金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

街や村の美しさの陰に・・・。イギリス旅行記②

  1. 2017/07/23(日) 15:16:38_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
こんなところに住みたい。
イギリス旅行では、そう思わせる街や村をたくさん通ってきた。
スコットランドからイングランドに至る高速道路ぞいの村々も、

1車窓から 好きな風景、石垣と牧草地
                  石垣と牧草の、こういう景色、大好き。
45
                    延々と続く牧草地

観光で立ち寄った小さな村、大きな街、どれも美しく整えられている。
古い町、家々の調和の素晴らしいこと。
歴史あるものを尊び、
古いものほど価値を感じるというイギリスの国民性が、
なるほど、と胸に落ちた。

この町は、ボートン・オン・ザ・ウオーター。
4バートン・オン・ザ・ウオーター
  13

こんな町で子ども時代を過ごしたら、素直ないい子に育ったかも?

 そして、ハイスクールはシェークスピアの出身地で知られるストラトフォード・アポン・エイポンがいいな。
 41

    44シェークスピアの生家
 これはシェークスピアの生家
 
ときどき、バイブリーにあるおばあちゃんの家に遊びに行く。
  
   20
 20

大学は、スコットランド。
卒業後、スコットランドで職を得たもののまもなく失業、
背水の陣でカフェで書いたファンタジー作品が大ブレーク・・・な~んてね。

この美しい風景も、存続の危機はあったそうだ。
大航海時代から産業革命の時代、木材の需要が高まり、多くの森林が伐採された。
そのころ、貴族の最大の楽しみは、狩猟。
ツアー添乗員さんによれば、森林の消失で狩りができなくなるのを恐れた貴族たちは
森林保護に乗り出したとのこと。
そのかわりなにをしたかというと、よその国の森林をばっさばっさやってしまった。
アイルランドはハゲハゲとなり、明治時代には日本の森林だって狙われていた。

大英博物館を見学して、ため息が出たよ。
なんという国際的分捕り品! よく集めたものだ。
ご存知、ロゼッタストーンやらたっくさんのエジプトのミイラ、
ラムセス二世の胸像、
     DSC_1470.jpg
35ラムセス二世

ギリシアのパルテノン神殿のレリーフやら、柱を丸ごと一本まで!
 
 42
DSC_1468.jpg

「あんたん国に置いたままだと、ダメになるやろから、
(だって価値がわからんやろ?)、保護してあげたよ」と
いうリクツだそうだけどね。
この博物館、入館は無料。有料だったら、
「分捕ったお宝見せてカネかせぐんかい!」と腹がたっていただろう。

保護の名で世界中の民族の文化歴史の結晶をかき集めてきて、
その分、自国のお庭は美しく、街や家は昔のままに・・・ということかな。

おかげでこうして、美しい英国とため息のでるような世界のお宝を、
数日間で観賞できるのだから、文句はいえませんが・・・。
これも大英帝国の光と影やなあ。

スポンサーサイト

街に漂う魔法、エディンバラ イギリス旅行記➀

  1. 2017/07/16(日) 17:09:21_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
6月に、イギリスへ旅行した。
語学力ないので、団体ツアーですがね。
行程は8日間、正味5日間でスコットランドとイングランドを回る、駆け足旅だ。

まず訪れたのは、スコットランド地方のエディンバラ。
なぜか北の街が好きなわたしにとって、エディンバラもあこがれの地だ。
石造りのとんがった歴史的建造物が、「どーだ? 古くてクールだろ」という顔で並ぶ。
建築に使われる石の色は暗い灰茶色で、そのせいで街全体が重々しい空気。

DSCF7832.jpg
20エディンバラの街の中

ありきたりな表現だが、魔法の街、ということばがぴったりだ。

19
エディンバラ城

この街の景色、既視感がある。
そう、『ハリー・ポッター』の世界だ。
軽やかさと重厚さ、エンタメっぽさと文学性を兼ね備えた
この大人気ファンタジーを、作者のJ,K,ローリングスはこの地で執筆した。
街を歩くと、そうか、ここよね、なるほど! とピースがぴたっとはまった感じ。
ローリングスは、この街でたっぷり魔法に浸っていたんだね。
つぎつぎに湧き出る着想は、
この街に数世紀のあいだ沈殿していた魔法の最後のきらめきかもしれない。
なんたって、スコットランドはケルト民文化の色濃い地方であり、
ケルトっていったら、ドルイド教。
その神官はマント姿に杖を携えていた。
そう、今に続く魔法使いのイメージはそこから生まれたのだ。

ローリングスは生活苦のなかで物語を書いていたそうだが、
それでも魔法の世界をその手に掬いだし再構築していくのは、楽しかったに違いない。

カフェで執筆していたのは有名な話で、
そのなかの一軒がここ、「エレファントハウス」。

 22

21ローリングスがハリポタを執筆したカフェ、エレファントハウス

ロンドン・ヒースロー空港内のハリー・ポッター・ショップ。
売られている人形は、なぜかシロフクロウのヘドウィグと屋敷しもべのドビーばかり。
ドビーって、人気あるんだなあ。

1ヒースロー空港のハリポタショップ

それにしても、イギリス版のハリー・ポッターの表紙って・・・。

  51MEMJCJ5RL__SX311_BO1,204,203,200_

日本版、雰囲気ぴったりでいいよね。ローリングさんも気に入ってくれたそうです。

         無題


さて、スコットランドといえば、16世紀のメアリ女王がちょっと有名だ。
そう、当時はスコットランド・イングランド・ウエールズ、みんな別々の国。
(いや、今も意識としては別々の国だそうだ。
スコットランド独立運動があるくらいだもの)
メアリはフランス王妃でもあり、
イングランドの王位継承権も持っていたスーパーセレブだが、
最大のライバル、イングランドのエリザベス一世との覇権争いの渦中にあり、
エリザベスの暗殺を企てたとして、首をはねられてしまった。

そのいきさつは、今もくりかえし映画やドラマになっているらしい。
そして、こんなファンタジー作品の題材にもなっている。

『時の旅人』アリソン・アトリー著 岩波少年文庫  

    51CM23KWVVL__SX332_BO1,204,203,200_

主人公ペネロピーは、メアリ女王が幽閉されていたころのイングランドにタイムスリップし、
メアリ救出を目論む領主さまに出会う。
彼女はもちろんメアリ女王の悲劇の結末を知っているが、どうすることもできず・・・。
文中には当時の見事な荘園のようす、活気ある暮らしぶりが美しく再現され、
それも読みどころとなっている。
読了後、耳に残るのは、名曲「グリーンスリーブス」。この時代の流行歌だったようだ。

こんなコミックも。
「女王陛下の憂鬱」 『ドラッヘンの騎士』収 青池保子著・秋田書店

 DSC_1496.jpg
(この本には、三つの物語が収録されており、この表紙の画は「女王陛下の憂鬱」のものではありません)

 メアリ女王の、エリザベス一世暗殺計画にまつわる物語。主人公は、なんと二重スパイ!
メアリは完全に悪者として描かれているが、エリザベスもかなりイジワルそう。
短編だけれど、ここまで作品世界を創るのは、そうとうの知識と技量が必要でしょうね。
青池保子には、裏切られません!

翌日は南下してイングランドへ。


おいおい、眼の老い

  1. 2017/07/09(日) 20:29:06_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自分が映っている映像を見る機会があった。
それは最高におめでたい宴で、笑顔なのだが――
目が、目が、ちゃんと開いていない?! 
セルフイメージよりも、格段に目が細い。まぶたがどよんと重たい。
ああ、なんという邪悪な目つき!
 
実は「眼瞼下垂」が始まっているのだ。
もともと、まぶたの皮が余っている?のか、
10代のころから、まぶたがぐちゃぐちゃにたたまれている状態で、
二重まぶたどころか、四重とか五重になっていた。
それが、年とともに、全体に重たげに下がってきたらしい。
加えて、ここ一年くらい、ドライアイがひどい。
半年くらい前から眼科で処方してもらった薬をつけているのだが、
どうもあまり変化がない。目玉は常にカラッカラ、
貧血気味でもあるので、名実ともに血も涙もないオンナだ。
眼瞼下垂にドライアイでは、
ぱっちり目を開けた状態をキープするのが、えらく辛い。
目つきはまさに極悪非道。

若いころ、世の中や人生を恨んでいる年配の人って、
多いんだな、と思っていた。
すれ違うおじいさんやおばあさんのなかに、
不愉快そうに顔をしかめ、あたりをにらみつけている人が何人もいた。
わたしの母もそうだった。
不機嫌さをあらわにした目つきで、よくだるそうにソファにもたれていたっけ。

不機嫌でも恨んでいるのでもなかったのだ。
だれにでもやってくる眼の老いだった。

若いころにはわからなかったことが、わかってくる。
年を重ねるのも、いいことがる。そう強がっておこう。
 
6月終わりころに八日間のイギリス旅行に行ってきた。
帰ってきたら、なんだか世界が変わっていた。
ぐんにゃり溶けている。梅雨のせいか?
じゃなくて、視界がぼやけているのだ。
片目ずつ開けてみる。あれあれ、右目がかすんでいる。
もともと左右とも軽い近視なのだが、右目だけ度が急激に進んだのか? 
それとも、脳の病気の前兆?
眼科に飛んでいき、あれこれ検査してもらったが、目立つ所見はないという。
しばらく様子見ということで、帰ってきた。
旅行疲れが癒えたら、戻るだろうか。
一縷の望みを抱いてすごす。
あー、目が疲れる。遠くも近くも見えにくい。
遠近両用もシニアグラスも、眼鏡が全部合わないので、
PCもスマホも、テレビも本も新聞もダメだ。
必要最低限のPC作業を、休み休みやるのがやっと。
頭痛はするし、肩は凝る。

数日後、眼科を再診した。やっぱり目立つ所見はないという。
視力が戻ることはないでしょう、といわれた。
あきらめて、その足で新しい眼鏡を作りにいった。
矯正できるんだもの、幸運と思わなくてはね。
眼鏡ができたら、写真を整理してイギリス旅日記を書こう。

友人が、眼にいいというブルーベリーブレンドのハーブティを
送ってくれました。

DSC_1491.jpg

さわやかな甘さです。ハーブティ、大好き。

中国には、眼病を治してくれる眼の女神さまがおわします。
「眼光娘娘」(がんこうにゃんにゃん)さま。
鬼才・諸星大二郎のコミック『諸怪志異』に、
強く優しくイケてる御姿で登場します。

51QGZTN9S2L__SY291_BO1,204,203,200_QL40_

残念ながら表紙には描かれていないので、画像をUPできませんが・・・。
コミック中の画像を拝んでおこうかな。


つばさ賞とそよ風コンクール、どっちを狙います?

  1. 2017/07/02(日) 23:41:34_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
夢のかなうコンクール、募集が始まっています!

日本児童文芸家協会主催「創作コンクール つばさ賞」。
このコンクールは、わたしの古巣でもあります。

自慢は、70余名もの現役作家による選考。
自分の仕事のスケジュールを必死にやりくりし、
読み込んで、悩みに悩んで採点しています。
 
1 詩・童謡部門…幼児から中学生までのいずれかを対象とした a少年詩 b童謡詩。 400字詰原稿用紙2枚以内
2 童話部門……… 幼児から小学校1、2年生までを対象とした創作物語。絵本テキストは不可。
  400字詰原稿用紙換算で15枚以内
3 読み物部門…… a中学年向け(小学校3、4年生)またはb高学年向け(小学校5年生から中学生まで) の
  いずれかを対象とした創作物語・ノンフィクション物語。
 40字×30行で、a中学年向けは17枚以内、b高学年向けは27~50枚  
( 400字詰原稿用紙の場合は、a中学年向けは50枚以内、b高学年向けは80~150枚)
◎賞 文部科学大臣賞=1編 優秀賞・佳作=各部門数編
 ◎入選発表 『児童文芸』2018年8月1日発売号にて、優秀賞・佳作を発表(当協会ホームページにも掲載します)。
 2018年10月1日発売号にて、文部科学大臣賞の発表、および優秀賞作品の全文掲載。
 ◎ 締め切り 2018年1月末日

児童書作家デビューを目指す方、ふるって応募ください。
児童書界に風穴を開ける作品をお待ちしてます!
詳しくはこちらをクリック

来年1月末まで待てない、もっと早く自分の力を知りたい、という方で、
日本児童文芸家協会の研究会員の方は、
「そよ風コンクール」へ挑戦してみては。締め切りは7月末です。
お急ぎくださいね。
研究会員限定、なので、実は応募数はつばさ賞よりもぐっと少なくなります。
入賞のチャンスです!

◇募集内容  400字詰原稿用紙 10枚以内 1人1編まで
◇テーマ   子どもたちが夢を抱き、元気になる『創作物語』
◇応募資格  応募時、一般社団法人 日本児童文芸家協会の研究会員であること
       (正会員、および一般の方はご遠慮下さい)
◇作品    オリジナル未発表のもの
       (同人誌、営利目的でない個人のWeb上の掲載は可。
        ただし応募後は削除のこと)
◇締め切り  2017年7月31日(月)必着
◇選考    育成委員会 編集委員会
◇賞     優秀賞=1編 佳作=数編
◇入選発表
2018年「児童文芸2・3月号」誌上に優秀賞作品全文と講評を掲載
当協会ホーページでも発表(タイトル、氏名のみ)

研究会員でない方は、今すぐ研究会員として入会すれば、
即、応募できますよ。
詳しくはこちらをクリック

ふたつのコンクール、さあ、どっちを狙います?



幸恵さんとメイさんの物語

  1. 2017/06/25(日) 15:46:00_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨年出版していただいたノンフィクション物語二冊、
幸運に歩んでいるようです。

『知里幸恵物語 アイヌの「物語」を命がけで伝えた人』PHP研究所
 【JBBY(一般社団法人日本国際児童図書評議会)が海外へ発信する日本の子どもの本】
ブックリストに掲載していただきました。
 http://www.jbby.org/news/index.html?c=4#236 

無題チリ

『わたしが今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』学研プラス
公益社団法人全国学校図書館協議会選定 第50回夏休みの本(緑陰図書)に
選定していただきました。
  http://www.j-sla.or.jp/recommend/natsuyasumi-50.html

無題

幸恵さん、メイさん、ありがとうございます! 
たくさんの子どもたちが、
あなたがたを身近に感じてくれたら、とってもうれしい!



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR