FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ウィンクと投げキッス

  1. 2021/06/05(土) 11:31:43_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このごろ、ジュリー・沢田研二が
脚光を浴びているような気がする。
故・志村けんさんの代役で主演する映画
「キネマの神様」の封切りが
近づいてきたせいかな。
半世紀に渡るファンとしては、観に行かずばなるまい。

若かりしころのジュリーのヒット曲に、
「ウィンクでさよなら」(昭和51年)というのがある。
♪ あなたにあっさりウィンクで 
さよならされそうで・・・♪
 
さてさて、その昭和のころ、
ウィンクというのは、日本人はやっていたのか? 
答えはもちろんNOだ。
そんなキザなことやるのは、映画の中だけだろう。
そもそも、日本人はウィンクは下手、
口の片側が持ち上がってしまう。

投げキッスもそう。
ユーミンの「少しだけ片想い」
(詩・荒井由実 昭和50年)の冒頭に、
「♪走り去る車に 小さく投げキッス」とあるけれど、
当時の日本人には、まるで根付いていなかった。

ところで、「ウィンクでさよなら」の作詞も、荒井由実。
そうか、ユーミンか! なんだか納得。
ユーミンなら、ウィンクも投げキッスも似合う。
オシャレ昭和だなあ。

投げキッスをナマで見たことはないはずだったが、
思い出した、一度だけ目にしました!
あれは、平成の始めのころ。
母が愛猫ミーを連れ、
埼玉から姉の住む奈良へ、引っ越したときだ。
荷物を送り出したあと、母は新幹線で移動、
わたしは奈良まで付き添った。
キャリーバックのなかのミーちゃんは、
あっちへこっちへ、落ち着かなく体の向きを変えていた。
キャリーののぞき窓から見えるミーちゃんは、
顔がひきつって三角形になっていた。
狭いところでがたんごとんゆられて、どんなにか不安だろう。
ときどき、「んんんいやあああ!」という声をもらし、
そのたびに母とわたしで、キャリーごしに体をさすってやった。

しばらくすると、小学校低学年くらいの女の子が二人、
近づいてきた。
姉妹だろうか、うす茶色の髪に青い目をしていた。
英語だからよくはわからないけれど、
「きゃー、猫ちゃんがいる!」とか「かわいい!」とか
「だっこしたい!」とかしゃべっているようだ。
バッグを開けることもできず(ミーが飛びだしたらたいへんだ)、
わたしと母は、曖昧に微笑むだけだった。
しばらくして、その子たちは
自分たちの席へと移っていったが、
名古屋駅に停まるころ、再びミーを見にきた。
ここで下車するらしい。
「かわいい猫ちゃん」「さよなら」みたいなことを話しかけ、
それから別れ際に、二人してチュッと、
ミーに投げキッスを送ってくれた。
とっても自然でサマになって、かわいかったなあ。

投げキッス、いいじゃないか!
文化の違いとはいえ、
愛情表現にいろいろなバージョンがあるって、
いいもんだなあ。

わたしは愛情表現が極端にへたっぴいなまま
二年前に亡くなった父を思い、ちょっとしんみりしたのだった。

猫といえば、チェシャ猫大好き。
(『不思議の国のアリス』に登場する、にやにや笑う猫です)

    DSC_0353.jpg

秘蔵のピンバッチと、イギリスのおみやげにもらったチョコレートの包み紙。


スポンサーサイト




昭和と令和の学徒動員

  1. 2021/05/30(日) 15:48:11_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
家人は、ナツメロ番組が大好き。
わたしはキライだけど。
(老境にあるかつてのスター歌手が
出ない声と格闘しているのはイタい)
そのナツメロ番組で、
渡辺はま子さんという歌手の映像が流れた。
あれ? この人、ナマで見たことがあるな。
お顔は覚えていないが、お名前に記憶がある。

中学生のときだったと思う。
住んでいた町に市民会館ができて、
開館記念式典に、
市内の中学の生徒が招かれた。
そのゲストが、たしか渡辺はま子さんだった。
当時すでに、ナツメロ歌手という認識だったから、
わたしを含め同級生たちには、
うれしくもなんともなかった。
それでも、聞き覚えのあった「蘇州夜曲」は、
なかなか良かった。

記念式典だから、市長挨拶などの時間のほうが長く、
めっちゃ退屈だったっけ。
でも、授業よりはマシだから、
まあいいか、と思っていたのだろう。

そう、フツーの登校日で、学校から出発したのだった。
ぞろぞろと、30分近く歩いて。
式典に、客席がスカスカだとカッコ悪いので、
参加させられたのだな。
つまり、「学徒動員」だ。

オリンピックについて、
いろいろ意見が飛び交っている。
無観客か? そもそも開催できるのか?
そのなかに、「子どもたちを招待する」という話があるのは
多くの方がご承知のとおり。

児童生徒と引率の教員を合わせて約81万人が
会場で観戦できるという。

しかし、「競技場への移動は電車やバスなど
公共交通機関を使用」だし、
参加しないと、「都立学校においては、休むと欠席扱い」だし、
「スタジアムの最寄駅の利用は禁止で
1駅離れたところから徒歩で」だそうで
(真夏の炎天下だぞ)、
これって、「学徒動員」にほかならないよねえ。
リアル観戦したい子どもたちは喜ぶかもしれないけれど、
引率の先生方のうんざり顔、
ヘトヘトの背中が目に浮かぶ・・・。

子どもたちは、「密を避けよ」とたたき込まれ、
給食は黙食だし、
校庭で遊ぶのもマスクのまま。
それでも、オリンピックは「聖域」。
感染や事故の危険が高くても動員するのね。

学徒動員は、
太平洋戦争を最後にしてほしいなあ。

画像は、コレクションから、文房具シリーズ。

DSC_2464.jpg

 DSC_2466.jpg
 DSC_2470.jpg


お道具箱ののりとかクリップとか、ちいさっ!
ふで箱の中身の鉛筆類は、取り出せるのよ。ちいさっ!
原稿用紙には、ちゃんと作文が書したためてあります。
「私の町の文房具やさん」ですって。ふふふ。



母の日に、ガシャンの思い出

  1. 2021/05/15(土) 15:17:13_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
またやっちまった。
ガシャンと、お気に入りのタジン鍋の蓋を落としてしまった。
陶器なので真っ二つ。あーあ。

DSC_2189.jpg

その次に、萩焼のマグカップを割った。
萩で買いこんで間もないのに、こっぱみじん。あーあ。

DSC_2350.jpg

ガシャンという音を聞くと、
子どものころの古い家の台所を思い出す。
その音がするたびに、「なにやったの~~~?」と
面白がって駆け込んだものだ。
床には割れたお皿やコップが散乱、
母が「へへへ」と笑っていた。
そう、母はそそっかしい人で、よく食器を割っていたのだ。
そのおかげというか、わたしがなにか割っても、叱られることはなかった。
「形あるものは、いつかは壊れる」なんて、母はにやりと告げたっけ。

母は気性が激しいほうで、わたしはかなり叱られて育った。
ほめられて育つ、とは遠かった。
思春期は、「わかってくれとはいわないが 
そんなにオレが悪いのか」的な、
暗い嵐の日々だった。
だから、「食器や花びんを割っても叱られなかった」は、
ほっとする甘やかな思い出だ。
こんなこと書くと、あの世でまた母に叱られそうだが。
今年の母の日は、そんなことを思い出して終わった。

割れたタジン鍋は、東日本大震災の直後に買ったもの。
購入記録を見ると、2011年3月13日だった。
原発事故を目の当たりにして、
これからはエネルギーを節約しなくちゃ、と
少ない火力で調理できるこの鍋を急きょ買ったのだろう。

タジン鍋は、わりと頻繁につかうので、
すぐに新しいものを購入。

DSC_2203.jpg

タジン鍋はほんまに時短・省エネルギーになり、
しかもおいしくできます!

これは、関係ありませんが「ナンジャモンジャの木」。

DSC_2407.jpg
 
近所の公園にでーっかく花の雲のように咲いていました。
本名は、「ヒトツバタゴ」というそうです。
一つ一つは可憐な花です。


DSC_2410.jpg




一升餅背負って、ずしずしと

  1. 2021/05/02(日) 16:48:34_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
孫のけいちゃん、今月一歳になる。
生まれたのはコロナ禍の緊急事態宣言下。
マスクが当たり前という世界で、
人生最初の一年を過ごしたわけだ。

バースディケーキのろうそくを
「ふーーーっ」するのは、まだできないけれど、
人生初のスポンジケーキ(のかけら)を、
味わったね。

DSC.jpg

一升餅を背負わせたら、
あら、意外に平気のへへへ。
両方から大人に支えてもらっているとはいえ、
けろっと立っていたよ。
足腰がしっかりしているのかな?

DSC_2366.jpg

このしっかりとしたあんよで、ずしずしと、
遠く、高く、深く、楽しく
歩いてほしいな。

さて、春は盛り。
植物の世界でも勢力争いがあり、
ここ数年道端によく咲いているのが、
ポピー。と思ったら、ナガミヒナゲシという名らしい。

DSC_2383.jpg

そして、今年妙に目に付くのが、タンポポそっくりなやつ。

DSC_2378.jpg
    タンポポとはちがう花びら

これは、でっかいのでタンポポじゃないと思ったら、
タンポポの一族らしい。
背の高さは50センチにもなっているヤツもいる。
 DSC_2390.jpg

これ、根っこがものすごくがっしり張っている。
こうなると、立派に草ぼうぼう感が出てくるな。
DSC_2387.jpg

正直いって、可愛くない。
ポピーなら柔らかくそよいで、
目を楽しませてくれるのになあ。

でも、そんな人間の尺度なんて、
知ったことか!
ただひたすら根を下ろし、咲いて、
綿毛を飛ばすだけ。

そうだよね。
けいちゃんも、可愛くなくたっていい。
(いや、けいちゃん、可愛いけど)
柔らかくそよいで
目を楽しませてくれなくたっていい。
(いや、けいちゃん、ぽにゃっと柔らかいし、
いつ見ても楽しいけれど)

「女の子なんだから」なんていう
古典的な呪いに惑わされずに、
回りの尺度なんか知ったことかと、
がっしり根を張り、バキバキ大きくなって、
たくさんの綿毛を飛ばすがいいよ。

なんて考えたら、
うちのネズミのひたい大の庭に
はびこったきゃつらを、
引っこ抜けなくなってしまった、この春。




チカラは抜くものだった。

  1. 2021/04/18(日) 15:38:39_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近、驚いたこと。
4月7日のNHKあさイチだ。
「コロナ禍で知らず知らずに力んでいる体と心。
『合気道の極意』を身につけて
頑張らずに疲れやイライイライラ解消を!」
という特集だ。
ご覧になった方も多いだろう。

ふむふむ、合気道によれば、
体によけいな力が入っていると疲れやすく、
本来持っている能力を発揮できない、とな?
そのよけいな力の抜き方とは、とっても簡単、
「つま先立ち」をするだけ。
つま先で立つと、体が自然にバランスを保とうとする、
それにより無駄に力の入っていない姿勢を保てる、とのこと。

わたしはそんなにリキんでいるタイプじゃないけれど、
試しにやってみようか。
つま先で立ってバランスを取り、
体の力を抜き、降りる。それだけ。
あれっ? 体が楽!
特に下半身がふにゃっと柔らかい感じがするのに、
安定している?
この姿勢で、歩いてみる。
ぜんぜんちがう! めっちゃ楽。

どうやら自分でも知らずに、
ガチガチに力が入っていて、それが常態化していたらしい。
自分の体なのに、扱い方をひどく間違えていた!

わたしは昔から腰痛もちで、
ここ10年はさらにひどく、日々腰痛との戦いだ。
座っているのはなんともないが、3、40分歩いたり立ち仕事をしたりすると、
腰から太腿にかけて、しびれるように痛くなる。
文字通り、足が棒になる感じだ。
出先や家事の最中に
そうそう座って休むわけにはいかないので、
無理して足を必死で動かす。
相手は棒だから、動かすには下半身に
ぎゅっと力を入れなくてはならない。
するとさらにカチカチの丸太ン棒になるという悪循環。

その痛みが、このつま先立ちの姿勢キープで、
半減したじゃないか!
世界は驚きに満ちている。

力の抜き方がわかると、
愛用のビーズクッションに体を預けていても、
これまでうっすら力が入っていたんだ、ということに気づく。
テンパっている人に、
「ムリしないで、もっと気持ちを楽にしたら?」などと
いっていた自分が恥ずかしいぞ。

思えば、昭和の人間としては、
「力」は入れるものであり、
「維持する」ものであり「発揮する」ものだった。
「力を抜く」のは「手を抜く」のと同義語だった。
抜くことがこれほど大切なことだったとは。

呼吸法なども紹介されていて、
心をほぐしてくれる作用もあるとのこと。

わたしは、ほぐすにはマンガかな。
とくに、こんなおだやか~な作品がいい。
『しーちゃんのごちそう』
たかなししずえ 作 少年画報社

DSC_2336.jpg

昭和30年代後半、千葉の海辺の小さな町にすむ
小学生しーちゃんの日々を、
お母ちゃんのおいしい料理や
おやつを中心に描いています。
娘に超甘いお父ちゃんも魅力的。

「抜く」というと、連想するのは軟体動物。
最近ゲットしたタコさんのスマホスタンドです。
後頭部とあんよのうちの二本が、ペンホルダー。

DSC_2337.jpg

スマホを立てるとこんな感じ。
(現役スマホは写真を撮るのに使うので、
退役のぼろぼろのスマホを乗っけました)

DSC_2339.jpg

タコさん、力を抜いているから大きなスマホを
支えられるのかもね。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR