金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

江戸散歩日本橋、「まよひ子のしるべ」

  1. 2014/11/30(日) 17:00:28_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋の一日、お江戸小散歩へとくりだした。
行き先は、日本橋。江戸時代の五街道の起点であり、
今も百年以上の老舗が並ぶ界隈だ。
まず最初に「金座跡」、江戸時代の金貨鋳造所跡に向かった。
ハイ、今の日銀本店であります。

    DSCF6099+(640x480)_convert_20141130164256.jpg

現在の建物は明治29年建設のもので、重要文化財となっている。
建物の中の見学は、予約制とのことで外観しか見れず、わりに筋向いの貨幣博物館を見学した。
ここでヘンなものをおみやげに。一万円札を模したあぶら取り紙だ。

                             DSCF6130+(640x480)_convert_20141130164702.jpg


お札のデザインにあんまり似てない! 笑える~。 でも、リアルに似せるわけにはいきませんな。

さて、昼食は老舗「紅葉川」で辛味大根のお蕎麦と決めていた。
辛味大根は、普通の大根よりも水分が少なく辛味が強く、
お蕎麦にぴったりだ。
わさびは不要、なので、あとの蕎麦湯がうまい。
蕎麦湯にわさびって、どうも合わない気がするのはわたしだけかな?
お蕎麦は文句なくおいしいし、
辛味大根は以前に食べたものよりも辛さがマイルドで、
全部おつゆに投入してちょうどいいかげん。
さらに感動したのが、添えてあった揚げ玉だ。
ごま油で揚げてあり、歯ざわりもサクサクでうれしい。

               DSCF6104+(640x480)_convert_20141130164612.jpg


おなかがちょうど良く満たされたので、
いよいよ本日のメイン見学地、「まよひ子のしるべ」へ。
これは、一石橋のたもとに今も残る、江戸時代の迷子の情報の掲示板だ。
石の正面に「まよひ子のしるべ」と彫り付けてあり、
左側が「たづぬる方」(尋ねる方)、いなくなった子どもの特徴を記した紙を貼る。

 DSCF6094+(480x640)_convert_20141130164523.jpg

右側が「しらする方」(知らせる方)で、保護している迷子の特徴を書いた紙を貼る。 

                    DSCF6095+(480x640)_convert_20141130164441.jpg


いなくなった我が子を探し回る親たち。
もちろん、長屋の連中や大家さんも駆け回る。
さがしあぐねて、ふるえる指に筆を持ち半紙に向かう
江戸のおとっさんおっかさんたち。
一石橋のたもとに紙を貼ることに望みをたくして。

その実物がまだ残っているのを知ったのは最近のことだ。
残っていたなんて――。
日本橋があのうっとうしい首都高の下で日陰者にされたのに、
こんなささやかな標が、ちゃんと保存されていたなんて。

こういう石標や石は、あちらこちらにあったらしく、
宮部みゆきが小説にしている。タイトルもズバリ「まいごのしるべ」。
短編集「幻色江戸ごよみ」の一編だ。

       510Y8DZJQ1L__SL160_.jpg


江戸好きにはたまらない短編集ですわ。

そうそう、日本橋のたもとで、「日本橋上の首都高の移転」の署名運動をやっていたので、
しっかり署名してきましたよ。

          
スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2014 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR