金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ありがとう、ごうや君

  1. 2014/09/26(金) 11:13:55_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このままじゃいけないってことは、わかっている。
名残おしいけれど、そろそろサヨナラしなくちゃ。
切ないけれど、断ち切らなくちゃ。

植木ハサミを手にベランダに出て、
さあ、勇気を出して、決別しよう。

ひと夏の涼風とビタミンを与えてくれたあなたに、
愛と感謝をこめて、チョッキン。

「ゴーヤ終い」をしました。
ゴーヤの茎を根元から切って枯らせるという、わたしの一番嫌いな作業です。

9月なかばには、緑色は全体に褪せ、
下のほうの葉っぱは黄色くなっていましたが、
まだまだグリーンカーテンとして役に立ってくれていました。
それなのに切ってしまうのは、
どうにも腰が退けます。
……が、このまま置いてじわじわと枯れ、腐っていくのを
見ているのも辛いし、
いさぎよく切って枯らしたほうが、後片付けが楽です。
切り口の直径は、ほんの1センチ。
この細さで、あれだけのツルと葉と実への活力を注いでくれたなんて、
ますます愛おしい……。

花瓶の切花も、いつ片付けたらいいのか、迷います。
まだ咲いている、だいじょうぶ、
花びらはちょっと艶がなくなってきたけれど、十分きれい。
片付けは明日にしよう。
そうやってずるずる引き延ばし、
かえって無残な姿をさらさせてしまいます。
かといって、色香が残っているうちに捨てるのはしのびない。
今の今まで部屋で呼吸し、部屋を彩ってくれていた「生き物」を
ゴミ袋につっこむのは、後生が悪くて……。
わたしはめったに花を飾らないのですが、
この思い切りの悪さが、花屋さんへの足を遠のかせてるのかもしれません。
――いやー、カッコつけてしまった。ほんまはただの不精です。

ベランダの天井まで茂り、Uターンしてぶら下がってきたほど。
今年は天候不良でしたが、よく茂ってくれました。

            DSCF5909_convert_20140926110432.jpg


ゴーヤの最後の実は、ゴーヤ入りチャプチェで味わいました。
濃い目の味付けが合います。

                                 DSCF5914_convert_20140926110601.jpg

スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2014 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR