金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

麹菌に愛を込めて

  1. 2015/01/27(火) 21:24:39_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今、我が家は空前の味噌ブームとなっている。
愛知県在住の友人から、味噌かつ用のお味噌をいただいたのだ。
わたしは、とんかつやフライにはソースはかけず、
塩とレモン汁だけで食べることが多い。
だから、このおみそ「つけてみそ かけてみそ」も、
おいしいのかな?と疑いつつ、とんかつを揚げ、かけてみた。

おいしかった~~! 味噌の味が深い。
甘すぎることもなく、だんぜん、ソースよりもおいしい。
おミソれしました。
お豆腐や野菜スティックや、揚げ茄子でもいけそうだ。
メーカーさんのHPを開いてみたら、こんなコピーが。
「どんなものでも名古屋の味に変えられる名古屋人なら知らない人はいない一品です。」
うふふ、リキ入ってますな。名古屋人のソウルフードですね。

                  DSCF6268+(640x480)_convert_20150127172023.jpg

写真右。こんな、ケチャップやマヨネーズのような容器で売っているなんて、
関東では見たことがないな(使いかけのチューブの写真、しょぼくてスミマセン)。

先日、取材で沖縄へ行ったとき、食べたおにぎりの中身に
甘い味噌が入っていて、びっくり。
沖縄の伝統食品、「油みそ」だ。
コクのある甘味がおいしい。
ご飯のお供のほか、これもお豆腐や野菜に合いそうだ。
七十年前、沖縄戦のとき、避難した住民は油味噌と黒糖で
命をつないだという。

もともと我が家に常備しているお味噌は、信州味噌と八丁味噌。
八丁味噌は、料理の隠し味に使うことが多い。
何に入れるかって?
ビーフシチュー、ビーフストロガノフ、カレー、
デミグラスソースに加えてハンバーグソース、
麻婆豆腐、肉そぼろ、ミートソース、などなど。
おいしいですよ~。ぐっと味わい深くなる。
コツは、調理の早い段階で加えること。
後から加えると、お味噌の味が強く残ってしまう。

味噌、醤油という、日本の調味料の主役は、ともに
麹菌、乳酸菌を主とした発酵食品だ。
菌ちゃん、ありがとうね。あなたたちのおかげで、
日本人が元気です。
  
      DSCF6273+(640x480)_convert_20150127172059.jpg

わたしのコレクションから、マンガ「もやしもん」の、麹菌(左)と乳酸菌のマグネット。らぶりー?

スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2015 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR