FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

生まれて初めて、木になりたかった

  1. 2021/02/22(月) 14:27:39_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
緊急事態宣言下ではあるけれど、
二か月ぶりに電車に乗っちゃった。
半年も前から予約していたんだもの。
出かけた先は、東京・上野文化会館。
「日本点字図書館」主催のチャリティコンサートだ。
音楽をナマで聴くのは、一年二か月ぶりだ。

今回は小ホール。
小ぢんまりとした中に重厚感がある。

DSC_2100 - コピー

   DSC_2097 - コピー
   こちらはロビー。

やっぱり、好きだなあ、ここ。

出演は、弦楽四重奏の「クァルテット・アルモニコ」。

ああ、ヴァイオリンやチャロ、ビオラの音が、
耳から聴覚、大脳へ。
そして、体中に染み渡る~。
ナマはいいなあ。心がうれしがっている。
溶けあう生音に浸っていると、
ああ、わたしもこうやって、
ステージに立ちたかったなあ、と思う。
・・・な~んて、楽器はなにもできないんですがね。
でも、何人か、何十人か、
場合によっては100人単位で、
一つの音色を創るって、
なんとうらやましい作業であることか。

演奏が無理なら、せめて木に生まれ変わって、
ヴァイオリンやビオラ、チェロになりたいなあ。
つやつやに磨いてもらって、
大きなホールで歌いたいなあ。

と、そこまで考えて、はっとした。
クラシック音楽を、ほぼ毎日聴いているけれど、
そんなことまで思ったことはなかった。
身支度をして電車に乗り、重厚なホールに入り、
雑念を払って音楽を体に取り込み、
非日常に浸ったからこそ、
「木になりたい」なんてところまで
行っちゃったんだな。

五感をフル稼働して、
得られることって多いに違いない。
けれども、今やコロナ禍が、
世界中のリアルな体験を阻んでいる。
リモートでもまったくOKなこと、
リモートだからこそ、
できることもたっくさんあるだろうけれどね。

五感を働かすのを、怠けちゃいけない。
体を運ぶのを、惜しんではいけない。

だからね、味覚も働かさなくちゃ。
というわけでケーキの食べられる
カフェを探した冬の夕でした。

久しぶりにやってきた上野駅公園口、
めっちゃきれいに整備されてました!
人はやはり少な目。
 DSC_2102 - コピー
       DSC_2103 - コピー
          上野公園に入ってすぐの広場。

『JR上野駅公園口』(柳美里)、読んでみようかな。


スポンサーサイト




えむちゃんのこだわり

  1. 2020/07/05(日) 15:09:40_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
孫第一号のえむちゃん、ただいま2歳4か月。

      33a90ae3-98cd-46f3-9712-00b7ba98e64a (2)
(そろそろ、顔はあまり出さないようにします・・・)
       
彼女には、ちょっとしたこだわりがあります。
バスマットの好みです。
我が家には小さなバスマットが三枚あります。

DSC_1468 - コピー

このなかで、お風呂上がりのえむちゃんが足を乗せるのは、一枚しかなく、
ほかの二枚には、絶対に触れようとしません。
あんよができるようになりマットが必要になった1歳すぎから、
ず~~~っと一貫してます。
お風呂場から抱きかかえてマットに降ろそうとすると、
気に入らないマットでは、足をぴょーんと縮めて降りることを拒否。
あんよしてお風呂場から出るときも、
好きなバスマットが行く手にないと、
ぴたっと立ち止まってしまいます。

さて、問題です。
えむちゃんのお気に召すバスマットは、次のうちどれでしょうか?

① 速乾吸収素材のマット
 DSC_1471 小

② タオル地のマット
 DSC_1469 - コピー

③ 珪藻土の瞬間サラサラマット
DSC_1467 - コピー
           ・
           ・
           ・
           ・
答えは、②のタオル地。実はこれ、今治タオルの残滓で編まれたもので、「通販生活」のプレゼント品です。

①と③を気に入らない理由は、ちゃんとあるみたいです。
①の緑色のマットは、初めちょっと指でふれてみて、
「ぽこぽこ……」といって、却下。
たしかに生地が「ぽこぽこ」してます。くすぐったかったのでしょうか。
③の珪藻土は、濡れた足あとがつくのにびっくりして、後ずさりしていました。
なにか怖かったみたい。
幼児の感覚、繊細ですね~。

えむちゃんが我が家に来てお風呂に入ることは、二か月に一回かそこら。
なのに、一歳ちょっとのときに識別した好みを、ずっと覚えているんですね。
「ライナスの毛布」のように、毎日肌身離さす、ならわかりますが、
たま~のジジババ宅で使うバスマットとは!

幼児の感覚や記憶って、おもしろいですねえ。
気に入らないことでカンシャク起こす子もたくさんいるでしょうけれど、
その裏には、その子なりの立派でまっとうな理由が、きっとあるのでしょうね。

わざとえむちゃんの嫌いなマットをしき、
断固拒否して足を降ろさない様子を楽しんだりする、いじわる婆さんでした。


コロナ禍の日々に キッチングッズが増えた

  1. 2020/05/10(日) 16:38:06_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
お籠りの日々、パンやケーキを焼いたり、DIYに励む方も多いそうですね。
わたしは特に変化ナシ。もともとおうち生活が基本なので。
でも、ふと気が付くと、キッチングッズが増えていました。
やっぱり、うちの中に目が向いているのでしょうね。

まな板で、半楕円形のものがあったので、思わず買ってしまいました。
そうか、まな板だからって、四角くなくてもいいんだ! 

DSC_1363.jpg

まな板って長―い間、長方形で、
そのうちに省スペースのために小さい長方形が売り出されました。
でも、小さい長方形はとてつもなく使い勝手が悪かったのを覚えています。
標準サイズと同じ縦横比で縮めたということなのでしょうが、
縦、つまり奥行きが小さいと、切ったものがバラバラ落っこちるんです。
そのあと、小さな正方形が登場。奥行きがある程度あるので、
使い勝手は悪くなかったのですが、
大量の野菜を切るときは、やっぱりちょっと狭い。

我が家のまな板。一番下が「伝統的」な長方形のまな板。一番上が、長年使っていた正方形。

DSC_1370 - コピー
 
この半楕円形、いいです! 十分な面積があるのに、ふしぎなことにじゃまにならない! 
進化してるなあ。 これも、日々ちゃんと料理する人が考えた形なのかもしれません。

そして、五徳。鍋を支える縁の下役さん。
わたしは、自分の台所を持ったときからずっと、中華鍋を愛用していますが、
今のガス台では、安定が悪いの。
先日は、揚げ物をした直後、取っ手に腕があたり熱い油をぶちまけそうになりました。
この際、安定のいい天ぷら鍋をかってしまおうかと思いましたが、
ちょっと待てよ。五徳を買えばいいじゃん? 

実は中華鍋専用の鉄製のごっつい五徳を持っていたのですが、
高さがありすぎて炎がうまく当たらない。
今の家に引っ越すときに、断捨離の犠牲?になりました。

新調した中華鍋用五徳です。
ガス台付属の五徳をはずして使うのではなく、上に乗せるタイプ。
画像は、乗せたところです。

DSC_1356 - コピー

切れ込みがガス台付属の五徳にきっちりはまって、安定します。
うまくできてる! これも、ちゃんと料理する人が考えたのかもしれません。

 DSC_1359 - コピー
   中華鍋のぐらつきがなくなって、一安心。この中華鍋、もう38年使っています。

そして、柳葉(刺身)包丁。これも長年欲しい欲しいと思っていました。
でも、お刺身をサクで買うことって、そんなに多くはないので、もったいないかな~と。
ここへきてついに買ってしまったのは、コロナ禍のせい。
というのは、天然物の真鯛(冷凍)をお取り寄せしたから。
料亭などに卸すはずの鯛が、行き場を失っていたのだそうです。
二尾分で8500円くらいのものが、65000円ほどでした。

 DSC_1367 - コピー
 
安くなっているとはいえ、我が家で買いこんだ食材としては、一番高いかも。
お刺身用にさばいてあるものと、加熱用の皮つき、両方入っています。
お刺身用ならお刺身にするっきゃない。
しかし、なまくら包丁で切ったら、「いてて、いてーよ、この包丁!」と天然真鯛に泣かれそう。
というわけで、ついに柳葉を買いました。
しかし、腕のほうはどうなのさ、我が家の板長さん?

 DSC_1366.jpg

美しい形だなあ、と刃物に見とれる夜更け。ゾクッ。

スペイン④あれこれ、なにこれ 

  1. 2020/03/06(金) 14:38:40_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
長々と記してきたスペイン記、最後にあれやこれやを。

■蛇口からオレンジジュース
スペインでおいしかったものは、生ハム、トルティージャ(じゃがいもぎっしりのオムレツ)、
パエリア、タパス(小皿料理)のイカリングフライ、メロンやグレープフルーツなどありましたが、

DSC_1081.jpg
         トルテージャ。ホテルの朝食の定番のようです。

一番はオレンジジュースかもしれない。
                             DSC_0923.jpg

なんたって、ホテルの部屋の蛇口をひねれば、ジャーッとオレンジジュースが出てくるの。
愛媛県をまねたそうです(笑)

「オレンジの絞り機」のあるホテルやドライブインもありました。

   DSC_0880.jpg
レバーを押すと、オレンジがごろっところがって落下、
待ち受けていた刃でざっくりと皮をはぎ、
身をぎゅっと押しつぶしてジュースが湧いてくる、という仕組みのようです。
絞って5秒で飲めるジュースは、楽園の味でした。

■行けども行けども
高速道路の車窓は、なるほど赤土の大地や岩山で、森林というものが見当たりません。
街に街路樹はありますが、それがたわわに実ったオレンジの木。

   DSC_0934.jpg

でも、街路樹のオレンジはニガ酸っぱくて、小鳥もつっつかないそうですよ。

素敵だったのは、イトスギの木。
 DSC_0936.jpg

すくっとスリムで、生命の象徴とも、その高さゆえ神に話ができる木としても、尊重されるのだそう。
自生するのではなく、教会などのまわりに大切に植樹されているようです。(画像はコルトバにて)

それから、アーモンドの花がきれいでした。(トレドにて)。桜そっくり!

 DSC_0886.jpg

南のアンダルシア地方は、行けども行けどもオリーブ畑で、
 DSC_1006.jpg

西のバレンシア地方は行けども行けども、オレンジ畑。
 DSC_1078.jpg
 高速道路走行中で、ヘタな写真がよけいにヘタになってしまった。手前の黄色い点々がオレンジです。 

■落書き文字検定?
 どこへ行っても見かけたのが、落書き。壁やシャッターがあれば、
街でも農村でも、もう必ずといっていいくらい、落書きされていました。
しかも、どれもほぼ同じ字体で! 

DSC_1094.jpg
   「スペイン落書き文字検定」があって、合格者しか落書きできない? 
 
■縦列駐車が上手!
 この国で、観光施設や公共施設以外では見かけなかったもの。それは駐車場。
 都市部も地方もだいたい四車線あり、その外側のレーンは駐車スペースのようで、
夕方になるとずら~~っと車が並びます。 

 DSC_1193.jpg
バルセロナにて。縦列駐車が上手でないと、この国には住めませんわ。

■ホネのある独立運動
バルセロナを中心都市とするカタルーニャ地方は、
2010年代からスペインからの独立運動が活発になってきたそうで、
デモなどもさかん。
闘牛場はあれども興行はここ10年は行われていないそうです。
この地の公用語はカタルーニャ語で、
テレビや町中のアナウンスもカタルーニャ語。
学校でもカタルーニャ語で授業を行い、スペイン語は第一外国語扱いで、
それも選択しないで英語を学ぶ生徒が増えてきた、とガイドさんが教えてくれました。
言葉は、文化の根幹を成すもの。
カタルーニャの独立運動って、ホネがあるなあ。

■ロマ族のこと
グラナダで、フラメンコのショーを見学しました。
山の中の隘路をくねくねと、小さなバスで走り、着いたところは、
洞窟をくりぬいたお店。

DSC_1021.jpg

天井からお鍋が下がっています。

 DSC_1022.jpg

ロマ族(ジプシー)の方々のお店ですって。
(正確にはロマ=ジプシー、ではないようですが、ここではロマ族、とします)
ロマ族はお鍋やフライパンを売り歩いていたそうだから、
その名残りで、飾りに使っているのでしょう。

フラメンコは、ダンサーの汗が飛んできそうな至近距離で見ることができました。
一度、大きなホールでフラメンコを見たことがありましたが、
「ああ、この踊りはもっと近くで、ダンサーと同じ空間で見たほうがいいな」と思いました。
そう、本来は焚火やランプの灯りで、ダンサーやギタリストの息吹を感じながら、
楽しむものなのでしょう。

フラメンコにはいろいろな民族の要素が取りこまれているそうで、
ロマ族も大きな影響を与えています。
ロマ族は流浪の民。
何世紀も蔑視や差別を受けてきたロマ族の人たちの、
嘆きの踊りともいえるかもしれません。
そのせいか、ダンサーは微笑んでいません。

DSCF9012.jpg
  ブレブレの画像ですみません。くるくるっとターンを決めたところです。

表情は、みんな険しい。あるいは、悲しそうでした。

観光中どこでも、添乗員さん現地ガイドさんが、
「スリに気を付けて! 人種差別するわけではありませんが、
ジプシーのスリグループがいます!」と繰り返します。
若い女の子3,4人で組み、犯行に及ぶのだそう。

グラナダでは、山の斜面に掘った洞窟で何世代にわたり暮らす人が、
千人単位でいるそうです。(ロマ族だけではなく、いろいろな民族が住んではるらしい)
それはそれでロマンというか、ファンタジーを感じてしまいますが。

みずからの文化・伝統を崩さず、マジョリティに同化しない人々。
そういう民族を、ざっくりいえばわたしは好きです。
でももちろん、現代社会では、好き嫌いでは測れない難しい問題をはらんでいますね。

■永遠のアイドル
最後に、コルドバのメスキータ内で「企画展」として展示されていた、
マリア様像をいくつか。
 これなんかは、聖母様然としていますが、
 
DSC_0968_HORIZON.jpg
          DSC_0966_HORIZON.jpg

 こうなると、アイドル? 
   DSC_0969.jpg
 マリアさまの少女時代を表しているのな?

そう、マリアさまはキリスト教信者にとっての
永遠のアイドルなんでしょうね。

スペイン、いい旅でした!

野菜もりもり

  1. 2019/08/18(日) 13:38:48_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
野菜をいろいろいただいた。

たくさんのじゃがいもは、
シンプルにジャガバター明太子や、
定番のポテトサラダやカレーの具にした。
肉じゃがも作りたいが、夏向きのおかずじゃないなあ~。
ふと思い出したのが、カレー味の肉じゃが。
かれこれ20年も前か、居酒屋で食べたことがある。
(おいしいものについては記憶力を発揮するのだよ)
やってみよう。
普通の肉じゃがの作り方で、お肉は鶏肉に。
調味料は、酒の代わりに白ワイン、
甘くしたくないので砂糖は入れずにみりんのみをちょっとだけ。
塩と控えめの醤油で薄く味付けし、
最後に、辛味がしっかりしていてとろみのつかない
インドカレーのペーストを入れる。
さらに、香り用のカレーパウダーを振り入れた。
煮詰めると、やさしいカレー風味に。

DSC_0239.jpg

いけるいける。
ヘタしたら、カレーの鍋から野菜だけ取り出したみたいになっちゃうけれど、
いい具合に夏の「肉じゃが」となった。

友人の庭で採れた茗荷とバジルもいただいた。
バジルは、ジェノベーゼソースに。

DSC_0237.jpg

本来は松の実を入れるらしいが、クルミで代用し、
オリーブオイル、にんにく、塩と共にミキサーにかけた。
(フードプロセッサのほうが簡単にペースト状になるけれど、しかたがない)

豚フィレ肉の白ワイン蒸しにたっぷりかけたら、あら、おしゃれ。
(食べかけてからあわてて写真を撮ったせいもあり、
まずそう・・・でもおいしかったんだからね!)

DSC_0243.jpg

茗荷は、「茗荷チャンプルー」に。

 DSC_0241.jpg

ゴーヤーのかわりに茗荷を使ったオリジナル料理、と自慢していたら、
とっくにクックパッドに出ていたとは。
チャンプルーは、一気に短時間で作れるから夏にいいね。

野菜もりもり食べて、秋まで生き延びよう! 
秋になったら秋野菜もりもり食べるけどね。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR