金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

いいヒトぶりっこへの罰

  1. 2015/05/31(日) 14:00:54_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
2週間前に「交通事故」に遭った。
見通しの悪い細い路地から、交通量の少ない道路へ一歩踏み出した瞬間、
パシーッとなにかが当たってきて、道路にたたきつけられた。
登校中の女子高校生の自転車が数メートル先に止まっていて、
「だいじょうぶですか」という声がする。
一瞬のうちに頭の中をかけめぐったのは(なぜか大阪弁で)、
①へー、ほんまにチャリに跳ねられるって、あんねんな。
②アンタ、スピード出しすぎやろ! しかも右側走っとったやろ!
 しかし、口から出たのは、
「こっちも、よく確認してなかったから……。ダイジョブよ」 
 それを聞くか聞かないうちに、つったかたーっと走りさっていく高校生。
 ああ~~っ、いいヒトぶってしまった!
たしかに骨折ほどの激痛ではない。
でも、手首やひざはかなり痛く、ズボンは破れ血がにじんでいる。
せめて、「おやあ、ここはあの世かいな?」とかましてやればよかったな。
右手首に湿布、全身5箇所に傷バン。

その5日後、家のなかで軽いストレッチしていたら、
肋骨のあたりから「ピチッ」という音。いたたたた。
まさか、ストレッチで骨折とかありえないだろうから、
ググってみて、肉離れという状態と見当をつけた。
家族には「たいしたことない、そのうち治るよ」
ああ~~っ、また強がってしまったあ。
しかし、腕をのばしたり、あおむけに寝るだけで痛い。
大きく湿布。

さらに三日後、今度は自転車でこけた。
車道と歩道を隔てるブロックに、タイヤをひっかけたらしい。
車道側にズシャッと倒れる自転車。
散乱する大量の図書館の本(返却にいくところだったの)。
折れるココロ。もーいやっ。
わたし、なんか悪いことしました?(いや、どっかでしているかも)
だれか、かまって。せめてチャリを起して。本を拾って。
「けがしました? 歩けます?」と問いかけて。

・・・・・・しばらくうずくまっていたのに、だれもかまってくれませんでしたわ。
初回にいい人ぶった罰か? 二回目に強がった罰か?
自分でチャリを起し本を拾い集め、
「痛いんだってばー痛いんだってばー」と、
どこかのだれかに訴えながら、
よれよれと走り出したのでありました。
ジーンズのひざがまたも破れ、足の甲に湿布、傷バン3箇所。

この三回分の怪我、まだ治っていませんの。
シップ薬に傷バン、大量消費。

    DSCF6528+(640x480)_convert_20150531135509.jpg

人生、ままなりません。

スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2015 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR