマさえあればケンカしていた子たちが手をとりあって話しはじめる。

「みんないじわるでわがままで自分勝手だった」
「子供だったから」

そうだよね。子供だったんだもの。
いいんだ。

そう割り切って出席したものの、
やっぱりチクチクする。
昔の、ヘンに正義感があって融通きかなくて
イヤミではた迷惑な少女の面影が、
チクチク胸を刺してくる。

いつになったら、このチクチクがなくなるのかな。
一生モノかな。

でも、これこそ、わたしが児童書を好きになった水源、と思いあたる。
子ども時代の自分を好きになりたい。
その思いが、児童書の棚に、パソコンに、手を向かわているのだろう。

チクチクのままでいいさ。それも身のうち。商売道具。
開き直って、次回もレッツ・クラス会?

でもやっぱり、さんざん迷うんだろうな。


モノで見る人類史

  1. 2015/06/11(木) 16:44:23_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
上野の東京都美術館で開催中(6月28日まで)の、「大英博物館展」に行ってきた。

          15-06-03_002+(640x480)_convert_20150611162749.jpg

「100のモノが語る世界の歴史」というサブタイトルどおり、
人類の残したさまざまなモノ――芸術品、祭祀の道具、実用品などから、
人類史を俯瞰できるようになっている。

 紀元前600年のエジプトの棺、縄文土器、100年ころのガンダーラの仏像、
1000年ごろのヴァイキングの宝、1700年ころの柿右衛門の陶製の象、
1900年代のロシア革命の絵皿・・・。

人類の英知ってすごい。
これだけのさまざまな物欲のおかげで、今の人類の生活があるわけだ。
それにしても大英帝国さん、よくもまあ、
古今東西これだけのものを集めたものだ。
収集し、保管し、こうして公開してくれるのはありがたい・・・が、
おどして殺して奪い取ったものも多々あるのだろうな、と
チラリとひねくれてみた。

さて、わたしは、博物館などを訪れると、
「一つだけもらえるとしたら、どれを選ぶか」を考える。
今回は、展示物の目玉である、「ウルのスタンダード」
(メソポタミア:使途不明の宝飾箱。美しい!)、
次点にアッシリアの戦士のレリーフ(シンプルな力強さ)に決めた。
もらえないけれど~。
 
ローマのアウグストゥスの胸像を見ると、
シャンプーハットをかぶせ、湯のれんを下げたくなるのは、わたしだけ? 
ガンダーラの仏像はSMAPの草薙くんに激似。

今回ゲットのガチャ


             DSCF6536+(640x480)_convert_20150611162648.jpg

ルイス島のチェスの駒と、ナイジェリアのイフェの頭像。

このチェスの駒、5センチくらい。
本物は高さ約10センチ。、
最初の画像のどでかいレプリカも、これです。

子どもの本・九条の会と屁理屈政権

  1. 2015/06/06(土) 12:01:45_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
以前にも書いたが、わたしが世の中で一番恐いものは戦争だ。
戦争にはこの世のありとあらゆる悪が詰まっている。

現政権の、屁理屈答弁を聴いているうちに、
こんなフレーズを思いついた。
「嘘つきは泥棒のはじまり、屁理屈は戦争の始まり」

昨日、「子どもの本・九条の会」主催の
「今、平和を。子どもたちが夢をもてる未来へ」展に行ってきた。
「戦争をめぐる子どもの本と原画の展示&お話・ワークショップの五日間」とある。
6月4日~8日まで、池袋の東京芸術劇場B1、アトリエウエストにて。
 
       DSCF6529+(640x480)_convert_20150606115248.jpg


会場に入ってすぐに、戦争を題材にした絵本と児童書の展示。

 DSCF6532+(640x480)_convert_20150606115343.jpg

                              DSCF6531+(640x480)_convert_20150606115202.jpg


壁面には、画家さんの会員による
「戦争なんか大きらい! 絵描きたちのメッセージ展」。
前方には椅子が並べられ、東京大空襲のDVDの鑑賞、
作品朗読や、講演などが行われ、大盛況だ。

絵は、家族との何気ない日常の尊さを描くものや、戦争への恐怖を象徴するもの、
ヒットラーに似せただれかさんが描かれたものなど、見ごたえ十分。
その作品数、なんと62作! 
この一回だけの展示では、もったいない。

これだけの集いを、本業の文筆や絵筆を中断して創りあげてくださった
役員や画家のみなさまの思い、熱いです。ありがとうございます。
展示は8日(月)までありますが、
講演やワークショップは、明日までです。
行かれる方は、お急ぎを。入場は無料です。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2015 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR