金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

「タマゾン川」の救世主って

  1. 2014/05/30(金) 10:25:43_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 タマゾン川――ニュース番組でもたびたび取り上げられた問題です。東京都と神奈川県との境を流れる多摩川は、熱帯魚などがたくさん捨てられ、まるでアマゾン川のようになっているというのです。その外来種の種類は日本一だそう。なんと、ピラニアまでいる!
 飼えなくなった魚たちを川に捨てる行為は、その魚の命に係わるだけではなく、日本の河川の生態系にとって、とんでもない結果をもたらしているのです。


   「おさかなポスト」が教えてくれること 多摩川の生態系を守る山崎充哲
     たけたにちほみ・文 佼成出版社
   516zocyii1L__SL500_AA300_.jpg

 このノンフィクション物語の主人公、「山ちゃん」は、そんな魚たちを救い、川の生態系と守るために、「捨ててしまうくらいなら、ここに入れてください」という「おさかなポスト」(いけす)を設置しました。集まった魚や亀を、私財を投じて飼育し里親を募るという活動を10年近く続けています。
 生き物大好き、子ども大好きの「山ちゃん」のエネルギーや暖かさが全編にユーモラスに流れています。自然や命を大切にするということを、子どもたちはとても身近なものに感じてくれることでしょう。

 作者は童話作家のたけたにちほみさん。絵本を中心に楽しくのびのびした物語を数多く世に送り出している作者だけあって、川のほとりで気持ちのいい風にふかれながら山ちゃんのお話を聞いているような、すがすがしい気分になりました。

 自分たち大人がしたことが、子どもたちに大きな宿題をあたえてしまった。その宿題を少しでもへらしたい――その山ちゃんの思いに深くうなずきました。
 子どもたちの未来に課題を押し付ける前に、やれることはやらなくちゃね。大人として。

スポンサーサイト

娘の高齢出産

  1. 2014/05/27(火) 18:22:22_
  2. リアル亀
  3. _ tb:1
  4. _ comment:0
我が家では、三匹のクサガメがいます。オス2匹にメス一匹。
このほど、メスのキメラちゃんが産卵しました。DSCF5607 (800x600) (640x480)

 毎年、五月の第4週に産卵するのです。動物の体内時計、おそるべし。
 しかし、キメラは御年22歳、おそらく人間でいえば更年期? なので、ここ数年は生むといっても、2,3個。最盛期には、8,9個を2、3回、合計二十数個を生んでいたので、おまえさんもずいぶん年とったな~、もうそろそろ打ち止めかなあとシミジミしていたとろです。
が! 今年はこの数。これで最後の打ち上げ花火なのか、彼女がアンチエインジングに励んだのか? DSCF5604 (800x600) (640x480)


卵は無精卵で、孵ることはありません。オトコ嫌いで、オスのガメラとミニラを寄せ付けずにいますから。残念です、子亀がたくさん生まれたら、さぞかわゆいだろうに。

そういえは、昨夜、蚊にさされました。越冬蚊と思われる巨大な蚊でした。蚊よ、おまえも高齢出産するんかい? そう思うと、痒みもやわらぐ気がしました。女同士だもん。



小ワザが光る懇親会

  1. 2014/05/24(土) 14:35:17_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
14-05-23_002 (640x480)
 昨日は、わたしが所属する日本児童文芸家協会の、第26年度「児童文化功労賞」・「児童文芸家協会協会賞」・「児童文芸家協会新人賞」・「福田清人賞」の贈呈式と懇親会が開かれました。
会場(アルカディア市ヶ谷)入り口には、受賞者(『功労賞』に岡野薫子さん、清水眞砂子さん、森山京さん、和歌山静子さん、『新人賞』に『星空点呼――折りたたみ傘を探して』嘉成晴香さん、『福田清人賞』に『光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島』朽木祥さん)をご紹介するコーナーが設けられていました。著書やご本人の写真、ご趣味の品などが飾られ、出席者の目を楽しませてくれ、受賞者のお人柄を身近に感じることができます。
これは、事務局主任Yさんと、絵本作家のJ理事の労作で、毎年こうして手作りしてくれています。
「児童文芸家協会」、小さなところにも手を抜かず、心を込めています。

写真は、朽木さんのコーナー。ご本人手作りのシャンパンチェアやポプリが素敵でした(わたしのガラケーの写メなので、画像がひどくてすみません!)


正直モノです

  1. 2014/05/21(水) 22:14:56_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DSCF5598 (640x480)
今日は、地元小学校の放課後クラブでの、おはなし会。わたしはおはなしボランティアサークルに所属しているので、月に3回ほど、図書館や放課後クラブに出向きます。
今日の放課後クラブでは、30人弱の一年生が迎えてくれました。ボランティアは、二人一組でうかがいます。相方は、ストーリーテーリングが中心ですが、わたしはもっぱら絵本専門。おはなしを覚え込むアタマと根性が、残念ながら欠落していますようで……。
絵本を読み始めると、あらら、最前列の子どもたちが寝そべっています。一年生だもんねえ。くたびれているよね。いいよー、そのカッコで。だって、ここは学校の敷地であっても学校じゃないもんね。第二のおうちだよね。

あとで、指導員の先生がおっしゃってました。
「子どもたち、今日はずいぶんくつろいでましたねえ」
「ハイッ、それでいいですよ」
「びしっとしていなくても、聞いているみたいですね」
 そうなんです、だらーっとしていても、ちゃんと見ています。お友だちとつっつきあっていても、耳は傾けています。絵本の楽しさを感じてくれています。
 そのかわり、オトナの感覚で選んだ、お行儀のよすぎる絵本をうっかり読もうものなら……心も体も、部屋中にさまよい始めます。子どもたちは正直モノ!
 



亀のへっぴり腰

  1. 2014/05/18(日) 12:36:08_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 今ごろ? と思われるでしょうが、ようやくブログ始めました。人によっては10年20年続けてらっしゃることでしょうね。
この遅さ、ひとえに、わたしがパソコンから及び腰であるせいですが、それだけではないかも。「自分語り」が苦手というせいもあるかもしれません。雑談では失敗談やら変人家族ネタをぽこぽこを披露していますが、文字に残すのに、照れがあるのですね。
 それは、読書傾向とも無縁ではないようです。「現代日本のどこにでもある町」に「等身大の自分」が出てくるようなものよりも、まるで現実と違う環境、違う空気感の物語が好き。なので、好んで読むのはファンタジーだし、絵本だったらナンセンスものが好きです。
 
 そんな言い訳をしながらナマケていたわたしですが、ある日、ホームページを日々更新してらっしゃる先輩作家さんが、こうおっしゃったのを耳にしました。「表現者やから、発信せなあかんわ」。その言葉に深ーくわが身の不出来を恥じたわたし、疲れ目をしぱしぱさせながら、どっこしょと立ち上げてみたわけです。
 さて、どんなことが発信できるかな? 児童書が好きで好きで、その思いだけで書いて、読んで、伝えている日々ですから、愛する児童書への金亀からの恋文になるやしれません。

 そうそう、「金亀」というのは、亀飼育歴22年のわたしが長年使用している名です。

 ちなみに、辞書によると「及び腰」と「へっぴり腰」は同じだそう。亀のへっぴり腰を想像するのは難しいけれど。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2014 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR