金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

初めて見るのに、知っている

  1. 2018/06/17(日) 18:30:48_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
正直いって、わたしはずっと草間彌生の絵は、
「なにがいいのか、わからーん」ですませてきた。
あの強烈なキャラとド派手な水玉模様に目が眩むだけだった。
ところが、少し前に訪れた埼玉県近代美術館の現代版画の展覧会で、
一枚の版画にくぎ付け。
遠目だったが「これおもしろい!」
近づいてわかった、草間彌生のカボチャの絵だった。

という話を、松本に住む長年の友人・たまさんにしたら、
「草間彌生は松本出身なの。今、大きな展覧会やってるよ。来る?」
ホイホイと出かけましたよ、松本市美術館。
『草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて』

絵画や立体作品、鏡を張り巡らせたミラールームなど、展示作品は約180点。
来館者数は10万人を突破したそうだ。

大きなオブジェがお出迎え。美術館全体が水玉もよう。

                DSC_0061.jpg

                           DSC_0062.jpg

せっかく来たのに、もしかして頭から???マークをいっぱい飛ばすだけだったら
どうしよう。
そう心配しながら見て歩いたが、とんでもない。
これはおもしろい!
初めて見るのに、脳の裏側で知っていたような世界だ。
しかもそれが無限に広がっている。
小宇宙であり、細胞のひとつひとつでもあり、生まれる前の世界でもある。

プロフィールに、『幼少から自身の内面に湧き上がる得体の知れないイメージに対して、
芸術をもって闘う』とある。
でも、闘ってねじ伏せたわけではない。
身から噴出させ、その力で自分を動かしているのだろう。
そして彼女は、回遊魚のように書き続けていく。そうしなければ呼吸できないのだろう。
かくて、作品は今日も増殖されている。彼女が生きている限り。

撮影可のゾーン。

       DSC_0063.jpg
                    DSC_0068.jpg

遠目はこういう感じでも  ↓            
DSC_0066.jpg

近づくとやっぱり、細胞のようにテンテンがびっしり!DSC_0067.jpg

なんの分野でもそうだと思うが、真剣に観よう、聴こう、感じようとすると、
思っていた以上の贈り物がもらえるものだなあ。

館内のカフェで一休み。
わたしは弥生ちゃんケーキ(ラズベリー)、
     弥生ちゃんケーキ

たまさんは弥生ちゃんパフェ。弥生ちゃんパフェ

少し足をのばすと、あがたの森公園。
旧制松本高校の校舎が、文化会館になっている。

       縣の森 図書館

古い木の匂いが、ぐるぐる興奮していたアタマを冷やしてくれた。



スポンサーサイト

梅雨を乗り切る色

  1. 2018/06/10(日) 17:00:12_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
好きだと気がついたのは、いつのころだろう・・・な~んて、
幼馴染への恋心じゃなくて、紫陽花のこと。

ネズミの額ほどの庭に、一輪だけ紫陽花が咲いた。
ピンクがかった青、わたしの大好きな色合いだ。

あじさい

紫陽花って、なんて梅雨に似合うんだろうと感じたのは
二十歳を過ぎたころだろうか。
小さな花の集まりは、どれだけ大きくなろうとも
清楚さを失わず、どんよりした梅雨空に映えること映えること。
ああ、わたしは紫陽花が好きだなあと気づいたとき、
胸に小さなペンダントをかけたような気がした。
というのは、わたしは完璧な花より団子派。
花が好きだと意識したことって、皆無だったのだ。
こんな情緒欠落人間のわたしでも、好きな花があった。それがうれしかった。

「好きな花」にこのごろ加わったのが、ドクダミ。
あの白い十字架が、はっとするほど美しい。

 ドクダミ

    
好きだな、と思うものが歩く道々にあるって、なんという贅沢だろう。

梅雨時の果物も美しい。
メロンを初めて食べた時のことを覚えている(昭和レトロだね~)
学校から帰ると、薄緑色のみずみずしい果物がおやつに出てきた。
プリンスメロン、と母に教えてもらった。
それまで、果物といえばリンゴやミカンや甲州ブドウという、
和モノばかり食べていたわたしは、びっくらこいた。
こ、これは、王女さまの食べ物だ!
そこで、名前を付けた。「メロリン」と。
母に、「メロンあるよー」と呼ばれるたびに、
「これはメロリンなの!」と力説したっけ。
だから、「プリンス」が王子さまと知ったとき、え‘‘~~と思った。
なんでプリンセスメロンにしなかったのか、今もふしぎだ。

これは赤肉系のクインシーメロン。なんてきれい。

 メロン


こちらは、いただいた梅で作った、梅シロップ。お庭の梅だから、完全無農薬だ。

  梅酒

このさわやかさ、日本の夏を乗り切るにふさわしいね。


「好き」から見える。

  1. 2018/05/20(日) 16:36:28_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
我が家が引っ越ししたのが10月初め。
いくら、そのころめちゃ忙しかったとはいえ、
引っ越し荷物が片付いたのが、先週だったなんて、ひどすぎないか?

その最後の荷物というのが、わたしのお宝。フィギュアのコレクションだった。
(自分のオモチャが最後になるというのが、主婦の良心なのさ)
引っ越し時に、100均で買った小袋に一セットずつ詰めたのを、
取り出して、プラケースにピンセット収めていく。
レイアウトがヘンで、やり直す。手が当たって、落っことす。
ティセットの、シュガーポットのフタ(3ミリ)が、うまくはまらない。  
スベスベマンジュウガニが捕食中の魚のカケラはどこ?

笑えるくらいに不器用なわたし(しかもすでに老眼)にとっては、
好きなモノとはいえ難行苦行だ。
3日かかって、100個あまりのフィギュアを、なんとか飾り終えました!
まったく、アホちゃうか。

わたしはオタク気質ではあるが、コレクターではない。
一つのシリーズをコンプリートしようとかは、無い。
その時々に、オモシロいと思ったものを買ってきた。
それでも、傾向ははっきりしている。
とにかく、食べもの系が多い。

    DSC_0024.jpg
 
  レストランのサンプル風のものと、世界の料理、それに上段はお弁当。
 
フィギュア②

 昭和の給食

それから、動物。ただし、可愛いモフモフではなく、
深海のキテレツな生き物とか、亀、カエルの類。

    ⑤
   こんなのもあります。カラスとゴミ袋、リアルでしょ。

⑥

どうぶつじゃないけど~バルタン星人と科学特捜隊。凝ったアングルのつくりでお気に入り。         
                                       
集める気ではなく、集まってきたもの(いや、買ったのはわたしだけどさ)。
だれに見せるでもなく、何の役に立つでもない、
ただただ、「好き」というモノたち。
だからこそ、素の自分が見えてくる気がする。
そうだ、作家のレイ・ブラッドベリがこんなことを書いていたっけ。
「世界で一番ほしいものはなにか。なにを愛するのか。
それをメモしていくうちに、本当の私が見えてくる」

つまり、本当のわたしとは、「食いしんぼで、ヘンな生き物にシンパシイを感じる」ヤツ。

やっぱ、そうだったか。
 
 こんなのもある。「大阪のおばちゃん」あめちゃん、食べやー!

  フィギュア③


ヲタおばさんはうなずきながら、
新しくゲットした岡本太郎シリーズを飾るのでありました。

DSC_0028.jpg

 なんていい出来! 海洋堂さん、ありがとう。




テレビが町にやってきた

  1. 2018/05/06(日) 16:23:46_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先週、『出張! なんでも鑑定団』の収録が、わが町の市民ホールで行われた。
ここは東京通勤圏ではあるが、けっこう田舎、しかも住民はかなり地味め。
お宝を持っている人なんているかしら。
観覧券求めて、往復はがきを三通出したら、一通が当たった。
勇んで会場へ。

   鑑定団

ACさんの手引きで拍手や歓声の練習をして(手のひらが真っ赤で、ヒリヒリに!)、
いよいよ収録。
そこそこのお宝が登場し、まずはほっとした。OOOの直筆の書、とかね。
収録時間は110分くらいかな。
一時間番組とはいっても、実際はCMなどがあるから、45分くらいなもの、
だから実際の放映の2倍以上の長さを収録し、
あちこち切り貼りして編集し、規定に時間に収めるわけだ。
この収録時間、長いのか短いのかよくよわからないが、
公開録画の場合、こんなものなのかな?
もちろん映画などよりも格段に短いわけだが。

物語の創作はどうだろう。
「もっと刈り込んでください」と、
以前に編集者さんから言われたことがあったな。
推敲して、無駄な語句を消せ、ということらしい。
刈り込む、という表現がオモシロく、なるほど、と思った。
で、全身を目にして脳にしてじっくり読み直すと、
うん、ちゃーんとよけいな枝葉が見えてくる。
ここだ!と「刈り込む」と、すかっと清々しく、中身がクリアに見えてくる。

たらたらした文章だと「つまんねえの」とすぐに本を閉じちゃう
正直なお子ちゃまたちとの真剣勝負なのだから、
キレのいいハサミで刈り込まなくちゃね。

といっても、俳句には負けますね。
17音で創り出す世界、一字たりとも無駄にはできぬ。
「プレバト」はほんまに勉強になるなあ。

さて、「鑑定団」の放映は、二か月以上先。
どこがどうカットされたのか確認するという、楽しみが加わる。
自分が映っているかも、探さなくちゃならないし~!

スズラン

家の前では鈴蘭が満開。ご近所さんが丹精してくださっているもよう。
これは刈り込む必要ナシ!



晴れの日は、やっぱりにぎやかがいい

  1. 2018/04/15(日) 15:10:38_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
初孫の‘えむちゃん’のお宮参りがありました。
お宮参りって、実は初めて。自分の息子たちのときは、
親戚が遠かったこともあり、スルーしちゃったの。
パパ方のおばーちゃん(つまりわたし)が、赤ちゃんを抱っこしてお参りするとか、
「紐銭」というものをくくりつけるとか、知らないことだらけ。
紐銭は、一生お金に困らないように、との願いが込められているそうで。
おもちゃなども下げていいらしい。

紐銭

親戚10人が、えむちゃんの健やかで幸せな人生を願って
神社に集まりました。

参拝


鳥居の前で、全員で記念写真を撮ろうとしたら、
駐車場のあたりにいた女の人がわざわざ走ってきて、
「写真撮りましょうか?」
ええ、ご厚意に甘えました。
本殿に参拝し、もう一回全員で写真を撮ろうとしたら、
さきほどの女性が、またまたかけつけて、撮ってくださったの!
ありがたいですね~。

えむちゃんは、こんなふうに、だれからも愛され親切にしてもらえる子に育つことでしょう。
そして、見ず知らずの人のためにも、ささっと動ける人になってくれることでしょう。
きっと、ここの神さまが、そうはからってくれるよ。

       20180415150212254.jpg

神社といえば、自分の七五三のことをよく覚えている。
慣れない草履で、30分以上かかる遠い神社まで歩き、
(もちろん自家用車などなく、タクシーに乗るなんて贅沢は考えられなかった)
ようやくたどり着いたら、ふつうにお賽銭入れて、パンパンして、
また30分以上歩いて家に帰ってきた。それだけだった。ヘトヘトになった。
「シチゴサン」て、もっと特別なイベントかと思ったのに。
朝からあんなに大騒ぎして、
美容院でヘアセットとメイクと着付けをしてもらったのに・・・。

それ以上にもの悲しかったのは、
母と二人きりだったこと。
なぜか父も姉もいなかった。
予定の日に熱を出して、一週間遅れでやったせいかな?

うちは核家族で、親戚はみな遠い。
そのうえ、わたしは祖父母を知らない。
全員、あの世にいってしまっていた。
でも、それについては、なんとも思っていなかった。
よその子が「おじいちゃんちに遊びに行ってきたよ」なんてしゃべるのを、
「うちはおじいちゃんがいなくてよかった~」と思っていたくらい。
というのは、わたしはものすごく人見知りで、
家族でもよその人でもない、ビミョーな立場の大人に、
どうふるまったらいいのか、想像するだけで不安だったのだ。
そんな超ネガティブな子だった。
(しかし、親戚が近くにいたら、人見知り度が減っていたかもしれないなあ)

でも、この七五三のときばかりは、寂しかった。
「大きくなったね」
「着物、良く似合うね、かわいいね」
とほめてくれる人がいない。
「草履、いたいよー」と泣きべそかいたとき
「よしよし、もうちょっとよ」と足をさすってくれたり
「おんぶしてやろうか」と甘やかしてくれる人がいない。
11月下旬の神社は、ひと気がなく枯れ葉が舞っていた。
着物の襟元が寒かった。

えむちゃんのために、新しい命のために、親戚が集まる。
それだけで、なんて美しい一日でしたでしょう。
えむちゃん。大きくなったら、この日の写真を見てね。
パパママ、ひいばあば、じいじ、ばあば、おじちゃんおばちゃん、
みんな、あなたのことが大好きだよ。
どんなときでも、親衛隊だよ。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR