FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

亀たちの長い冬

  1. 2019/02/10(日) 18:18:19_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は、大雪の予報が、小雪で終わって拍子抜け。
でも気温は低く、うちの三匹の亀たちもじいっとしている。

特に、一番下のミニラ(男子・推定25歳)の元気がない。
エサを食べない秋冬でも、けっこうゴトゴト動き回るのが常なのだが、
ミニラは、ほとんど動かない。手足を甲羅のなかに収納したままだ。

DSC_0594.jpg

思えばこのコは、6月の夏至すぎたあたりから食欲がなかった。
すでに絶食期間は半年を過ぎている。
持ち上げると、泣けるくらいに軽い。
だいじょうぶか、ミニラ? 春になって食欲が戻るまで、がんばれ!

なのに、だよ。甲羅は新陳代謝しているのだ。
このあいだ、甲羅の「一区画」がフカフカしていたので、
ぺりぺりとむいてやった。
それが、これ。はしっこがちょっと欠けているけれど。
 
      DSC_0584.jpg

「一区画」というのは、亀甲模様といわれる、こんな模様の六角形の部分だ。
(画像はキメラの甲羅)
 
        DSC_0602.jpg

亀の甲羅は古くなると、この六角形の表面が、
かさぶたが剥がれるように、剥がれ落ちる。
その下は、もうちゃんとした甲羅ができあがっていて、
新旧、すぐに見分けがつかなくなる。
絶食している最中なのに、亀の生命力って、どうなっているの?
神獣になれるわけだわ。
なんだが、生き神様をお守りしている気分になってしまった。
福を授けてけろ。

亀って、甲羅のなかに頭を全部収納すると、こんな顔。
鼻の穴しか見えない!

       DSC_0592.jpg

待ってると、だんだん顔がでてきます。 

 DSC_0593.jpg
                 DSC_0595.jpg
                  こんにちは~。

スポンサーサイト

水難の日

  1. 2019/01/27(日) 15:06:37_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このあいだ、亀の水槽の水を替えるとき、大惨事があった。
水槽を落っことし
水をリビングにぶちまけちまったのだ。

   DSC_0468.jpg
  おいおい、おいらのおうちを粗末にすな!

秋冬、亀たちはエサを食べないけれど、冬眠もしない。
ウンチはしていないものの、水はけっこう汚れている。

その亀水(我が家ではそう呼んでいる) が床に広がり、わたしは3秒ほどフリーズ。
それから我に返って雑巾を取りに走り、7、8枚かっさらって
事故現場に投げ込む。
水槽といっても、幸い水は5、6センチくらいの高さしか入っていない。
雑巾で吸い取るのは、さほど難儀ではない。
でもね、ズボンやジャージの袖口がびしょ濡れ。
スリッパも水浸し。靴下も、その下のタイツも当然濡れている。
雑巾を取りに走ったろうかも、亀水で濡れてしまった。
すぐにスリッパを脱ぎ、靴下とタイツをぬぎ、着替えようとしたけれど、
お風呂に入らないまま新しいものを身に着けるのも気が引ける。
朝っぱらお風呂をわかすのも、なんだかなあ。でも、シャワーじゃ冷えそうだし。
きれいになって、着替えたところで、床掃除に戻ったらまた汚れるし。
しかし、濡れたままでは寒い寒い。風邪をひきそうだ。
かといって、着替えないままでは、衣類のしずくで、また床を汚してしまうし。

なんやもう、わけがわかんなくなってきた。
ざっと拭いてところで、お風呂に入らないまま着替えてしまった。
亀水浴びたって、ええやん! 
人類も爬虫類も、たいした違いはないぞ! 同じ地球の生き物じゃ!

年を重ねると、だんだんキレイ汚いの境界が甘くなっていくような気がする。
子育て中は、濡れた布オムツを素手でなんのためらいもなくつかんでいた。
オシッコが顔にぴゅっとかかったり、
ウンチを自分の顔につけてしまったこともあったなあ。
晩年の母のオムツ替えを、ほんの数回だがやったこともあった。
そんなこんなで、自分はきれいで、他者は汚いという感覚が、薄れていく。
それはたぶん、悪いことではないと思う。
うん、それは「成長」だ。
・・・と、10代のころ、頑なに自分専用のタオルを死守していた自分を思い出し、
ヘヘヘと笑った。

注! クサガメは常在菌として、サルモネラ菌を持っています。

         DSC_0030.jpg
         それがどーした? おまえらニンゲンも大腸菌とか、もってるやんけ! 

この水難の日、汚れ水をふきとったあと、せっけん水でふいて、さらに水拭きし、
サッシを開けっぱなしにして床を乾かしましたよ。
ぬれた衣類はすぐに洗濯し、スリッパも洗って天日干し。
手は、石鹸で念入りに洗ったよ。
そのへんはきっちりやりましたわ。

秋が来たのはいいけれど・・・

  1. 2018/10/28(日) 14:44:28_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋だな~。亀のキメラがエサを食べなくなった。

     DSC_0415.jpg
  エサをやっても知らん顔のキメラ

うちの亀たちの食欲は、もしかしてかなりヘンかもしれない。
男子のガメラ、ミニラは、本格的に食べだすのが4月くらいで、
それから夏至をピークにきっちり食欲が落ち、
8月にはもうほとんど食べない。
つまり、食べる期間は四か月ほど。

変温動物だから、気温が下がれば食べなくなるのは当たりまえだが、
8月の一番暑い盛りに、ろくに食べないって、どうよ?

女子のキメラは、産卵が終わらないと、食欲が出ない。
トシのせいで産卵時期はどんどんずれていき、今年は6月も終わるかというころだった。
それから、大急ぎでガツガツ食べ、10月の終わりには「食べ止め」だ。
こちらも、ちゃんと食べるのは4か月間くらい。

その後、秋が深まり冬が訪れても、三匹とも冬眠するでもなく
水槽のなかを平然とゴトゴト歩き回っている。
見なれているとはいえ不思議な光景だ。

  DSC_0416.jpg
     「食べ止め」してすでにに二か月、なのに水槽の底に小砂利をしかないと
     ガタンガタンとうるさい、元気なガメラ

女子も男子も、食欲のある4か月くらいのあいだで、
一年分の栄養分をためこんでいるってことか。
そんなことができるのだろうか。
数年前までは、もうちょっと食べる期間が長かったのだが。
育ち盛りには、夏は一日二回、エサやりしていたし。

亀の飼育法などを読み、またネットで検索してみると、
「寒くなったら水槽をヒーターなどで温め、食欲が落ちないようにしてください」
などど書いてある。一年中お食事をなさる亀サマもいてはるということか。

おい、だいじょうぶか、亀たちよ。
春まで、無事に生き延びるんだぞ。

先週、今シースン初めて、散歩道から富士山が見えた。

空地には、コキアが! 近所の人が植えたのかな?

    DSC_0375.jpg


キメラ、お疲れー。

  1. 2018/07/15(日) 12:14:58_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
食欲がすごい。産褥期だ。

えへ、これ、亀のはなし。
26歳のメスのキメラさん、今年もなんとか卵を産んで、
現在体力回復のために、ガツガツエサを食いまくっている。

彼女は8歳くらいから卵を産み始めた。
産卵は、五月下旬から6月中旬にかけて。
三回くらいに分けて、5,6個ずつ産んでいたろうか。
無精卵なので孵らない。オスも飼っているけれど、
キメラさんはオトコ嫌いで寄せ付けないから、いつも無精卵だ。

 卵
 これは、10年くらい前に産んだ卵の画像。クサガメの卵って、こんな感じです。

20歳近くになってから、さすがにトシらしくて、
卵の数が減ってきた。
ここ数年は、全部で6,7個という感じ。
産む時期もずれてきて、今年は6月の終わりだった。
産卵期の二か月くらい、エサをほとんど食べない。
しかも、秋冬の間、いっさいエサを食べず、
3月ごろからちょっとだけ食べはじめるが、
あんまり食欲はない。
つまり、前年の11月くらいから6月終わりまで、
ろくにエサを食べていないことになる。
それなのに、産卵前は興奮状態になるらしく、
ガタンゴトン大暴れしてしまう。
早く産み終わらないと、さすがに飢えてしまうだろう。
毎年この時期は気をもむ。

一昨年はたいへんだった。
甲羅のなかに卵がいっぱいつまって産みたくても産めなかったようで、
都内の医者に行って「陣痛促進剤」のような注射をしてもらって、
なんとか「普通分娩」にこぎつけた。
卵が出てこなかったら、
帝王切開――亀の場合は甲羅を割っての手術になるところだった。

「産む性」というのは、なんと苦労が多いのだろう。
「亀ごと」ながら、この不公平さが理不尽なものに思えてくる。

ヒトだって、産む性の苦労は同じ。
なのに、日本人のオス、特に中高年のオッサンの、
ママやプレママや乳幼児への理解と支援の、なんと少ないことか。
待機児童の数や男性の育休取得数をみれば、一目瞭然だろう。
「ぼーっと生きてんじゃねえ!」と
うちの二匹のオス亀にかこつけて、どやしつけたくなる。

さて、今日も長靴はいてモップをにぎり、
大汗かいて、ベランダの大型水槽の水替えと掃除。
きれいな水になると、老境にさしかかった亀三匹、
うれしそうに目を細めてくれる…と思っておこう。画像は、キメラ。

 DSC_0206.jpg


朝の「お食事処」は、室内の水槽。
食べ終わると、「早く外に出せ~~~、こら~~」とばかりに、
こんなカッコに。画像は、オスのガメラ。

 DSC_0030.jpg


秋だというのに。亀ったら!

  1. 2017/11/11(土) 17:28:09_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋が深くなって、亀たちの動きが鈍くなってきた・・・わけではない。
三匹のうち、オスのガメラが、どうも昼夜逆転しているらしい。
老化かなあ? もう25歳だもん、そろそろおじいさんかな? 
寿命は、20年から30年? 40年というデータもあるらしい。

ガメラったら、夜になると、キイキイ、ガタガタ。ガッターン、水槽のなかで暴れまくる。
(水槽は、個室です)
こんな、遮光性のあるおおいをかけてあるから、明るくて眠れないわけではないのに。
(水槽三つです。『一階』は二部屋、『二階』に一部屋)

DSC_1754.jpg


キイキイいうのは、爪でプラスチック水槽の床をひっかく音
ガタガタは、後足で立ち上がって前足でのびあがり水槽を揺らす音。
ガッターンは、その後ずり落ちて床に腹側のこうらを打ち付ける音。
これを一晩中やっていたりする。
こりゃ、たまらんです。

水槽が寝室のすぐ近くにあるので、寝ていられない。
たまりかねて、水槽の底にしく小砂利を買ってきた。
麦飯石というやつ、金魚などの底に敷く石だ。

 DSC_1753.jpg

これがクッションになり、音が鎮まるかと思ったら。
やっぱりキイキイ、ガタガタ。ガッターン。

のぞいてみると、足で小砂利をけって、片寄せてしまっていた。

      DSC_1755.jpg

後足で立ち上がって前足を壁にかけるのは、水槽から脱出したい現れだ。
その方向にあるのは、となりの水槽で、メスのキメラの寝室だ。

あ~あ、ガメラおじいちゃん。そんなにキメラが気になるの? 
まったく、オトコっていうやつは! 

キメラの水槽との間に厚紙を置き、仕切りにしてキメラの姿が見えないようにしてみた。

 DSC_1757.jpg

 しばらくガタガタしていたが、やがて静かに・・・。
やれやれ。
それにしても、9月後半からエサを食べていないのに、
なんでこんなに動けるのだろう。
亀の生命力はハンパないっす。
中国で神様扱いされるわけだ。

亀はおもしろい。ハイ、鳴かないのにやかましいんです。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR