金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

考え行動するヒロインは、昔々から?

  1. 2015/04/26(日) 15:49:54_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ディズニーのミュージカル映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を観た。
「赤ずきん」、「シンデレラ」、「ラプンツェル」、「ジャックの豆の木」という
グリム童話の人気物語を、うまく絡むようにアレンジし、
さらにこの四つの物語の“アフター・ハッピーエンド”、
つまり「めでたしめでたし」のその後を描いている。

         ウッズ
            画像は、同映画HPから。

なかなかおもしろかった。
パロディというよりも、四つの童話の骨子をうまく織り交ぜ、
新しい建造物となっている。
それを繋ぐのは、このところの潮流どおり、
考え、行動してこそヒロイン、という女性観だ。
シンデレラも赤ずきんもラプンツェルも、
がんばっていましたよ。

ところで、グリム童話やフランスのペロー童話で
一番有名なのは、なんだろう。
「赤ずきん」「シンデレラ」、「白雪姫」「眠り姫(いばら姫)」あたりか。
「オオカミと7匹の子ヤギ」「ヘンゼルとグレーテル」
「ジャックと豆の木」「ブレーメンの音楽隊」も入るかな。
「ラプンツェル」は、日本における知名度では次点かもしれない。

この「赤ずきん」「シンデレラ」、「白雪姫」、「眠り姫」の四話、
ヒロインは美しく、あるいは可愛らしいが、
あまり賢くなさそうだ。アホではないにしても、特に何もしない、できない。
わたしは、子どものときから、実はそれが不思議だった。
「可愛い」「美しい」というだけで、そんなに価値があるのか? と。
そう思った女のコ、きっとたくさんいたに違いない。

なのに、世界中で、この何もしないヒロインが昔から
人気なのは、なぜだろう。

もしや昔々から、娘たち女たちの人生において、
意志決定の幅は、われわれが想像するよりも、
広かったのかもしれない。
とうの昔から、自分で考え行動していたのかもしれない。
江戸時代の女性たちが、イヤな亭主とさっさと離縁できるように
あらかじめ三行半(みくだりはん)を取りつけておいたり、
田舎のかみさんが一人で伊勢参りに出かけたり、
学校の授業で教えられていたよりも、ずっと自由であったように。

もちろん、意志決定の結果、失敗も堂々と引き受けなければならない。
辛いことも多いだろう。
それだからこそ、何もしないのに「めでたしめでたし」となる
ヒロインにあこがれたのではないかな。
こんなん、楽でええなあ、と。

ところで、映画のなかで、わたしが一番気に入ったのは、
ちゃっかり者の赤ずきん。
ちょい役のオオカミはジョニー・デップ、さすがに濃い存在感だ。
パン屋のあるじも温かな庶民代表で、
顔がいいだけの二人の王子さまと好対照でしたわ。

スポンサーサイト

悲しい雄亀のサガ

  1. 2015/04/20(月) 20:35:18_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
亀の季節がやってきた。

うちの三匹の亀は、動物園のように、
運動場と寝室、二つの居住スペースを持っている。
そのどちらも、一匹ずつの「個室」だ。う~~む、贅沢。
我が家の人間よりも、恵まれているぞ。
朝、室内の個別の水槽(寝室)でごはんをあげたあと、
ベランダの大きな水槽に移す。
夜、ベランダから室内水槽へ戻して、オヤスミナサイ。

入れたり出したり、けっこうな手間だし、水替えもかなりの労力がかかる。
でも、20センチを越えた亀を
室内の水槽に一日じゅう入れておくのは、かわいそうだから、がんばるしかない。

11月から3月までの「亀閑期」は、エサを食べず、動きもにぶいので、
寒い屋外には出さず、室内の水槽のまま春を待つ。

ベランダの水槽は、手作りだ。ホームセンターで板を買ってきて、
壁というか、ワクを作り、防災用の厚手のブルーシートをはって、水を入れたものだ。
板で三つに仕切った集合住宅。
      
                     DSCF5628+(800x600)_convert_20150420202002.jpg

ほんとうは個室にしたくないんだけど~。
三匹が仲良く、積み重なったり寄りかかったりして、
甲羅干ししているところが見たいんだけど~。
残念ながら、実はこの三匹、仲が悪い。
まず、オス同士が最悪だ。いっしょにしておくと、100%ケンカになり、
噛みつき合いが始まる。
では、メスのキメラ嬢と男子ならいいかというと、やはりダメ。
男子のガメラもミニラも、キメラを追い回す。どうやら、交尾をせまっているようだ。
……悲しい男のサガ?
ところが、キメラは男嫌い。オスが近づくと、前足で払いのける。
あまりしつこいと、噛む。
噛まれたオスは、ときどき逆ギレして、キメラを噛み返す。
つまり、どう組み合わせても、流血の大惨事は必至なのだ。

亀はのんびり、平和的友好的――と思っていたアナタ、
イメージ壊してすんません。
そう、亀はけっこう動きが早いし、
カミツキガメでなくても、そこそこ好戦的なのですよ。

            2009,7+001_convert_20150420202330

 おや、頭はどこ? 甲羅からにゅっと突き出ているのは、後ろ足。
頭は画面の下のほう。ちょっと引っ込めてます。
珍しいポーズでひなたぼっこ。

鹿見風邪?

  1. 2015/04/12(日) 18:34:46_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
三月終わりにひいた風邪の後遺症で、体調は回復したもののまだ声があまり出ません。
それにしても、風邪ウイルスって、よーく人間を観察していますなあ。

ウイルスが取り付いたのは、3月28日の午後、奈良公園でのことでありました。

この日のぽかぽか陽気に浮かれ、バスを途中下車して、
鹿ちゃんウオッチングしながらてくてく歩きました。

     DSCF6483+(640x480)_convert_20150412181420.jpg

わたしにしては、上手に撮れた鹿ちゃん。

                    DSCF6484+(640x480)_convert_20150412181533.jpg

              春日大社から興福寺へ向かう途中にある、
              奈良国立博物館・仏教美術資料研究センター。趣のある建物です。

汗ばんできたので、ジャケットを脱ぎ、
途中のベンチでお茶を飲み持っていたお菓子を食べ、
文庫本を広げているうちに、居眠り。
途中で「風邪ひいたら困るから、せめてジャケット着よう」と
賢いカナジの声。しかしぼんくらカナジが、のんきな声でいったのです。
「いいよ~。あったかいし、今月はもう締め切りも出かける予定もないもん。
今はこの快さに心ゆくまで浸っていようぜ」
で、30分もベンチでうたた寝。ウイルスは、そのスキを見逃しませんでした!

今月はもう締め切りも外出予定もないといったって、
3月は残り3日しかないのに!

案の定、パソコンには、奈良行きの前に提出した原稿の直しがバンバン届いていて、
4月1日から4日連続外出する予定があり、その翌週も気の張る用事が目白押し。
結果、熱とだるさとめまいで、ほとんどの予定をキャンセルするはめになりました。
原稿の直しだけは、なんとかクリアできましたが。

一年に二回くらい、こんなことがあります。
ウイルスが賢すぎるのか、学習しないわたしがアホなのか?
 
                            DSCF6478+(640x480)_convert_20150412181327.jpg

                 関西のアイドル僧・行基さんの像(奈良公園ではありませぬ)。聖フランシスコみたいやね。


北陸回りで埼玉から奈良へ

  1. 2015/04/07(火) 16:51:08_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
10日も前のことだが、北陸新幹線に乗ってきた。
行き先は、奈良――??? 
埼玉県の我が家からだと、東海道新幹線で東京から京都へ行き、
近鉄線かJR在来線で奈良、というのがフツー。
でも、乗りたくってさー。あの青いアタマのきれいな乗り物に。

DSCF6461+(640x480)_convert_20150407163859.jpg

大宮から、北陸新幹線で金沢まで二時間程度。速っ! 揺れない。静か。
途中、右手に富山湾、左手に立山という、絶景まっただなかを走る。
関東平野の真ん中の、のっぺりしたところに住むわたし、
これだけでもありがたくて、海山同時に拝みそうになる。

うわさのグラン・クラスのドア。一目見て逃げ帰ったド庶民です。

DSCF6462+(640x480)_convert_20150407163941.jpg

金沢で在来線の特急の「サンダーバード」に乗り換え、京都へ。
金沢滞在14分の間に、お弁当を調達。
大友楼「加賀の四季」

加賀らしい、雅なお弁当だ。
ごぼうと人参を高野豆腐でまいて、
さらに干し椎茸を載せてまとめて干瓢でしばる、
どいう丸めた柔道着のような煮物を楽しみつつ、
唐揚にはしをのばすと……グニャリ。
異様に柔らかい。揚げ物ではなく、鶏肉の煮物らしい。(写真では、花がっぱみたいなかまぼこの下)
口に入れると、グダグダとくずれて濃い旨みが口に溶けていく。
煮てほぐした鶏肉を、ひとまとめに団子状にしたもののようだ。

DSCF6468+(640x480)_convert_20150407163649.jpg

後日、加賀名物の治部煮と判明。
煮てからほぐすタイプのものであるらしい。  

帰りは、普通に京都から東海道新幹線で帰ったが、
心残りが一つある。淡路屋のお弁当を買えなかったこと。
関西の友人に教えてもらい、
京都駅で買うつもりだったのだが。
京都発が3時ごろになりそうなので、
あきらめて奈良駅ビルのフツーのスーパーで、
フツーのお弁当を買ってしまった。
「みやこ路快速」のなかでお弁当を広げると、
やや、またしてもお目にかかったことのないものが!
イカナゴのくぎ煮だ。関西ではポピュラーだなものそうだか、
関東人には馴染みがうすい。あっさり目の醤油味で、
名前に反してふっくら柔らかくおいしかった。

調べてみると、イカナゴは、コウナゴと同じものであるそうだ。
え~~~っ、コウナゴって、
こっちでは大型の縮緬ジャコみたいな、カッチリ固いものだぞ?
同じイキモノだったとは! 

狭い日本だが、東西文化の違いはまだまだ健在だ。それがうれしい。


絵本と童話のいままでとこれから

  1. 2015/04/02(木) 21:18:27_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしが所属する「一般社団法人日本児童文芸家協会」が、
創立60年となりました。
子どもの本が好きで好きでたまらない、という人たちの志が
つながって60年。
これからも子どもたちの未来へ向けて書き続けていくことでしょう。
お時間ある方は佐藤美術館での記念展をのぞきにいらしてください。
カナジは4階フロア、「未来」にて、
なかむらしんいちろうさんの超イケているイラストをそえた、小さな童話で参加しています。
4月12日まで、入場無料です。(写真はすべて、日本児童文芸家協会HPの、転載可のギャラリーから)

ポスターimg20150330041811290569

5階フロア「現在」 会員作家の絵本原画展

img20150402002143415404ruko.jpg


4階フロア「未来」 会員作家の新作短篇童話と挿絵展
 
img20150401234352198299 4

3階フロア「過去、そして現在」 この60年間の児童文学の歩みを展示。貴重な資料がいっぱい。

img20150401230105192881.jpg





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2015 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR