FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

キメラ、お疲れー。

  1. 2018/07/15(日) 12:14:58_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
食欲がすごい。産褥期だ。

えへ、これ、亀のはなし。
26歳のメスのキメラさん、今年もなんとか卵を産んで、
現在体力回復のために、ガツガツエサを食いまくっている。

彼女は8歳くらいから卵を産み始めた。
産卵は、五月下旬から6月中旬にかけて。
三回くらいに分けて、5,6個ずつ産んでいたろうか。
無精卵なので孵らない。オスも飼っているけれど、
キメラさんはオトコ嫌いで寄せ付けないから、いつも無精卵だ。

 卵
 これは、10年くらい前に産んだ卵の画像。クサガメの卵って、こんな感じです。

20歳近くになってから、さすがにトシらしくて、
卵の数が減ってきた。
ここ数年は、全部で6,7個という感じ。
産む時期もずれてきて、今年は6月の終わりだった。
産卵期の二か月くらい、エサをほとんど食べない。
しかも、秋冬の間、いっさいエサを食べず、
3月ごろからちょっとだけ食べはじめるが、
あんまり食欲はない。
つまり、前年の11月くらいから6月終わりまで、
ろくにエサを食べていないことになる。
それなのに、産卵前は興奮状態になるらしく、
ガタンゴトン大暴れしてしまう。
早く産み終わらないと、さすがに飢えてしまうだろう。
毎年この時期は気をもむ。

一昨年はたいへんだった。
甲羅のなかに卵がいっぱいつまって産みたくても産めなかったようで、
都内の医者に行って「陣痛促進剤」のような注射をしてもらって、
なんとか「普通分娩」にこぎつけた。
卵が出てこなかったら、
帝王切開――亀の場合は甲羅を割っての手術になるところだった。

「産む性」というのは、なんと苦労が多いのだろう。
「亀ごと」ながら、この不公平さが理不尽なものに思えてくる。

ヒトだって、産む性の苦労は同じ。
なのに、日本人のオス、特に中高年のオッサンの、
ママやプレママや乳幼児への理解と支援の、なんと少ないことか。
待機児童の数や男性の育休取得数をみれば、一目瞭然だろう。
「ぼーっと生きてんじゃねえ!」と
うちの二匹のオス亀にかこつけて、どやしつけたくなる。

さて、今日も長靴はいてモップをにぎり、
大汗かいて、ベランダの大型水槽の水替えと掃除。
きれいな水になると、老境にさしかかった亀三匹、
うれしそうに目を細めてくれる…と思っておこう。画像は、キメラ。

 DSC_0206.jpg


朝の「お食事処」は、室内の水槽。
食べ終わると、「早く外に出せ~~~、こら~~」とばかりに、
こんなカッコに。画像は、オスのガメラ。

 DSC_0030.jpg

スポンサーサイト

秋だというのに。亀ったら!

  1. 2017/11/11(土) 17:28:09_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋が深くなって、亀たちの動きが鈍くなってきた・・・わけではない。
三匹のうち、オスのガメラが、どうも昼夜逆転しているらしい。
老化かなあ? もう25歳だもん、そろそろおじいさんかな? 
寿命は、20年から30年? 40年というデータもあるらしい。

ガメラったら、夜になると、キイキイ、ガタガタ。ガッターン、水槽のなかで暴れまくる。
(水槽は、個室です)
こんな、遮光性のあるおおいをかけてあるから、明るくて眠れないわけではないのに。
(水槽三つです。『一階』は二部屋、『二階』に一部屋)

DSC_1754.jpg


キイキイいうのは、爪でプラスチック水槽の床をひっかく音
ガタガタは、後足で立ち上がって前足でのびあがり水槽を揺らす音。
ガッターンは、その後ずり落ちて床に腹側のこうらを打ち付ける音。
これを一晩中やっていたりする。
こりゃ、たまらんです。

水槽が寝室のすぐ近くにあるので、寝ていられない。
たまりかねて、水槽の底にしく小砂利を買ってきた。
麦飯石というやつ、金魚などの底に敷く石だ。

 DSC_1753.jpg

これがクッションになり、音が鎮まるかと思ったら。
やっぱりキイキイ、ガタガタ。ガッターン。

のぞいてみると、足で小砂利をけって、片寄せてしまっていた。

      DSC_1755.jpg

後足で立ち上がって前足を壁にかけるのは、水槽から脱出したい現れだ。
その方向にあるのは、となりの水槽で、メスのキメラの寝室だ。

あ~あ、ガメラおじいちゃん。そんなにキメラが気になるの? 
まったく、オトコっていうやつは! 

キメラの水槽との間に厚紙を置き、仕切りにしてキメラの姿が見えないようにしてみた。

 DSC_1757.jpg

 しばらくガタガタしていたが、やがて静かに・・・。
やれやれ。
それにしても、9月後半からエサを食べていないのに、
なんでこんなに動けるのだろう。
亀の生命力はハンパないっす。
中国で神様扱いされるわけだ。

亀はおもしろい。ハイ、鳴かないのにやかましいんです。




亀の食欲についての学術的考察

  1. 2017/09/18(月) 12:02:05_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
うちの亀たち、食欲がない。秋だからねえ。

亀についてよく聞かれるのは、
「エサは何を?」と「冬眠するの?」ということだ。
エサは、常食は「亀プロス」という配合飼料で、
たまにオヤツとして乾燥糸ミミズを固めたものをやっている。

DSC_1579.jpg

亀プロスを食べるキメラ。8月下旬。

8月中旬くらいから、オスのガメラとミニラの食欲が落ち、亀プロスを食べなくなった。
しかたなく、糸ミミズをやる。
しかしそれも、9月に入るとほとんど食べてくれない。
メスのガメラは、8月いっぱいくらいまで食欲旺盛だが、
9月の声を聞くとやっぱり小食になっていき、
10月末には「いらんわー」とエサを手ではらいのけるようなしぐさをする。
三匹とも、3月中旬までエサなしの生活となる。

暖かい家のなかに水槽を置くため、冬眠はしないが、
食べずに五か月以上生きているというのは、さすが亀さん、ばつぐんのコスパ!

気温が下がれば食欲が落ちるわけだが、ちょっと腑に落ちないこともある。
盛夏とたいして変わらない気温でも、9月はろくに食べず、
まだまだ寒い4月に、バクバク食べるのだ。
もしや、日照時間が関係しているのかな。

考察してみました。
しっかり食べ始めるのは・・・春分の日くらいから?
一番多く食べるのは・・・6月から7月。つまり、夏至のころ。
食べなくなるのは・・・「男子」は秋分の日くらいから。
           「女子」はその一か月あとくらい。
この差、「女子」が食いしんぼであるためではない(実際、食いしんぼだけど)
5月後半から6月、キメラは産卵期で、
1か月間くらいエサをまったく食べなくなるため、
その分を取り戻しているのだと思う。

う~~む、やっぱり、亀の食欲は日の長さに関係しているのだな。
基本的に、「一年間のうち昼が長い時期に食べる」。
「夜が長くなると、食べない」。

おお、なんてナチュラルな亀たちだこと。見直したよ(何を?)。
よし、これを学会に発表しよう!(何の?)

DSC_0565.jpg

 ガラス戸に写った木の枝が、さらに水に写り込んで、ちょっと不思議な画像です

亀の食欲が気がかりという平和について

  1. 2017/06/04(日) 21:10:55_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
うちの娘のキメラの食欲がない。
我が家の三亀のうちの一匹だ。

例年、五月下旬から半月くらいは産卵期のため(ただし、無精卵)
ほぼ絶食状態となる。
でも、今年はちょっとは食べていて、おなかに卵がいるのやらいないのやら。

トシからいったら、そろそろ卵は打ち止めとなるのかもしれない。
なんせ、御年25歳のおばさん亀だ。
しかし、一昨年、13個もの卵がおなかに詰まってしまい、
都内の医者に駆け込んだことがあるので、
慎重に様子を見なければならない。

試しにピンセットでエサを口に持っていくと、
あーんと口を開けた(この甘ったれめ!)。
よしよし、食べたか。
ところが、「ペッ」。
はきだしたな~!(怒)
何度やっても、「あーん」「ペッ」。
やっぱり食欲ないのかな? それとも喉が痛いとか?
試しに、オヤツ用の糸ミミズをやってみると・・・ばくばく食べてやんの。
単に、いつもの配合飼料に飽きたということか。
爬虫類でも食べ飽きるんだなあ。

キメラ
アタシのハナシ~?

このあいだ、エサそっくりのフンが水に浮いていた。
キメラったら、それをパクリと口に入れてしまったのだ(汚い話でスミマセン)。
そしたら、大あわてで、ペッペッ。はきだして、前足で口をぬぐっていたっけ。
うん、味覚は正常。でも、視力が弱いのかもしれないね。
そういえばキメラは、水中に浮くエサに食いつくのがヘタだ。
首をひょいと伸ばした先が、エサから1センチほどずれ、
食いそこねることが多い。

亀にも、もちろん個性があり能力差がある。
確実にいえることは、
この子は自然界ではエサが取れずに死んでいくだろう、ということ。
だからといって、人間の保護下でよかったね、とはいえない。
飼い亀が野生より幸せと思うのは、人間の傲りってものでしょう。
せめて、居心地よくしてあげるのが、人間の務めやね。

おなかを見せてひなたぼっこ。

       DSC_1131 onaka


ウソウソ!
亀は絶対に自らひっくり返ったりしません。
なんかのはずみで、うっかりひっくり返ることがあるだけです。
大きな陸亀だと、甲羅の厚みで元に戻れずに、飢え死にしちゃうこともあるそう。

これは、おなかの甲羅を撮るために、わたしがひっくり返しました。
だって、おなか側ってオシャレなんだもーん。
ごめんね、キメラ。協力ありがとう。

ま、平和な我が家です。


亀の春、ベランダの春

  1. 2016/03/06(日) 15:33:30_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
啓蟄のころは、亀の季節のスタートです。

うちの三匹の亀さんは、冬眠させないで、
暖かなへやのなかで冬を越します。
11月から3月上旬まで、エサはいっさい食べません。
よく生きているなあ、だいじょうぶかい?

桃の節句のころになると、わたしが水槽に近づくと、
ゴトゴト寄ってくるようになります。

「おや、おなかすいてきた? ゴハンいる?」
「いる!」・・・とはいわないけれど、物言いたげな顔をします。
それが春のサインです。

エサを「あーん」とさしだすと、「あーん」。
おお、食べた。この冬も無事に越せました。

                  00050001_convert_20160306152514.jpg


ベランダでは、大好きなムスカリが顔を出しました。

               DSC_0233_convert_20160306152038.jpg

数年前、土を入れたまま放置していた植木鉢から、
ある日突然顔を出した乙女です。
もともとは小鳥の落し物でしょうか。
飾りっ気ゼロでまるっきりかわいくない我が家に、
ひと時、可憐な鮮やかさをそっと差し出してくれます。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR