金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

いっしょに楽しんでね、大人諸君!

  1. 2014/11/20(木) 19:30:05_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は、地元の小学校の、年に一度の全校おはなし会でした。
授業を,わたしが所属する読み語りボランティアグループに
委ねてくださるのです。
二時間目は低学年、三時間目は高学年、
すべてのクラスに、各クラス二名ずつボランティアおばさんが入り、
素話(読まずに、すべて覚えて語る)と絵本の読み語りを、がっつりやります。

わたしは二年生と四年生を一クラスずつ担当し、
相方の素話が三つ、それにわたしが絵本を3冊ずつ、という構成でした。 
わたしは素話はやらない(できない!)のですわ。
  
絵本は、《鉄板》、必ず子どもたちが喜ぶものからチョイスしました。
一年生では「がまんのケーキ」や「ざぼんじいさんのかきのき」を。

         350_Ehon_29255.jpg

                       350_Ehon_3336.jpg

四年生では、「なにをたべたかわかる?」や「ケチルさんのぼうけん」を。

          350_ehon5130.jpg

                  350_ehon10222.jpg

子どもたちは、素話も絵本も、よーく楽しんでくれて、
笑顔とキラキラ目に、おばさんたちの心はほかほか。エネルギーをもらえます。

 実は、おはなし会には、盲点があります。
それは、大人の動向。
子どもたちと同じ空間にいる大人、
学校の場合は先生、放課後児童クラブなら指導員、
図書館でならいっしょに来たパパママなど。
これらの「大人組」のようすが、意外なことに重要なのです。
「大人組」が、子どもたちと共に楽しんで、くつろいで笑っていると、
子どもたちの笑顔が二倍になります。
リラックスできるのでしょう、
おはなしの世界への入り方がぐっと深まるようです。
ちょっとコワ目の先生や、口うるさいママが、
ドジな男の子の話で笑ったり、
魔物に食べられかけた女の子の話にドキドキしたり。
そういう姿が、子どもたちにはうれしいんですよ。
大人が、自分たちといっしょに楽しんでいる――
それは、いっしょに遊んでいる、という感覚なのでしょう。

お友達作家の野村一秋さんの低学年向きの物語、
「しょうぶだ しょうぶ!」を思い出しました。

           350_Ehon_90980.jpg

ネタばれしちゃうので、詳しくは書けませんが、
先生と勝負することになったイサムくんが、
先生に突きつけたある願いに、大納得でした。
子どもたちは、同じ土俵に上がってきてくれた大人が
大好きなんだなあと思います。 

《子どもたちがボランティアおばさんに絵本を読んでもらっている間に、
他の用事を片付けちゃおう》
その気持ちは大人として、よーくわかりますがね。
あえて言おう、「いっしょにおはなしを、絵本を楽しんで!」
損はさせませんぜ。
(画像は『絵本ナビ』さんからお借りしました)
スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2014 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR