FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

天災は毎年やってくる

  1. 2019/09/14(土) 16:29:55_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここ数日、ハラハラしっぱなしだ。
正確に言うと、今月9日から。
台風15号により、千葉県内の近しい親戚が停電の憂き目にあったのだ。

数時間で復旧してくれるよな? と願っていたが、
一日たち、二日たち・・・。
電気が通ったのは、昨日の夜だった。
遅い! 遅すぎる。
そしてまだ15万軒近くが復旧していない。

昨日一昨日あたりから、ニュースでも大きく報道されるようになったが、
停電当初は、被害情報は大きく取り上げられていなかったように思う。
首都の隣の県だというのに! 

そしてついに、猛暑のため熱中症で亡くなった方、
真っ暗の病院で体調が悪化し亡くなった患者さんもあらわれた。

もちろん、東京電力の作業員さんたちは、夜を徹して作業されているだろう。
なんせ軒数が多いし、倒木や倒れた電柱が作業を阻んでいるらしい。
でも――遅い。
電気だけじゃない、断水もあるし、家屋の倒壊もある。それらの復旧もたいして進んでいない。
しかたがない、で片づけられない。
千葉県知事は、なにやっているんだろう。
もっと動いてマスコミに被害を訴えたり、
自衛隊や消防など、しかるべきところに出動を頼んだり、できないの?
それができるのは、県の行政のトップだけじゃないの?
それから、総理! 内閣改造の発表を、
復旧のめどが立つまで待つことができなかったのか?

「天災は忘れたころにやってくる」のではなく、
「毎年、どこかにやってくる」日本、
なんだか行政が「災害慣れ」しちゃってないか?

千葉のみなさん、どうか一日も早く日常に戻れますように。
そして、これ以上、悪天がやってきませんように。
作業員さん、お疲れでしょうけれど、がんばってください! 

千葉・銚子の海。
DSCF6193.jpg

スポンサーサイト




関東一円で見つけたオモシロイもの

  1. 2019/09/08(日) 15:25:14_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ちょっとヘンな画像がたまってきたので・・・。

これ、な~~んだ?

DSC_0347.jpg
DSC_0346.jpg

ホワイトチョコ「かいこの王国」。
パッケージのせいでどんよりしちゃってますが、
かなりリアル。
食べるのちょっと勇気いるかも。
卵、幼虫、羽化したものもあります。 群馬県内で。

これな~んだ?

DSC_0115.jpg


オイルサーディンの缶詰め、「ゴルゴサーディン」。
近所のスーパーで。

これな~んだ?
 
     DSC_0332.jpg
          
コメダ珈琲、じゃなくてカメダ珈琲。外観もビミョーに似ている!
カップの、トースト背負ったカメがかわいい。千葉県内で。
 
 DSC_0333.jpg


これな~んだ?

DSC_0336_HORIZON.jpg

お散歩中の牛久大仏さま。

茨城県牛久市で。車で走行中に遭遇しました。
おっきいです、120メートル! 立像としての高さは日本一、世界では3番目。
奈良の大仏が14.9mだから、
その迫力(なんていっちゃいけないね。尊さ?)が知れるでしょう。
散歩中の姿を見かけた人は、寿命が120日延びるそうです。



寝んねの国から

  1. 2019/08/31(土) 12:42:51_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
二人目の孫ちゃん、えいちくんが誕生し、
一歳半でお姉ちゃんとなったえむちゃんが、
数日我が家に滞在した。
パパは仕事があるので自宅へ戻り、ジジババがお世話係に。

育児グッズが、なんと便利になっていることか。
紙オムツは高性能で、モレることもなく、取り替えもラクラク。
お尻ふきもワンタッチのケース入り。
DSC_0328.jpg

赤ちゃん用のノンアルコールのウエットテッシュもある。
食事用エプロンも体にフィットする立体構造だ。

DSC_0327.jpg

感心したのは、一口おにぎり器。

DSC_0326.jpg

幼児が一口二口で食べられるコロコロのおにぎりが四個作れる。
見た目もかわいい。

と、感心しながら使っていたが、今も昔も、育児はたいへん。
思いのほか時間がかかるのが、寝かしつけだ。
絵本を読み、歌を歌い背中をとんとん。なつかしいなあ。

DSC_0274_CENTER.jpg
寝付けなくてギャン泣き。

DSC_0325.jpg
寝付けなくて、ごーろごろ。

                          DSC_0319.jpg
               やっと寝ました。 クレヨンしんちゃんみたいなほっぺ。

わたしが新米ママだったとき、
「眠かったら眠ればいいのに、なんで泣くの~~~?」と
泣き止まず眠らずの長男に、こっちが半泣きとなっていた。
ちょっとした物音で目を覚まして泣かれ、
たっぷり眠って目覚めた朝でもやっぱり泣かれていた。
おなかがすいたり、かまってほしくて泣くのは納得できたけれど、
眠いときと目覚めたときに、こんなにガオガオ泣くものだったの!
まったくトンチキな母でした。

赤ちゃんは、ほの暗い「寝んねの国」からやってくる。
こちらの、重力と光のある世界ではまだ新参者。
だから、寝んねの国との出入りには、
苦しさや痛みが伴うのかしら。
それとも、「門」やら「柵」を越えて行き来するのが不安なのかしら。
そんなことを考えていたっけ。

赤ちゃんの「寝んねの国」には、どんな音が聞こえどんな景色が見えるのだろう。
宇宙のような温かな海、またたく星とヒトデ。
遠く響く、クジラの歌……そんな世界かもしれない。
大人はもう戻れないこの小宇宙、
えむちゃんやえいちくんに話が聞けたらいいのになあ。



君の旅立ちに

  1. 2019/08/25(日) 14:25:17_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
やあ、初めまして。
君のおばあちゃんだよ。待ってたよ。

DSC_0255.jpg

お姉ちゃんのえむちゃんが、たった一年半前に通った道を、
これから君も歩んでいくんだね。
でも、君は君。
おねえちゃんと違うところも、きっといっぱいあるだろうな。

どんなふうに、ママを困らせるのかな?
どんなふうに、パパを大笑いさせるのかな?

君に望むことはなんだろう。
優しい、いい子?
丈夫で長生き?
立派な大人になること?

――違うなあ。
ばーちゃんが、君とお姉ちゃんに望むことは、
君たちは君たちの道を、楽しんで楽しんで生きることだ。

生きていくうちには、
辛い日々悲しい時も、もちろんたくさんたくさんあるだろう。
それでも、たとえ一日に一瞬でもいい、
楽しい時を積み上げて、
楽しい一日を重ねて、
楽しい人生を生きてほしい。
「楽しい」をキャッチするアンテナを、錆びつかせないでほしい。

わたしたちジジババは、楽しくてたまらない。
君たちが同じ世界に生きているだけで。

miteneC58D59F9-9766-4114-B70.jpg



野菜もりもり

  1. 2019/08/18(日) 13:38:48_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
野菜をいろいろいただいた。

たくさんのじゃがいもは、
シンプルにジャガバター明太子や、
定番のポテトサラダやカレーの具にした。
肉じゃがも作りたいが、夏向きのおかずじゃないなあ~。
ふと思い出したのが、カレー味の肉じゃが。
かれこれ20年も前か、居酒屋で食べたことがある。
(おいしいものについては記憶力を発揮するのだよ)
やってみよう。
普通の肉じゃがの作り方で、お肉は鶏肉に。
調味料は、酒の代わりに白ワイン、
甘くしたくないので砂糖は入れずにみりんのみをちょっとだけ。
塩と控えめの醤油で薄く味付けし、
最後に、辛味がしっかりしていてとろみのつかない
インドカレーのペーストを入れる。
さらに、香り用のカレーパウダーを振り入れた。
煮詰めると、やさしいカレー風味に。

DSC_0239.jpg

いけるいける。
ヘタしたら、カレーの鍋から野菜だけ取り出したみたいになっちゃうけれど、
いい具合に夏の「肉じゃが」となった。

友人の庭で採れた茗荷とバジルもいただいた。
バジルは、ジェノベーゼソースに。

DSC_0237.jpg

本来は松の実を入れるらしいが、クルミで代用し、
オリーブオイル、にんにく、塩と共にミキサーにかけた。
(フードプロセッサのほうが簡単にペースト状になるけれど、しかたがない)

豚フィレ肉の白ワイン蒸しにたっぷりかけたら、あら、おしゃれ。
(食べかけてからあわてて写真を撮ったせいもあり、
まずそう・・・でもおいしかったんだからね!)

DSC_0243.jpg

茗荷は、「茗荷チャンプルー」に。

 DSC_0241.jpg

ゴーヤーのかわりに茗荷を使ったオリジナル料理、と自慢していたら、
とっくにクックパッドに出ていたとは。
チャンプルーは、一気に短時間で作れるから夏にいいね。

野菜もりもり食べて、秋まで生き延びよう! 
秋になったら秋野菜もりもり食べるけどね。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR