金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

元カレに会いに

  1. 2014/08/30(土) 13:23:27_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 元カレの「絵」を見かけると、胸の奥が今もキュンとします。
そのカレの美術展が練馬区で開催されている知り、
いそいそと出かけてきました。
カレとの出会いは、10代のころ。
この美術展で、あのころのカレへの思いを
確かめようと思いました。

……で、出かけた先は「あしたのジョー、の時代展」です。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/joe2014.html

DSCF5890_convert_20140830122320.jpg



美術展は、マンガ連載時の昭和四十年代に活躍した芸術家たちの軌跡を、
「あしたのジョー」をキーワードに振り返るというもの。

わたしはその芸術家たち(土方巽や秋山祐徳太子)を知りません。
社会としてのあの時代、という感覚もありません。
ただ、ジョーに恋していただけ。
わたしにとっての「ジョーの時代」は、思春期とかぶっています。
めちゃくちゃで、自分でもわからんちんになっていた自分の内面を、
取り繕ったり整理したりするのに
エネルギーを使い果たしていました。
自分を嫌い、もてあましていたあの頃のはけ口が、
ジョーだったのかもしれません。

乏しい小遣いで、「あしたのジョー」単行本を
全巻買い揃えていましたが、
実家を離れるときに処分してしまいました。

                         無題

飽きたのでも思いが褪せたのでもなく、
カレの存在が、時代とともに古びていくのを見たくなかったのでしょう。

美術館には、ちばてつやさんの原画がたくさん展示されていました。
長いことマンガを読み返していなかったのに、
原画を一瞥しただけで、すらすらとシーンがよみがえったのには、驚くほど。
セリフも絵柄も、頭のなかにきっちりと保存されていました。
その絵やフキダシの余白のそこかしこに、
親とぶつかりまくっていた目つきの悪いぎすぎすした女の子が、
今も「ほっといてよ」と息巻いていました。

実は、わたしはデビュー時にペンネームを考えてました。
それが「矢吹明日実」(笑ってください……)
「あの頃」のめちゃめちゃな不安定な心と、
それに比例するように萌えた?二次元恋愛の感覚を、忘れないでいたい。
そんな思いで考えたペンネームでした。
結局は今も本名のままで、幻のペンネームに終わったのですが。

「あの頃」の思い、忘れてはいなかった……。
それを確認できた、ちょっと甘酸っぱい晩夏の一日でした。

「あしたのジョー、の時代展」チケット。
切り取り線からジョーのすがたを
切り離して立てるとこうなりました。わーい!

  DSCF5893_convert_20140830122534.jpg

スポンサーサイト

正直モノです②

  1. 2014/08/25(月) 14:18:27_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
地元小学校の放課後児童クラブのおはなし会に、行ってきました。
市内のおはなしボランティアグループに所属しているので、
月に3回ほど、「おなはしおばさん」としての出番があります。

夏休み中のこの日、えらく暑い日でした。
快晴で風がなく、外気温、39度! 
この放課後クラブでのおなはし会は、一年生だけが対象です。
30人ほどの一年生は、あまりの暑さに外遊びができなかったようです。
元気があまってやけっぱちのように騒いでいる男子が数人いて、
そのほかの子はどちらかといったら、だらりんことしています。
無理ないよねー。
おばさんだって、「くそっ、太陽引っ込め!」と毒づきたいくらい。

おはなし会は、たいてい二人一組で担当します。
まず、相方が福音館の「かがくのとも傑作集」から
『やぶかのはなし』(栗原毅 文・長新太 絵)。

やぶか

身近な蚊の生態に、子どもたちがひしっと食いついていて、見ていて気持ちイイ! 

次に、相方のストーリーテリングで「ヤギとライオン」。
そのあとがわたしの持ちゴマです。
わたしは、ストーリーテリングはやらない(できない!)ので、絵本のみ。

 子どもたちの前に座ると、最前列の女の子が、「おならの本、持ってきた?」
『ぴっけやまのおならくらべ』(かさいまり作、村上康成絵、ひさかたチャイルド)のことです。

         ぴっけやま

 この本、先月読んだところ、とっても気に入ってくれて、
「次も持ってきてね」とリクエストがかかっていました。
こういうリクエストはうれしいものです。
読み始めると、結末がわかっていても、いいえ、わかっているからよけいに、
短い文章とシンプルな絵をじっくり味わえたようで、
みんなおちついて大笑い、という感じでした。
「(おならを)がまんするなー」と、大声で茶々を入れ続けた子だって、
ちゃんとこの世界に浸って楽しんでくれたようです。
それが一番、茶々なんてどうってことないわー。

さて、次の絵本はなににするか。ここが思案のしどころです。
心づもりでは『ちょろりんととっけー』(降矢なな作・絵 福音館)を
読むことにしていました。この本を読むなら、夏休みでなくっちゃ!  
しかし、この物語はちょっと長め、メインデッシュになる本です。

                      ちょろりん

内容のおもしろさと絵の素晴らしさには自信があるけれど、
この日は子どもたちのコンディションがいまイチ。
「やぶかのはなし」で集中力を使い果たしてしまった気が……。

心を残しながら、ドタンバで変更しました。
替わりに取り出したのは「かようびのよる」(デヴィット・ウィーズナー作・絵 徳間書店)。
 
                                     かようびの

文章はほとんどなく、絵で語る本。
子どもたちの視線は、不思議なカエルたちの絵に釘付けです。
ラスト、一人の子が「今度はブタが~~!」。
うれしい、そのことば、言ってほしかったのよ。

最後の本については、指導員さんからあらかじめ希望が出されていました。 
このあとお昼寝タイムなので、「眠くなるような絵本がいいのですが……」とのこと。
そこで、「あくび」(中川ひろたか作 飯野和好絵、文溪堂)。
 
 あくび

これはおもしろいのに、まじ眠くなる絵本です。
大きなあくびのシーンがくりかえし出てくるので、読んでいるわたしも、
絵本のなかのあくびなのか、自前のあくびなのか、
フワ~~~~と夢見ごこちに……。
読み終わると、わたしも子どもたちも、いい感じに脱力していました。

子どもたちの反応しだいで、読む絵本をチェンジするのは、
ほんとうに難しいことです。
「せっかく練習してきたんだから」「この季節にぴったりだし」
「この年齢の子にぜひ聞いてほしい内容だし」などと、
オトナの意地?で読んでしまうと……子どもは正直モノです。
騒がれたりぼけ~~~っとされたりして、
おのれの未熟さと柔軟性のなさを思い知ることになります。






茗荷あれこれ

  1. 2014/08/19(火) 15:54:16_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:1
  4. _ comment:0
茗荷をどっさりいただいた。
友人が、庭に自生しているものを摘んで送ってくれたのだ。
炎天下、この量を摘むだけでも汗の量が推し量れるというもの。

DSCF5871+(640x480)_convert_20140819153348.jpg

茗荷好きだ。それは死んだ父譲りかもしれない。
酒飲みであった父は、夏になると、
ざく切りにした茗荷にしょうゆをかけたものをつまみに、
ウイスキーを飲んでいた。
サントリーレッドが広まった時代で、
大型のタンブラーになみなみ注いだウイスキーを、ストレートでやっていた。
わたしは、だまって茗荷をつまみ食いする。
無口な父は何もいわないが、母にはよく、
「子どものくせにこんなものよく食べられるね」といわれたっけ。
ひりひりといがらっぽいような味は、たしかに子ども向きではないが、
クセになる刺激だった。
さぞ飲兵衛になるかと親たちから心配されていたが、残念ながら下戸に育った。
なのに居酒屋メニューが好きなのは、このあたりにルーツがありそうだ。 

これだけたくさんの茗荷があると、料理の主役に抜擢できる。
まず、ゴーヤを茗荷に換えた、茗荷チャンプルー(ゴーヤとちがって、色が地味)

DSCF5879+(640x480)_convert_20140819153519.jpg

茗荷の天ぷら。DSCF5880+(640x480)_convert_20140819153611.jpg


茗荷どっさりぶっかけ蕎麦(海苔や大葉の雑な切り方に、わたしらしさが!)

DSCF5873+(640x480)_convert_20140819153702.jpg



そして梅酢漬けと味噌漬けに。
有機栽培の梅酢で作る梅酢漬けは、
甘みを加えないのでまろやかとはちょっと遠い味だが、
これがやっぱり、クセになる苦酸っぱさで、ご飯が止まらない危険食品となる。
 
              DSCF5883+(640x480)_convert_20140819153146.jpg


かくして、毎年食欲不振に縁のない夏を過ごせるのは、
茗荷を送ってくれる友人あればこそ。ありがたいことです。

そういえば、20年ほど前にわたしがバイトでランチを作っていた
児童書専門店兼小さな喫茶店は、文京区の茗荷谷にあったっけ。
「ピッピ」という店で、ここのスタッフだったことは、
今もわたしの誇りだ。
当時の仲間には、絵本作家の早川純子さん、田中清代さん、
なかむらしんいちろうさんなども。
ピッピのみなさん、お元気ですか?




どうにも人間が古くってねえ。

  1. 2014/08/13(水) 20:34:37_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
      木曽へ小旅行してきました。
      泊まったのは、中山道宿場町として江戸時代から栄えた奈良井宿です。
     
               DSC04668竭」_convert_20140813202812

      中仙道には69の宿場がありますが、
      木曽路の宿場だけで11もあったそう。それだけ道が険しく、
      また交通の要所でもあったということなのでしょうか。
      わたしが住んでいるのも中山道ぞいなので、
      繋がっている感があり、なんかうれしい(ド単純)。
      宿泊したのは、「伊勢屋」という旅館で、
      文政元年(1818年)創業の旅籠ですって。
     
            DSC04563竭「竭」_convert_20140813181912


      ウナギの寝床のような造りの古い家屋といい、黒光りする廊下といい、
      そうよ! こんなところに泊まってみたかった! 
      と膝を打ちたくなる宿でした。
      食事も、山菜や川魚など、地場のものを生かしたおいしい料理で、
      体のなかからキレイになる感じです。

      翌日は、塩尻の「小野家住宅」を見学しました。
      江戸時代からの塩尻宿の旅籠で両替商も兼務していたそうです。
      昨年、五年がかりの修理が終わったところであり、
      座敷など美しく再現されていました。
      壁の桜の板絵に江戸の昔のにぎわいが目に浮ぶよう……。

          DSC04815竭「竭」_convert_20140813202959

    (写真はすべて、いっしょに旅した友人が撮影したものです。わたし、写真ドヘタですので)

     「昔」を懐かしむ、それも自分が生きていた時代より
     はるか昔に思いを馳せるというのは、
     なんと贅沢なことなのでしょう。
     今日明日の暮らしを回すのにせいいっぱいだったら、
     昔は単なる過去でしかありませんから。

     ふと考えました。古い地を観光するというのは、
     いつから始まったのかな?と。
     江戸時代、物見遊山やら伊勢参りは盛んでしたが、
     「昔を見に」行ったわけではありません。
     あくまでも「現代の名所」だったはず。
     明治期以降は、江戸の文化をぶっこわしていましたし、
     神社仏閣に詣でることは多くても、
     いにしえ人の時代の空気を感じ取りたい、
     というのではなかったと思います。
     ということは、戦後からわずか数十年の「流行」なのでしょう。

     科学が急速に発展し世界がグローバル化したこの時代。
     アタマや心が変化についていけず、
     モラルや良心の規範をどこに求めたらいいのかわからない。
     そんな不安を無意識にも抱えている人は多いのでは。
     わたしも、もちろんそのなかの一人です。
     古い町の空気を吸うと、その狂ったバランスがひととき、回復するように感じます。

     「今」って、そんなにいいのか? 打ち捨ててきた過去に、
     むしろ滋味がたっぷり詰まっていたのではないのか。
     前ばかり向き、大きいこと強いことばかり求めてきたけれど、
     それってほんとうに楽しいのか美しいのか、心地よいのか? 
     子孫に自信を持って残せるのか?
 
    6日、ヒロシマ。9日、ナガサキ。そして15日は終戦の日、そしてお盆。
   心をしんと静めていたい一週間に、そんなことを考えてみました。
                   

「給食の先生」へのあったかエール

  1. 2014/08/07(木) 20:25:21_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今の学校給食は、とってもおいしいらしいですね。
子どもたちの好みを取り入れたバラエティに富んだメニューは、
もちろん栄養バランスもばっちり。
天然ダシを使ったり、旬の食材や地場産の素材も取り入れ、
見た目にも美しく、ひと昔の脱脂ミルク世代とは大違いのようで。
給食が楽しみで学校へ行く子も多いと聞きます。
同じ献立を同じ仲間と何年にもわたって、いっしょに食べるのですから、
学校給食はまさに同じ釜の飯。
そんな給食を支えているのは、給食調理員さん、そして栄養士さんです。

友人の光丘真理さんの新刊、「給食室のはるちゃん先生」(佼成出版社)は、
小学校給食の栄養士を長年努められた関はる子さんが主人公です。
給食の先生の物語って、ありそうでなかったかもしれません。

はるちゃん


「はるちゃん先生」は、食べるのが大好き、食べてもらうのも大好き。
あふれるほどの愛情を全開にして工夫を重ね、
子どもたちにおいしく給食を食べてもらおうとします。
    栄養の知識を楽しくわかりやすく伝えるためにパネルシアターを作ったり、
    「給食室たんけん隊」と称して調理室を案内したり。
    はるちゃん先生は常に子どもたち目線です。それがとってもあったかいのです。
    こんな栄養士さんのいらっしゃる学校の子どもたちは、幸せです。
    全国の給食の先生、調理員さんに心からエールを!

    本文や、表紙裏のイラストは、絵の上手なはるちゃん先生ご自身によるもので、
    これがまたとっても楽しく、本全体を生き生きとオシャレにしています。
    作者の光丘さん自身たいへんな料理上手だけあって、読むとおなかがすいてくる?
    「子ぎつねごはん」、なんておいしそうなの!

    実はわたしも、栄養士の資格を持っています。
    資格だけのペーパー栄養士ですが。
    栄養士取得のカリキュラムで、病院や事業所の厨房での調理実習を
    経験なければならないのですが、実習後、
    「わたしにはこの仕事は無理~~~」と断念しました。
    五〇人分ものシチュー鍋を持ち上げたり、
    ボートのオールのようなしゃもじでかきまぜたりしながら、
    デスクワークや栄養指導までこなす、
    そんなアッパレなことができるとは思えなかったのです。
    でも、この本を読むと、やっぱり栄養士さんて素敵、
    「あ~、がんばってこの仕事につけばよかったなあ」などど、
    おのれの能力不足を棚にあげてうらやんでしまいました。
    
    資格を生かせないのは残念ですが、
    今も家事のなかで一番好きなのは料理です。
    特に、献立を考えるのはまったく苦になりません。
    主婦になってこのかた毎日つけている献立表は、ウン十年分になりました。
    ……むむ、それって掃除洗濯からの逃避か?

     わたしのフィギュアコレクションから、昭和四十年代初めの給食(5センチ×3センチ大)。

DSCF5855+(640x480)_convert_20140807202559.jpg


     脱脂ミルクの時期は終わり、ビンの牛乳になっています。
     シチュー(トン汁かも)に、鯨の竜田揚げ(かな?)、
     バナナ半分、食パン3枚、イチゴジャム、そして先割れスプーン!
     食べましたなあ、こういう給食。
     鯨の竜田揚げ、もう一度食べてみたい。





「平たい顔族」の平面表現

  1. 2014/08/01(金) 23:15:03_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
   友人から、「鳥獣戯画」のふきんをいただいた。 

          DSCF5801+(640x480)_convert_20140722145120.jpg

  う~~む、いいなあ。うさぎやかえるたちのこの躍動感、なめらかな動き。
  ころんと転がっているさま、弓を射るさま。たまらないなあ。
  ワタクシ的には、「ピーター・ラビット」のビアトリクス・ポターの上を行く。
 
  うちの洗面所の入り口は、「鳥獣戯画」のれん。京都・嵐山でゲット。
                DSCF5800+(640x480)_convert_20140722145010.jpg


  「鳥獣戯画」が、最古の日本のマンガであることは、 よく知られている
  (平安時代末期~鎌倉時代)。
  江戸時代の浮世絵師たちのスケッチも素晴らしい。
  葛飾北斎や歌川国芳のものは、ラフなスケッチであっても一級のマンガ、芸術品だ。
  そしてもちろん、忘れちゃならないのは手塚治虫大先生の恩恵だ。
  敬愛する山岸涼子氏や吉田秋生氏、西原理恵子氏、西岸良平氏などの
  マンガ作品を楽しめるのも、こうした偉大すぎる先達のおかげだ。 

  つくづく思う。二次元って、見やすいなあ、と。
  日本のマンガの動きのなめらかさ、ほどよいデフォルメは、
  二次元で描くことが前提となっているのだと思う。
  遠近法を無視し平面的に描かれることにより、
  動きがシンプルになる。一目で読み取れるので、
  文字と絵を同時にアタマに取り込んで咀嚼することができる。
  この、文字と絵を同時にスキャンできるということは、
  マンガを味わうには必須の能力だ。

  遠近法にのっとった絵では、当然奥行きが出て影が生じる。
  一枚の絵画ならそれでいいが、連続する絵ではわかりにくい。
  彫像をごとごと動かすごとく、動きがカタくなり、見づらく、
  文字とのなじみも悪くなるのではないか。
  欧米では、マンガは発展途上だ。
  絵画を遠近法重視で描く文化圏では、
  二次元マンガを読んで楽しむことはできても、
  描くことにはまだ習熟していないのだろう。

  「アナと雪の女王」の、2Dなのに3D映画であるかのようなアニメーションは、
  素晴らしく美しい。ジブリのスタッフ、青くなっているかも?
  けれど、マンガは二次元がいい。平面表現がいい。 
  なんたって、「平たい顔族」だもんね。あ、関係ないか。

   ……などど、鳥獣戯画のふきんを鑑賞しつつ、考察してみました。
   もったいなくてまだ使えません。
 



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2014 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR